質問内容が凄い! 冬休み子ども科学電話相談の深い質問と回答まとめ

動物や植物のほか宇宙や体に起こることなど、子供の素朴な疑問に対して専門家が答えるNHKのラジオ番組に「子ども科学電話相談」というものがあります。ここでは冬休み子ども科学電話相談で繰り広げられた質問と専門家たちによる大人の回答をご紹介していきます。あなたのお子さんも分からない疑問があればぜひ質問してみてください。

冬休み子ども科学電話相談のジャンル別まとめ

1984年に放送が始まった同番組。「なぜロボットは誤作動するのですか?」や「人は死んだらどこに行くの?」など大人になっても不思議に思う質問に専門家が答えてくれます。子供の純粋な知的好奇心を育てたいという意図が番組にあり、子供と専門家の真剣なやり取りは、子供だけでなく大人らからも人気を博しています。

さっそく、子供たちがどんな質問をしているのか、また専門家の方達の秀逸な回答も見てみましょう。

生態系や宇宙についての質問

Q「太陽は、月よりも小さいんですか?」

子供「絵本を見たら、太陽は月より小さいとも大きいとも書いてあって分かんなくなっちゃった」
先生「太陽は月よりずっと大きい。それは地球から見たとき、月より太陽の方がずっと遠くにあるせいで、偶然月と太陽が同じくらいに見えるから。戸惑う気持ちは分かります、日食は?」
アナウンサー「みかちゃん、日食分かる?」
子供「知らなーい」
先生「太陽は地球の100倍以上。月は地球より小さいので、太陽はもっともっと大きいです」
司会「たまたま大きく見えてるんです。大丈夫ですか〜?」
みか「大丈夫でぇーす!」

Q「コウモリはどうやって超音波を出すんですか?」

子供「暗闇の中を飛べるのは超音波があるからって知ったから」
先生「よく知ってるねぇ。これほんとふしぎでしょうがないんだけど。おじさんコウモリたくさんいるとこ行ったことあるんだけど、森の中でね。ヒュンヒュン飛んでくるんだけどぶつからないんだよ! 超音波聞いたことあるんか?」
子供「はい」
先生「あ、あるんか!? コウモリの超音波って声なんだよ声。だからかずほくんがアーって出す声とおんなじなんだよ」

Q「なんで歩いていても走っていても月は横に見えるんですか?」

先生「月がどうしてついてくるのってことですよね。ぼくも小さいころ不思議に思ってました。これは一言でいうと月がとても遠くにあるからです。月がすごーい遠くにあるから。ちょっと動いてもあんまり変わらない」
子供「分かります!」
先生「車に乗ってたんだよね?」
子供「うん!」
先生「今度車に乗ったときによーく見てみてね」
子供「はーい!」

普段、なんとなく見ている月や動物園の生き物たちも子供の視点で見てみるとおもしろいですよね。専門家の方達の回答は大人が聞いても勉強になります。

心や体についての質問

Q「肉は柔らかいのに骨は硬いの、なんでですか?」

先生「よし、逆に考えてみよう。ホネも柔らかかったらどうなるかな?」
子供「食べれる」
先生「そうだね!そう!質問の仕方が悪かった!ごめん!!!」

Q「人は死んだらどこへ行くのか」

先生「自分とは何か。顔も体も変わる。変わるものは君そのものではない。心も変わる。君はどこにいるのか。それを観察している自分はどこにいるのか。どこにもいない。じゃあ何が死ぬのか。誰も死なない。どこにもいかない」

Q「なぜカッコいい男の人を見ると、ドキドキしてしまうのですか?えっと、テレビの。」

先生「テレビでかっこいい人を見るとどきどきしちゃうんだ?」
子供「はい」
先生「学校だとなかなかどきどきしないんだ?」
子供「はい、そうです」
先生「ドキドキしているときに脳の中に何が起こってるか大学生集めてドキドキしてる人集まってくださいっていって彼女の写真とかを見せると、ドーパミンでる根っこがあってそこが活性化するんですよ。自分にとってカッコいい人を見るとドキドキにつながっていく。ほおが赤くなったり、目がうるんだり、軽く発汗したり。いわゆる恋愛症候群という。まあ、味のない答えですけども」
子供「ドキドキするのは普通のことなんだってちょっと安心した。」
先生「そうよ〜安心していいのよぉ〜」

毎回、どんな質問が分からない状況で、子供が納得するまでていねいに説明する先生たちの姿はおもしろくもあり、学びになりますね。

生物やロボットについての質問

Q「テリジノサウルスとオヴィラプトルが近縁種なのはどうして?」

先生「近縁種ってなにか分かる?」
子供「見た目に関係なく特徴が似てて種類が確実に同じ」
先生「それが正解です」

Q「人間とチンパンジーの遺伝子は99%同じなのにどうして違う形なのですか?」

先生「おじさんとえいすけくんはチンパンジーより近くて99.999%くらいの違いかもしれないけど、すごく違うでしょう?1%ってかなり違うんじゃないかな」

Q「なぜトビウオは飛ぶの?」

先生「それには悲し~い理由がある。トビウオは、マグロに食べられないように仕方なく飛んでいます。水面からの距離は10m、飛行距離は400m、飛行時間は45秒なんです」

Q「世界中の人がロボットと一緒に暮らすことができるのはいつごろですか??」

子供「一緒に遊んでくれたりお料理をしてくれたり、みんなが楽に生活できるようなロボットのことです」
先生「いつなのかは言えません。5年後くらいを目指しています。あと、人々の心の準備に時間がかかります」

大人でも分からないことを素直に聞ける子供の姿勢は見習うべきことかもしれませんね。

子ども科学電話相談をするには?

これまでのやり取りをみて、子供にも相談させてあげたいと思った方のために、相談方法をご紹介します。
夏休みや冬休みなど長期休みの期間に放送され、メールは放送期間中破24時間受け付けていますが、電話は放送の30分前から放送終了の30分前までとなっています。

電話番号は「03-3485-8888」
メールはリンク先にある質問フォームにてご連絡ください。

お子さんの疑問を解消させてみよう!

さまざまな疑問とそれに対する専門家の方達の答えは勉強になることが多いでしょう。子供へのていねいな伝え方はもちろん、子供たちの知的好奇心を損なわない大人の姿勢が番組の人気のポイントではないでしょうか。

こちらをご覧になられた親御さんもぜひ、お子さんの相談を先生たちに答えてもらってみてはいかがでしょうか。

参考
NHK|冬休み子ども科学電話相談 |NHKオンライン
先生と語ろう! 子ども科学電話相談 特別編|NHKオンライン
「#冬休み子ども科学電話相談」が秀逸!先生たちの粋な回答にホレる|クレイジー
【冬休み子ども科学電話相談 171229】「人は死んだらどこに行くの?」科学、宗教、心理学それぞれの立場から先生が答えます|Togetterまとめ
【恐竜博士VS鳥博士】12月28日・冬休み子ども科学電話相談まとめ【ウルトラマンに会いに行くには】|ついラン
『冬休み子ども科学電話相談』の先生と子供のやりとりが面白すぎる!|プリプラ
【冬休み子ども科学電話相談 171227】「なぜテリジノサウルスとオビラプトルは近縁種なの?」恐竜ガチ勢がダイナソー小林に次々と挑む!|Togetterまとめ
冬休みも凄かった!『子ども科学電話相談』の名回答まとめ!|NAVERまとめ
【冬休み子ども科学電話相談 171225】「なぜロボットは誤作動するんですか?」先生「プログラムを書き間違えたから!」に泣くTL|Togetterまとめ

この記事をかいた人

cocoiro編集部

cocoiro編集部