【人の役に立ちたい】ソーシャルワーカーになるには?資格や仕事内容

みなさんは「ソーシャルワーカー」という職業を聞いたことがありますか?「ソーシャルワーカー」とは、医療現場や学校、地域社会において、人々が抱える問題や不安に寄り添いながら解決したり、アドバイスをしたりする仕事です。

「人の役に立つ仕事をしたい」「困っている人を助けられる仕事がしたい」などと思っている人にとって、ソーシャルワーカーは将来の選択肢の1つになるでしょう。今回は、ソーシャルワーカーに興味を持った人のために、ソーシャルワーカーの仕事内容やソーシャルワーカーになるために必要な資格、進路などをご紹介していきます。

ソーシャルワーカーとは?

ソーシャルワーカーとは、一言で言うと困っている人の相談に乗り、相談者の抱える問題や不安を解決できるようにサポートする仕事のことです。

学校や医療現場、地域社会など、社会生活におけるさまざまな問題を抱えている人たちの相談を受け、解決のために福祉サービス関係者や医療関係者などとも連携しながら、相談者の状況に適したサービスの仲介やアドバイスを行います。

一般的にはソーシャルワーカーと呼ばれ、幅広い分野で活躍していますが、福祉施設や行政機関の相談窓口では「生活相談員」「生活支援員」、医療現場で患者をサポートする「医療ソーシャルワーカー」、学校で児童や保護者をサポートする「スクールソーシャルワーカー」など、ソーシャルワーカーが活躍する現場や求められる役割によって、細かく名前をつけられ、区別されることもあります。

ソーシャルワーカーの仕事内容

ソーシャルワーカーと言っても選択する職場によって役割が異なり、一概に仕事内容が同じとは言えません。そのため、ここではソーシャルワーカーの主な仕事2つを取り上げて紹介していきます。

医療ソーシャルワーカー

医療ソーシャルワーカーは、医療現場において、入院患者やその家族が直面するさまざまな問題解決や社会復帰に向けた援助やアドバイスを行います。

例えば、保健や治療費の減免制度活用の援助、患者とその家族の人間関係の調整、受診・受療を促進するための心理的・社会的援助、退院後の福祉施設の選定や在宅ケアサービスの調整などを行います。医療機関で治療を受けている間だけではなく、その後にしっかりと社会復帰ができるよう、本人や家族の生活環境や心理面も考慮しながら、最適な方法を模索していきます。

スクールソーシャルワーカー

スクールソーシャルワーカーは、学校をはじめとした子供を取り巻く環境に働きかけ、学校での困りごとを抱える子供やその家族のサポートを行います。

ニュースで問題として取り上げられることの多いいじめや不登校をはじめ、子供たちが学校で抱える悩みや困りごとに対し、どのように対応すべきなのかを子供たちだけではなく学校や親御さんとともに考えていきます。例えば、親が忙しく働き、子供が学校でトラブルになっても昼間に学校に相談に来られなかったり、子供のケアが十分にできないこともあります。いじめをしている子どもが、実は家庭で問題を抱えて悩んでいることもあり得るでしょう。そういった、子供が関わる友人関係や家庭などを含めたさまざまな方面へのアプローチをしながら、子供を支える存在となっていきます。

ソーシャルワーカーの働く場所

前述の通り、ソーシャルワーカーはさまざまな分野で活躍していますが、一般的にソーシャルワーカーは以下のような施設で働いています。

  • 特別養護老人ホーム
  • 介護老人保健施設
  • 介護療養型医療施設
  • 高齢者福祉施設
  • ケアハウス
  • グループホーム
  • 短期入所型施設
  • 知的障害者福祉施設や身体障害者福祉施設
  • 児童相談所
  • 母子支援施設
  • 病院、保健所などの医療機関
  • 学校

「人の役に立ちたい」とソーシャルワーカーを目指す人も多いですが、施設によって相談者の年齢やおかれる環境も多種多様です。どのような人たちの助けになりたいのか、どのような環境で働きたいのか、実際に働く施設での仕事を調べることで、よりソーシャルワーカーとして目指したい姿が見えてくるのではないでしょうか。

ソーシャルワーカーになるために必要な資格は?

ソーシャルワーカーの仕事内容について紹介しましたが、ソーシャルワーカーとして働くためにはどのような資格や条件が求められるのでしょうか。

ソーシャルワーカーになるための資格はない

結論から言うと、ソーシャルワーカーとして相談者の相談を受けたり、アドバイスやサポートをするために、資格は必要とされません。

ただし、ソーシャルワーカーと並んで取り上げられることの多い「社会福祉士」としてソーシャルワークに従事する場合には、「社会福祉士国家試験」に合格し、資格を得る必要があります。社会福祉士の資格は、福祉や医療に関する相談援助に必要な専門知識・スキルがあることを証明することができる専門的な国家資格です。ソーシャルワーカーとして働く上で求められる知識や技能を専門的に保持していることを客観的に証明するものですから、医療現場や行政機関でより専門的にソーシャルワークに従事する際には資格を得ていることが就職に有利になる場合もあります。

社会福祉士の資格はどうやって取得するの?

ソーシャルワーカーとして働く際にもしばしば求められる社会福祉士の資格ですが、福祉や医療に関する相談援助に必要な専門知識・スキルがあることを証明する専門的な国家資格です。社会福祉士の資格試験を受けるためには、以下のいずれかの条件を満たしている必要があります。

  • 4年制の福祉系大学で指定科目を履修し卒業する
  • 福祉系短大で指定科目を履修し卒業後、3年制短大の場合は1年、2年制短大の場合は2年の実務経験を積む
  • 一般の4年制大学を卒業後、一般養成施設で1年以上学ぶ
  • 一般の短大を卒業後、3年制短大の場合は1年、2年制短大の場合は2年の実務経験を積んでから、一般養成施設で1年以上学ぶ
  • 特に大学を卒業することなく実務経験を4年積み、一般養成施設で1年以上学ぶ

(引用元:ソーシャルワーカーの仕事内容と年収 なるための方法や勤務体系 | マナラボ

また、受験資格を得るためのより具体的な進路としては、以下の方法が考えられます。

    福祉系の大学・短期大学を経て受験資格を得る条件

  • 福祉系の大学(4年)+指定科目履修
  • 福祉系の短期大学(3年)+指定科目履修+相談援助実務(1年以上)
  • 福祉系の短期大学(2年)+指定科目履修+相談援助実務(2年以上)
  • 福祉系の大学(4年)+基礎科目履修+短期養成施設等
  • 福祉系の短期大学(3年)+基礎科目履修+相談援助実務(1年以上)+短期養成施設等
  • 福祉系の短期大学(2年)+基礎科目履修+相談援助実務(2年以上)+短期養成施設等
    福祉系以外の大学・短期大学を経て受験資格を得る条件

  • 福祉系以外の大学(4年)+一般養成施設等
  • 福祉系以外の短期大学(3年)+相談援助実務(1年以上)+一般養成施設等
  • 福祉系以外の短期大学(2年)+相談援助実務(2年以上)+一般養成施設等
    それ以外の方法で受験資格を得る条件

  • 社会福祉主事養成機関(2年以上)+相談援助実務(2年以上)+短期養成施設等
  • 児童福祉士司/身体障害者福祉司/審査指導員/知的障害者福祉司/老人福祉指導主事の実務経験4年+短期養成施設等
  • 相談援助実務4年+一般養成施設等

社会福祉士を目指すための通信制の学習課程を提供している大学や短期大学、専門学校などもあり、一度福祉系以外の進路を選択し、現在働いている人でも、時間や場所に縛られず学びなおす環境が整っています。

おわりに

ソーシャルワーカーの仕事内容やソーシャルワーカーになるための方法について、ご理解いただけましたでしょうか。

単にソーシャルワーカーといっても、働く現場や相談者によって求められる役割やできることが異なってきます。社会福祉士の資格を取得してソーシャルワーカーを目指す場合にも、座学だけで学ぶことにとらわれず、実際の福祉や医療現場の見学やボランティアに参加したり、さまざま人との関わりを持ち多くの価値観に触れたり、将来に向けてできることは多くあるでしょう。

もしお子さんがソーシャルワーカーに興味を持ったら、単に学校に行かせてあげるだけではなく、可能な限りさまざまな体験ができるようサポートしてくださいね。

参考
社会福祉士国家試験|公益財団法人社会福祉振興・試験センター
社会福祉士・介護福祉士等|厚生労働省
医療ソーシャルワーカー|スタディサプリ進路
医療ソーシャルワーカーになるには | 大学・学部・資格情報 | Benesse マナビジョン
スクールソーシャルワーカーって?─暮らしの中での困りごとを抱えている生徒と家族を支えるための専門職─ – 子ども情報ステーションby ぷるすあるは

この記事をかいた人

mio_yamamoto