【人の役に立ちたい】ソーシャルワーカーになるには?資格や仕事内容

みなさんは「ソーシャルワーカー」という職業を聞いたことがありますか?「ソーシャルワーカー」とは、医療現場や学校、地域社会において、人々が抱える問題や不安に寄り添いながら解決したり、アドバイスをしたりする仕事です。

「人の役に立つ仕事をしたい」「困っている人を助けられる仕事がしたい」などと思っている人にとって、ソーシャルワーカーは将来の選択肢の1つになるでしょう。今回は、ソーシャルワーカーに興味を持った人のために、ソーシャルワーカーの仕事内容やソーシャルワーカーになるために必要な資格、進路などをご紹介していきます。

ソーシャルワーカーとは?

ソーシャルワーカーとは、一言で言うと困っている人の相談に乗り、相談者の抱える問題や不安を解決できるようにサポートする仕事のことです。

学校や医療現場、地域社会など、社会生活におけるさまざまな問題を抱えている人たちの相談を受け、解決のために福祉サービス関係者や医療関係者などとも連携しながら、相談者の状況に適したサービスの仲介やアドバイスを行います。

一般的にはソーシャルワーカーと呼ばれ、幅広い分野で活躍していますが、福祉施設や行政機関の相談窓口では「生活相談員」「生活支援員」、医療現場で患者をサポートする「医療ソーシャルワーカー」、学校で児童や保護者をサポートする「スクールソーシャルワーカー」など、ソーシャルワーカーが活躍する現場や求められる役割によって、細かく名前をつけられ、区別されることもあります。

1 2 3