薬学部の志望理由は大学に合わせて書く!チェックポイントまとめ

薬学部の志望理由は大学にあわせて書く! チェックポイントまとめ

推薦入試・AO入試などでは、志望理由書や面接で、自分の言葉で「どうして薬学部に入りたいのか」を説明する機会があります。考えていることを言葉にするためには、事前の準備が欠かせません。説得力のある志望理由にするために、子供の「なぜ」「どうして」「どのように」を一緒に深掘りしてみましょう。

薬学に興味を持った理由をまとめよう

子供が最初に薬学に興味を持ったきっかけはどのようなものだったでしょうか。自分自身が考えたこと、経験した身近なことから出発すると、志望理由に具体性や説得力が増します。

薬学を学んでどんな人物になりたいのか

薬学部に進学したいのは、どんな理由からでしょうか。「薬剤師になりたい」「新薬を開発したい」など、子供は将来の夢を持っているはず。どうしてそういった夢を持つようになったのでしょうか。きっかけとなる出来事もあったのではないでしょうか。「持病があって薬に助けられた」など実体験がある子供もいるかもしれません。

幼少期に持病のため薬を毎日欠かさず飲まなければならない生活を強いられ、薬とは切っても切れない関係になりました。ほとんど症状が出なくなった時期と自らの進路を考える時期が偶然にも同時期であり、この際にこれまで薬に救われてきた経験から将来は逆に薬によって救う立場になりたいという想いを抱き薬学部へ、そして生命科学院生命医薬科学コースを選択しました。

T.S君 (博士2年)

(引用元:キャンパスライフ|北海道大学 薬学部・大学院薬学研究院

どんな分野にでも言えることですが、学問は学んで終わりではありません。学んだことをどのように生かせる大人になれるか、なりたいのかを深掘りしてみましょう。

卒業後の進路希望は?実際の選択肢は?

将来について考えると、自ずと大学卒業後の進路についても検討する必要が出てきます。 国家試験を受けて、薬剤師になりたいのか? 大学に残って研究したいのか? 医薬品メーカーなどに就職して創薬に携わりたいのか?

受験生の段階で、卒業後の進路まではっきりと決めるのは難しいもの。しかし、どのような可能性があり、そのためには大学選びや在学中の勉強で何をしなくてはならないのか、事前に調べてみましょう。

新薬の治験を専門的に行う会社のスタッフや、医師に薬のレクチャーを行う医薬品メーカーのMRなど、薬学の知識を生かせる職業はたくさんあります。第1志望は薬剤師かもしれませんが、例えば、ほかの仕事についたら、どんなことができそうか、ということを想像してみると、子供が1番興味関心を持っている分野がはっきりと分かるかもしれません。

「どうしてこの大学に行きたいのか」を書こう

どうして薬学を学びたいのか、薬学を学んだ後はどうしたいのかをある程度言葉にできるようになったら、次にどうしてその志望大学を選んだのかについて考えてみましょう。

志望大学で特に力を入れている分野は?

志望大学を選んだ理由はどのようなものでしょうか。1番の理由は子供の成績や偏差値かもしれません。しかし、大学にはそれぞれ特色があり、特定の分野の教育・研究に力を入れています。各大学の特色はホームページで発信されているので調べてみましょう。

「この教育プログラムに惹かれました」「この研究室に入って、◯◯分野の研究をしてみたいです」など、大学について魅力を感じている部分や挑戦してみたいことを具体的に説明できると良いでしょう。

横浜薬科大学では、漢方の教育に力を入れています。処方薬としても、OTCとしても注目を集めている漢方をしっかりと学べるという理由で志望する学生も多いそうです。

高校のころ、漢方薬学に興味を持ち始め、日本で唯一「漢方薬学科」があり、教授や講義内容が充実していることから横浜薬科大学を志望しました。

小川 莉奈さん 漢方薬学科(5年生)

(引用元:在学生紹介 | 横浜薬科大学 薬学部

このように、実は志望大学が国内でも珍しい講義を開設している可能性もあります。しっかりとチェックしてみましょう。

教員の人数は重要!専門分野は?

薬学部の志望理由は大学にあわせて書く! チェックポイントまとめ

薬剤師を目指している場合は、最終的に国家試験を受ける必要があります。目標に向かって6年間相当な勉強量をこなしていかなくてはいけない薬学部では、教員のサポートは重要です。学生数に対して、どのくらいの教員がいるのか、勉強のサポート体制は整っているか、などは事前に調べておくと良いでしょう。そして、それを志望理由に盛り込むことも重要です。

私がこの横浜薬科大学に進学を決めた理由は、なんといっても教員数が多いということです。教員数が多ければそれだけサポート体制も充実しているのではないかと期待して来ました。実際大学に通ってみて、私の想像通りの素晴らしい大学だと実感しています。とても有意義なキャンパスライフを送れており、毎日が凄く楽しいです。

川本 萌恵子さん 漢方薬学科(5年生)

(引用元:在学生紹介 | 横浜薬科大学 薬学部

また、希望する分野を専門にしている教員がいるか、いるとしたら何人くらいの学生を指導しているかもチェックしておきましょう。もし希望する分野の指導が受けやすそうなら、志望理由の1つとして記述することができます。

志望大学、国家資格の合格率は?

志望大学卒業生の薬剤師試験合格率もチェックしておきましょう。少子化や、国内の薬学部全体で見たときの定員増加の影響を受けて、学力の低い学生が集まってしまっている大学もあるようです。志望大学卒業生の合格率が極端に低い場合、子供も国家試験で苦戦するかもしれません。

最近の国家試験は、暗記問題だけでなく「どうしてそのように考えるのか」という、思考力・説明能力を問われる問題も増えてきているそうです。現場でも、薬に対する正しい知識だけでなく、患者や医師とのコミュニケーション能力が求められています。志望大学が、ただ知識を教えるだけでなく、実務に役立つ教育を行っていると、国家試験も有利に進められるかもしれません。

「入学者全員の薬剤師合格」や、「就職内定率100%」などを具体的に目標に掲げている大学もあります。そういった大学に、「教育体制が魅力で志望した」という志望理由を提出すると、子供の本気度がアピールできそうです。

調べたことを具体的に盛り込んで書こう

  • 薬学に興味を持ったきっかけ
  • 薬学を学んでどんな人物になりたいのか
  • どうしてこの大学に行きたいのか
  • 卒業後の進路について

上記のような、志望理由書を書く上で重要なチェックポイントについて見てきました。調べたことは、具体的なエピソードとして志望理由書に盛り込んでいきましょう。オリジナルなエピソードが多いほど、子供が考えていることを自分の言葉で説明しやすくなります。

まとめ

親も子供と二人三脚が必要な大学入試。特に提出書類がちゃんと書けているかどうかは、親から見るととても気になります。ダメ出しをたくさんしたくなるかもしれませんが、子供のやる気を削いでしまっては元も子もありません。

「どうして薬学部に入りたいのか」「卒業したらどんな大人になりたいのか」など、子供自身がきちんと言語化したことがないかもしれないポイントを一緒に考えてサポートしてあげてください。

参考
薬学部の志望理由を考える|進路のミカタニュース
東邦大学 薬学部:各大学の取り組みをレポート|薬学部へ行こう!
Fラン歯・薬学部バカ高学費でも食えない|プレジデントオンライン
薬剤師国家試験はなぜ「難化した」と言われるのか|医療維新|m3.com
インタビュー:薬学部から入社 | CROの仕事|一般社団法人 日本CRO協会
薬剤師からのキャリアチェンジ~企業で働く~|薬キャリPlus+

この記事をかいた人

akahoshitomoka

piggiesagogoクロシェター・ライター。 オリジナルの編み物作品の作り方を販売しながらライターもしています。守備範囲はハンドメイドから不動産まで。三浦半島が好きです。