リトミックの効果とは?ねらいや意味・教材などまとめて解説

最近、リトミックという言葉をよく聞くようになった人も多いでしょう今回は、そんな新しい学習方法である「リトミック」についてご紹介します。

リトミックとは?

リトミックとは、音楽教育家のエミール・ジャック・ダルクローズが開発した音楽教育の方法です。リトミックが開発される前まで、音楽教育は音符の読み書きや楽器の弾き方など技術的な練習方法だったため、幼児に教えるには不向きでした。しかし、リトミックは幼児が音楽に合わせて手遊びや体操、楽器を鳴らしながら体でリズムを覚えることができます。

日本では、明治時代からリトミックを取り入れられてきましたが、本格的に教育に取り入れられるようになったのが板野平氏が戦後にニューヨークで学び、音楽国立大学の専門課程において教鞭を取ったことで広まりました。リトミックの教育方法は音楽の音符を組み合わせて考えて学ぶのではなく、音楽を聞いたり表現することで感じられるのが特徴です。

リトミックで得られる3つの効果

さまざまな教育方法がある中でも、リトミックは音楽を感じ取る教育方法であるため幼児でも簡単に楽しく学ぶことができます。ここでは、リトミックで得られる効果とその理由についてご紹介します。

1. 協調性・社会性など人との意思疎通能力が向上する

リトミックは、友達や親、先生などと一緒に取り組むことでコミュニケーション能力が養うことができます。また、人それぞれ感じ方や捉え方が違うので同じ音楽でも違う踊りをすることがあります。そのギャップから「あの人はすごい」、「こんな踊りをするんだ」などと尊敬する気持ちやチャレンジする心を持つことができます。友達と動きを合わせながら、集団行動の重要性についても学ぶことができます。

2. リズム感や即時反応など身体能力が向上する

リトミックには音楽を通じて運動能力を向上させる効果があります。例えば、水泳や陸上ではリズム感が必要とされています。このリズム感はリトミックによって養うことができるため、スポーツをさせたいお子さんがいた場合は効果的です。また、音楽に合わせて体を動かし、表現させることで基礎体力の向上やリズムに合わせて踊る表現力も身につけることができます。

3. 内側と外側、両方の集中力が鍛えられる

集中力の中には、内的集中力と外的集中力があります。それぞれ生きていくうえで必要なものですが、一朝一夕で発達させることは難しいものです。しかし、リトミックを実践することで両方とも鍛えることができます。ここでは、内的集中力と外的集中力とは何か、そしてどのように活かされているかご紹介します。

内的集中力とは

内的集中力とは自分の頭の中で考えていることで、気持ち、考え、イメージ、筋肉、呼吸など日常生活で無意識に取る行動につながるものです。例えば、物事をイメージすることや順番を考えたりするなどが内的集中力にあたります。リトミックは聴くだけでその音楽がどんなイメージであるか考えることで鍛えることができます。

外的集中力とは

外的集中力とはその名のとおり、外側に集中させることです。視覚・聴覚・触覚・味覚・臭覚の五感が外的集中力に当たります。リトミックで感じ取る力が強くなることでお子さんの成長過程を短くすることができます。

年齢別におすすめのリトミック

音楽で感じるリトミックですが、必要に応じてリトミックの方法が異なってきます。それは伸ばしたい能力やお子さんが好きな音楽によって変わってきます。ここでは、年齢に応じて家でできる、おすすめのリトミック方法についてご紹介します。

1歳児におすすめのおうちでリトミック

1歳児はまだ、音楽を聴いて楽しむことしかできないいため学べることに制限があります。そこで、おすすめなのが音楽を高低を聞き分ける力を身につけることです。

時間をかけることで自然と覚えることはできますが、早めのうちに覚えさせると学習能力が上がり、同世代のお子さんとも差別化を図ることができるでしょう。そのやり方として、スティック棒を両手に持たせて、高い音が聞こえたら高い位置でスティック棒を鳴らし、低い音が聞こえたら低い位置でスティック棒を鳴らします。最初は大人の人がお手本としてお子さんがマネできるように教えてください。

慣れてきたら音符の長さによってタイミングを変化させることでリズム感も身につけることができます。

2歳児におすすめのおうちでリトミック

個人差はありますが、2歳児になると音楽の強弱が理解できるようになってきます。そこで、音楽の強弱や速さの違い感じ取るリトミックをご紹介します。親子で遊ぶことをおすすめします。

まずは、スカーフを用意して音楽に合わせてスカーフを揺らしたり回したりします。最初の数回は大人がお手本を見せると、お子さんの成長が早くなるでしょう。ゆっくりなテンポの時はゆっくり動かし音が強くなれば小刻みに動かすなど表現豊かに動かしてください。

3歳児におすすめのおうちでリトミック

3歳児になると喜怒哀楽が豊かになり、自分の意見を主張できるお子さんも増えていきます。そんな3歳児にリズム感を養いつつ3拍子のリズムを覚えさせていきます。一般的に口で説明してもなかなか理解できるお子さんはいませんが、リトミックを取り入れることで楽しみながら覚えることができます。

まず、ボールを持って3拍子の音楽に合わせてボールをついていきます。このときの音楽は明るい音楽にするとよりお子さんが楽しむことができるでしょう。また、ボールをつくことが難しいお子さんに対しては座ったり、ボールではなく風船を使うなど工夫して楽しみましょう。

お家で簡単!リトミック

最近では、リトミックを手軽に取り入れやすくするためにリトミック専用のDVDや教材が発売されております。このDVDでリトミックをすればお子さんも喜ばれるでしょう。ここでは、リトミック専用の教材についてご紹介します。

それいけ!アンパンマン げんき100ばい! リトミックあそび

このリトミックはお子さんに人気のアンパンマンたちが教えてくれます。お子さんの気持ちとしては「アンパンマンたちと一緒に遊んでいる」という気持ちになり、楽しむことができます。曲のリストとして「動物のまねっこ」や「足ジャンケン」などのリズム遊びを取り入れつつも日常で必要な動作を学ぶことができます。

そのまま使えるCD付き! 子どもがときめく名曲&人気曲でリトミック

音楽でリズム感覚や表現力が身につきますが、そもそもお子さんが興味がなかった場合、学ばせることは困難なものです。それは、音楽が古く過ぎて分からなかったり、何度も聞いていて飽きてしまったのが理由となるかもしれません。

このリトミックの楽譜には、一般的に知られている曲や比較的新しい曲などが掲載されています。特徴として基本リズム、音の速遅・高低・強弱、リズム・フレーズ・パターンなど学ばせたい項目ごとに振り分けることができるため効率よく成長させることができます。また、曲の内容も一般的に知られている曲が多く、大人の方と一緒に遊ぶことができるのでより子供も楽しむことができます。

つのだりょうこの「親子でたのしくリトミック」

つのだりょうこさんの「親子でたのしくリトミック」は2歳から4歳までが対象としたリトミックです。NHK「おかあさんといっしょ」に出演していたつのだりょうこさんが、お子様向けに教えてくれます。親子でリトミックを楽しみながら遊びたい方にはおすすめです。

教室に通って習うなら?

やはり、お金をかけてプロの方からリトミック教室を通じて学ぶこともお子さんのためではないでしょうか? 教室によってカリキュラムや重要視しているポイントや体験レッスンや卒業後にレッスンを受けることができるかなど、さまざまな違いがあります。ここでは、特徴のある3つのリトミック教室のメリットについてご紹介します。

ピアノ教室のリトミックコース

ピアノ教室のリトミックコースから学ぶことでDVDでは再現することができない生の音を体験することができます。定期的に生の音楽に触れることで、音楽がより好きになる可能性が高まります。また、音楽の基礎的なことを体や感覚で学ぶことができるため、音感やリズム感を覚えるのが早い傾向にあります。お子さんに音楽を重視して学ばせたい方にはおすすめです。

年齢に合わせたリトミック教室

お子さんの発達具合によってリトミックコースを選ぶこともおすすめです。もし、リトミックコースのカリキュラムでお子さんができなかった場合、音楽を通じて学ぶことができずに音楽が嫌いになるかもしれません。そこで、お子さんにあったリトミックコースを選んでいただくことで効率よく学ぶことができます。これは、家でリトミックのDVDを聞き流しにしたとしてもできないことです。

また、お子さんがあっているか確かめるために体験レッスンを取り入れているリトミック教室もあります。まずは足を運んで見てください。

英語で行われるリトミック教室

幼いころから英語に振れて学ばせて、将来で英語を使うときに役立ててほしい場合は英語で行われるリトミック教室がいいでしょうい。好奇心旺盛な幼児から英語に触れることで英語を聞いたときの聞き取りやすくなります。

また、外国人のネイティブな英語を聞き続けることにより外国人に対しての抵抗感がなくなるため将来は海外に行かせたい方は、小さいうちから通わせることもおすすめです。

まとめ

幼いころからの教育は重要です。その主砲の一つとしてリトミックをご紹介しましたが、リトミックは無理なく続けることができること、大人と一緒に楽しみながら学ぶことができることが醍醐味です。あなたのお子さんもリトミック教室に通わせてはいかがでしょうか?

また、お子さんではなく、大人も楽しみたいという場合は、親子で通ってもいいでしょう。大切なのは、最初に大人がリトミックを楽しんでお子さんに楽しさを伝えることです。もし、通わせる時間がない場合はリトミックの教材を購入して家で再生し続けるだけでも効果はあります。

参考
リトミックとは|リトミック研究センター
リトミックとは |コトバンク
リトミックの効果って?何歳から始める?リトミック教育の種類や方法とおすすめの人気教室・教材まとめ |ママリ
リトミックとは?子育てママ必見!創造性豊かな子を育てるリトミック効果12の秘訣 | リトミック
リトミックとは?具体的な目的・効果・音楽療法との違い、受けられる場所・選び方・費用についてもご紹介!|LITALICO発達ナビ
リトミックとは?効果はあるの?おすすめのDVD教材や教室をご紹介! | ままのて
リトミックとは?|ドリームミュージック
おうちでリトミック(1歳)No.10|小林音楽教室(東京)
おうちでリトミック(2歳)No.5|小林音楽教室(東京)
おうちでリトミック(3歳)No.2|小林音楽教室(東京)
東京都内でおすすめのリトミック教室人気ランキング10選【音楽や英語に親しむ!】 | mybest

この記事をかいた人

cocoiro編集部

cocoiro編集部