子供から大人まで楽しめるお手玉の遊び方!コツや遊び歌をご紹介

子供から大人まで楽しめるお手玉の遊び方!コツや遊び歌をご紹介

日本古来の伝統的な遊びとして代表的なのがお手玉です。昔はお手玉で歌を歌いながら遊んでいる子供を見かけることがありましたが、現在ではほとんどなくなってしまいました。

祖父母や父母からやり方を教えられることも多く、世代間のコミュニケーションにもピッタリということもあり、伝統の遊びを教えるという目的でお手玉を利用するご家庭も増えてきています。

今回は伝統の遊び、お手玉についての遊び方やコツ、お手玉遊びで使う遊び歌をご紹介します。デジタルゲームばかりではなく、古来からの遊びに触れる機会をぜひ作ってみてください。

遊びに向いているお手玉の選び方

お手玉には実際に使う遊び用と、飾って楽しむ観賞用の2種類があります。遊び用に向いているお手玉とはどのようなものなのでしょうか。

  • 重さは40gほど
  • 中身はペレットが一般的(本来は小豆)
  • 正絹総絞りの着物地(七五三の着物などに利用されているもの)

などが適しているといわれています。中身はペレットなら虫食いの心配がありませんし、小豆なら音を楽しむことができます。お手玉の生地は、着物地であれば和風に、コットンなどは現代風に見えるもので、さまざまな風合いから選べます。

お手玉の遊び方

お手玉にはいろいろな遊び方があります。ここでは代表的な遊び方を5つご紹介します。

お手玉に慣れるための遊び方

お手玉を使い慣れていない場合は、まずお手玉に慣れることから始めましょう。

  • 手の甲や肩、頭に乗せて運んでみる
  • ポンと上に投げては取る

など、お手玉の扱い方や感触を覚えるための遊びをしてみてください。

お手玉2つでの遊び方

お手玉を複数使う遊び方に「ゆり玉」というものがあります。

  1. お手玉を左右の手に1つずつ持つ
  2. 右手のお手玉を上に投げる
  3. 左手のお手玉を右手に移す
  4. 投げたお手玉を左手でキャッチする

この動作を繰り返します。落とさずに何回できたか競うのも楽しい遊びです。

お手玉3つでの遊び方

お手玉2つでのゆり玉ができるようになったら、お手玉を3つに増やして挑戦してみましょう。

  1. 右手に1つ・左手に2つお手玉を持つ
  2. 左手のお手玉を1つやや右上に投げる
  3. 投げたお手玉が落ちてくる前に右手のお手玉を左上に投げる
  4. 最初に投げたお手玉を右手で受ける
  5. 左上に投げたお手玉が落ちてくる前に左手のお手玉を上に投げる

これを繰り返すことで、ジャグリングのようなゆり玉ができます。2つよりもかなり高度になるので、練習が必要かもしれません。

親子で楽しめる遊び方

お手玉を使ってキャッチボールのような楽しみ方ができます。

  1. 子供と向かい合って立つ
  2. お手玉をポンと投げて取る
  3. お手玉を2個使って2個取れたら今度は相手に投げる

お手玉はボールよりも柔らかく、手触りも良いので、小さい子供でも安心して遊ぶことができます。

グループで楽しめる遊び方

お手玉は1人だけではなく、グループで遊ぶこともできます。

  1. 円になり中心にお手玉をたくさん置く
  2. 順番が決まったらまずはお手玉を1つ上に投げる
  3. 落ちてくるまでに中心にあるお手玉を両手で持つ
  4. 投げたお手玉をうまくキャッチできればOK
  5. 一番多くお手玉を持てた人が勝ち

このような遊び方なら、大人数でもワイワイと楽しめます。

お手玉遊びの歌5選

お手玉遊びの歌5選
お手玉遊びに不可欠なのは歌です。古来からの遊びということもあり、お手玉遊びの歌は昔の歌が多くなっています。小さい子供でも覚えやすい歌ばかりですので、ぜひ教えてあげてください。

【数え歌】一番はじめは一の宮

『一番初めは一の宮』は明治時代後期から昭和初期にかけて、全国で歌われていた数え歌です。軍歌の「抜刀隊」のメロディーが使われており、最もポピュラーな数え歌であると言えます。歌詞には全国各地の名所が歌われていますが、年代や地域によって若干の差があるようです。

一番はじめは一の宮
二は日光東照宮(中禅寺)
三は佐倉の宗(惣五郎(讃岐の金比羅さん)佐倉の惣五郎
四は信濃の善光寺
五つ出雲の大社
六つ村々鎮守様
七つは成田の不動様
八つ八幡の八幡宮(大和の東大寺・法隆寺)
九つ高野の弘法さん(高野の高野山)
十で東京二重橋(所の氏神さん・東京泉岳寺・東京本願寺・東京招魂社)

(引用元:一番初めは一の宮|世界の民謡・童謡

【数え歌】一かけ二かけ三かけて

『一かけ二かけ三かけて』は、メロディーは『一番初めは一の宮』とまったく同じもので、手まり歌やお手玉歌として有名な歌です。歌詞は地域によって異なりますが、若い娘が西郷隆盛のお墓参りに行くという内容は同じようです。

一かけ 二かけて 三かけて
四かけて 五かけて 橋をかけ
橋の欄干 手を腰に
はるか彼方を 眺むれば
十七八の 姉さんが
花と線香を 手に持って
もしもし姉さん どこ行くの
私は九州 鹿児島の
西郷隆盛 娘です
明治十年の 戦役に
切腹なさった 父上の
お墓詣りに 参ります
お墓の前で 手を合わせ
南無阿弥陀仏と 拝みます
お墓の前には 魂が
ふうわりふわりと ジャンケンポン

(引用元:一かけ二かけて|世界の民謡・童謡

あんたがたどこさ

まりつきのときに歌われることの多いわらべ歌です。一人で遊ぶときのリズム取りに歌うのもOKですが、大人数で円陣を組み、『あんたがたどこさ』の最後の「さ」の部分で一斉に隣にお手玉を投げてキャッチするというような遊び方もできます。

ウサギとカメ

『もしもしかめよ』のフレーズで有名な歌です。この曲に合わせて遊ぶお手玉は、餅つきごっこです。

  1. 2人で向かい合って立ち左手にお手玉を乗せる
  2. 歌に合わせて餅をつくように相手のお手玉をちょんと触る
  3. タイミングを見計らって相手のお手玉を取る
  4. 取られたら負け

誰もが知っている歌なので、老若男女問わず楽しむことができます。

げんこつ山のたぬきさん

『げんこつ山のたぬきさん』のリズムはゆり玉にピッタリです。ゆり玉の動作を歌の最後まで続けることができるかを競うことが多くあります。

2拍ずつリズムを取り、2拍目のタイミングでお手玉を投げます。自分で歌いながらゆり玉を行うのは、少々難しいので、最後までできるかどうかチャレンジしてみるのも楽しいものです。

お手玉遊びのコツとは?

お手玉遊びが上達するコツは、手元を見るのではなく、投げたお手玉を見るようにすることです。どこに落ちてくるのかが分からなければ、キャッチすることができないので、手元ではなく投げたお手玉の方を見るようにしてみましょう。

またお手玉をうまく操るには、リズムを取ることも大切です。一定のリズムで投げたりキャッチしたりすることで、きれいな円を描いたお手玉ができるようになります。手先と体をうまく連動させることができれば、お手玉は格段にレベルアップすることができるのです。

最後に

お手玉は手軽に遊ぶことのできるものです。生地や中身に入れる小豆など、材料さえあれば簡単に手作りすることもできるので、自分好みのお手玉を作る楽しみもあります。ゲームやスマートフォンが普及している現代の子供達に、日本古来の遊びを教えるのもいいことです。たまには親子で、またはおじいちゃん・おばあちゃんと一緒にお手玉遊びで楽しんでみてはいかがでしょうか?

参考
伝承あそびと運動感覚|鳥取短期大学研究紀要
お手玉のおすすめ人気ランキング10選|mybest
9月20日はお手玉の日!懐かしい遊び方で家族みんなで楽しもう☆|mamari
お手玉の遊び方|昔懐かしい伝承遊びで親子で脳トレ!|Chiik!
お手玉の遊び方を覚えよう!伝えていきたい昔ながらの遊び|マーミー

この記事をかいた人

ryukeimommy

ライター歴5年・・・まだまだ勉強中のママさんライターです。 子育てと仕事の両立に悩みながら、フリーライターとして活動中。 大学生と小学生の息子に支えられ、日々奮闘中です。