小学生におすすめの室内遊び19選!子供会で楽しめる遊びをご紹介 ( 2 )

フラフープくぐり

参加人数 10人~
所要時間 15分程度
用意するもの フラフープ

5~6人一組で行います。一人の腕にフラフープを通したまま全員で手を繋ぎ、通したフラフープを一周させるまでのタイムを競います。競技中は手を離してはいけません。全員で声を掛け合い、アドバイスしながらなるべく早くフラフープをくぐりましょう。チームの絆が深まる室内遊びです。
収納しやすい組み立て式のフラフープもあります。

小学生におすすめの室内遊び(頭脳系)

お絵かきしりとり

参加人数 少人数向け
所要時間 10分~
用意するもの 紙、ペン

普通にしりとりするのではなく、紙に絵を書いてしりとりをしていきます。絵心が身につくゲームです。友達が家に遊びに来たときなど、少人数でやるのに向いているゲームです。紙とペンさえあればどこでもできます。

壁があればどこにでも貼ってはがせるホワイトボードです。友達と壁に絵を描いてしりとりができたら楽しいですよね。

伝言ゲーム

参加人数 大人数がおすすめ
所要時間 ~10分
用意するもの なし

チームを組んで1列に並びます。一番前の人に伝言するお題を伝えてゲームがスタート。どんどん後ろに伝言を伝えて、一番後ろまで正しく伝言が伝わっているのか楽しむゲームです。大人数であればあるほど、正確に伝わりにくくなります。

難易度はお題によるので、参加する年齢層によってお題を考えてあげてください。

リズム言葉ゲーム

参加人数 5~10人
所要時間 5分~
用意するもの なし

テーマを決めてリズムに合わせて順番に言葉を言っていくゲーム。リズムにうまく乗れなかったり、テーマに沿っていなかったり、同じ解答をしてしまったりすると負けになります。リズムの速さやお題により難易度を決められるため、年齢層によって設定が変更できます。

大人数すぎると回ってくるまで時間がかかり、考える時間も長くなるので、5人から10人くらいで行うのにおすすめのゲームです。

いつどこでだれがなにをしたゲーム

参加人数 大人数がおすすめ
所要時間 20分~
用意するもの 紙、ペン、袋

参加者それぞれが「いつ」「どこで」「誰が」「何をした」の4種類のカードをいくつか作成します。書いた後は紙を回収し、カテゴリーごとにまとめて袋に入れます。毎回4人がそれぞれ「いつ」「どこで」「誰が」「何をした」の袋から紙を一枚ずつ引き、文章を完成させます。ちぐはぐな文章が出来上がれば面白く、つじつまの合う完璧な文が出来上がれば嬉しい、小学生にぴったりの遊びです。「誰が」に友達の名前を書く人もいるので、「何をした」には悪いことは書いてはいけないなど注意喚起をしましょう。

1 2 3 4