帰国子女の中学受験!中学校の一覧や偏差値・入試情報をご紹介

帰国子女の中学受験!中学校の一覧や偏差値・入試情報をご紹介

家族で海外に住み、やがて日本へ戻ってくることとなった帰国子女の方はどのようにして日本に適応しているのでしょうか。もともと日本に何年も住んでいた方ならまだしも、海外で生まれ育った日本人の子供が帰国子女として日本へやってくるのは、話が違ってきます。特に学校への転入や入学試験などは海外と違う点が多いため、困っている家庭もあることでしょう。

ここでは帰国子女として日本に住むこととなった小学生がいかにして中学受験を行うのかをご紹介します。

帰国子女枠での中学受験の動向

近年、帰国子女としてやってくる小学生たちは中学受験をどうしているのでしょうか。必要な資格や準備などを知って置くだけで選択肢が広がります。

帰国子女枠の入試情報・準備

英語の授業の底上げや、大学受験への成果を考慮し、私立学校の多くは英語ができる生徒を求めています。渋谷学園幕張や公文国際のほか攻玉社や頌栄女子学園、洗足学園など首都圏には、受験に英語だけが必要な学校もいくつかあります。

また英語を含めた受験が実施される中学校もいくつかあるのでお子さんの学力に合わせた受験をおすすめします。

帰国子女枠の受験資格

帰国子女としての枠で受験をする場合、各中学校で決められた受験資格を満たさなければ受験することができません。その資格というのは大きく2つあります。

  1. 海外滞在年数が継続して2年以上であること
  2. 帰国後1年以内であること

基本的には上記の2点が満たされていれば受験は可能ですが、各学校へ問い合わせておくと確実でしょう。また学校によっては上記を満たさなくても臨機応変に対応してくれることもあるので、帰国後1年が経っていたりしても問い合わせてしておくといいでしょう。

帰国子女が抱える不安

帰国子女として日本にやってくるというのは、子供にとって気楽なものではありません。海外でできた友人と別れ、なじみの少ない日本で生活するため、不安を抱えている子供は多くいます。

特に日本語で行われる学校の授業についていけるか、知らな人とコミュニケーションが取れるかなどを心配する家庭が多いものです。

日本へ帰国する前からお子さんにフォローを入れておくことで不安は和らぐものです。親として不安を感じさせない振る舞いを心がけることが望まれます。

参考
帰国子女中学入試の説明| ena国際部
帰国子女の学校適応支援の現状と課題-帰国子女と教師の調査を通して-|秋田大学
帰国子女枠中学受験の学校情報・入試対策方法|海外子女向けオンライン家庭教師のEDUBAL

1 2 3