メリットがいっぱい! 親子で挑戦する初めてのけん玉

メリットがいっぱい! 親子で挑戦する初めてのけん玉

けん玉は日本の伝統的な遊びですが、海外でも「KENDAMA」として親しまれています。実際に、2018年に広島県で開催された一般社団法人グローバルけん玉ネットワーク主催の『けん玉ワールドカップ』では日本を含む世界18ヶ国・地域から415名が参加したそうです。みなさんも子供のころに一度はけん玉をした経験があるのでないでしょうか。本記事ではけん玉について、始め方から技の決め方、けん玉で得られる意外な効果までご説明します。

けん玉を始める準備をしよう

子供におすすめのけん玉3選

けん玉を始めるためには、まずは子供にぴったりのけん玉を選ぶ必要があります。けん玉はさまざまなメーカーから商品が販売されているため、どれを選ぶべきか迷う人もいるでしょう。そこで子供がけん玉を始めるのにぴったりな商品を3つご紹介します。

『はじめてのけん玉』(幻冬舎)

大人用のけん玉は小さい子供の手には大きすぎて、扱いにくいものです。そこでまだ手が小さい子供におすすめしたいのが、子供用に設計された『はじめてのけん玉』です。このけん玉は手に持つ部分が大人用より短く設計されており、小さな子供の手にもぴったり合うサイズになっています。また、玉も普通のけん玉よりも軽くなっているので子供でも扱いやすいでしょう。

『KDX マクロスウルフクリスタル』(BANDAI)

けん玉を始めてもうまく技が決まらないと、練習する意欲もなくなってしまいます。なかなかけん玉を皿に乗せることができない子供におすすめしたいのが『KDX マクロスウルフクリスタル』です。このけん玉は大皿のサイズを普通よりも大きくカスタマイズできるため、初心者でも技が決まりやすくなることが期待できます。

ケンダマクロス ウルフクリスタル

『競技用けん玉 大空』(山形工房)

小学生くらいの子供には『競技用けん玉 大空』がおすすめです。競技用けん玉という名前がつくだけあって、技が決まりやすいように材質も設計もこだわりぬいて作られた一品です。難しい技に挑戦するならばぜひ購入したいけん玉でしょう。

また、けん玉の色も赤、青、黒、水色、緑などたくさんの種類が用意されているため、気に入った色を選べるのもおすすめポイントです。

けん玉のパーツ名称

けん玉を始める前に主なけん玉のパーツ名称をご紹介します。この後の技の説明でもけん玉のパーツ名称は出てくるのでここで覚えてしまいましょう。

けん玉のパーツ説明|公益社団法人 日本けん玉協会
(参照元:はじめてのけん玉|公益社団法人 日本けん玉協会

最初は「けん先や中皿に玉を乗せるなんてできない」と思われるかもしれませんが、練習を繰り返せばできるようになります。

けん玉を始める前の3つのお約束

けん玉の多くは木製です。間違って人にぶつけてしまうと、けがにつながる可能性もあるでしょう。けん玉を始める前に、子供に適切に扱わなければ危険であるということを理解してもらうために親子で3つの約束をすることをおすすめします。

1つ目はけん玉でお友達や他の人を殴ったりしては絶対にいけないということです。けん玉は楽しく遊ぶためのおもちゃです。暴力をふるうために使ってはいけません。

2つ目は遊び始める前に周りをよく見ることです。故意にけん玉を人にぶつけるつもりはなくても、不注意から人にぶつけてしまうこともあります。しっかりと周囲を確認するように注意しましょう。

最後はけん玉を投げつけないことです。子供がけん玉を始めた当初はなかなか技が決まらず、いらいらしてしまうこともあるでしょう。いらいらしても周りに投げつけないように約束しましょう。

親子でけん玉の技に挑戦しよう

親子でけん玉の技に挑戦しよう
さぁ、ここからいよいよ親子でけん玉に挑戦していきます。スポーツも勉強も基本が大切です。まず初めにけん玉の基本の構えからご説明しましょう。

けん玉の基本の構え

まずはけん玉の持ち方です。ぎゅっと柄の部分を握ってしまうと、技をうまく決めることはできません。日本けん玉協会では以下のような持ち方を推奨しています。

ペンを持つように親指と人差し指でけんをはさみ、中指と薬指を皿にかけて持ちましょう。

(引用元:はじめてのけん玉|公益社団法人 日本けん玉協会

次に構え方です。右足を少し前に出して、手はお腹の前あたりに持ってくるようにしましょう。このときにリラックスして力を抜くことが大切です。けん玉の技を決めようとするとついつい体に力が入り、余計に技が決まりにくくなってしまいます。そんなときは一度深呼吸をしてみるなど、体の力を抜くようにしてみましょう。

けん玉を早く上達する方法

けん玉を早く上達するためには、膝をしっかりと使うようにしましょう。最初は手だけでけん玉を操ろうとしがちですが、タイミングを合わせて膝を曲げたり、伸ばしたりすることで技が決まりやすくなります。

また、けん玉は体が安定しないとなかなか技が決まりません。お腹にぐっと力を入れて、体を安定させるように意識しましょう。お腹に力が入りやすいように、少し前傾姿勢になることもおすすめです。

コツが分からない場合はYouTubeでけん玉の動画がたくさん公開されているので、お手本としてみるのもいいでしょう。

けん玉の技に挑戦

それではここからけん玉の技である「大皿」、「小皿」、「中皿」のやり方を説明します。最初は技が決まらないかもしれませんが、親子で何度も挑戦してみましょう。

大皿

まずは一番簡単な大皿から始めてみるのがいいでしょう。大皿は名前の通り、大皿にけん玉を乗せる技です。

けん玉はペンを持つように親指と人差し指でけんをはさみ、中指と薬指を皿にかけて持ちます。右足は少し前にだし、けん先を地面に向けて玉を下に垂らしましょう。次に膝をぐっと曲げ、伸び上がるときに玉を上に持ち上げます。手は胸のあたりより上にあげないようにしましょう。玉が上がったら大皿で下からすくうようにして乗せることができれば、大皿の完成です。大皿で下からすくうときも膝を少し曲げてすくうようにしましょう。

小皿

小皿は大皿の反対側にある皿にけん玉を乗せる技です。技自体は大皿と同じ要領ですが、玉を乗せる面積が小さい分、難易度が上がります。体に無駄な力が入らないようにリラックスして挑戦してみましょう。

中皿

中皿はけん玉の持ち手の後ろに玉を乗せる技です。技の要領は先ほどの大皿、小皿と似ています。けん玉を持ったら、後は大皿と一緒です。膝をぐっとまげて、伸び上がるときに玉を持ち上げます。大皿のときよりも少し高く玉を持ち上げることがポイントです。玉が上にあがったら、膝を曲げて中皿で下からすくうように玉を乗せましょう。

楽しいだけじゃない?子供に与えるけん玉のメリット

けん玉は体や脳に良い効果が期待できると言われています。実際にバルセロナ五輪で金メダルを獲得した古賀稔彦選手も高校生のころにけん玉を練習に取り入れていたそうです。それでは具体的にどのようなメリットがあるのか見ていきましょう。

体幹が鍛えられる

けん玉の技を決めるためには、手と膝を使ってけん玉を操りながら体を安定させる必要があります。体を安定させるために、自然と体幹が鍛えられることが期待できるでしょう。体幹を鍛えて体が安定すれば他のスポーツでも力が発揮しやすくなるでしょう。

記憶力・集中力がUPする

けん玉をしている脳の状態を計測してみると、できない技を失敗しながら練習しているときは前頭葉が刺激され脳全体が活性化するという実験結果があります。脳全体が活性化すると記憶力もUPし、学習面への効果が期待できるでしょう。

また、けん玉の慣れた技を練習しているときは脳が必要な場所だけ活性化する集中モードに入るそうです。集中モードは繰り返すことで、脳が集中モードに入りやすくなるため子供の集中力UPにもつながるでしょう。

手先が器用になる

理学療法士の西村猛氏によると手と目をうまく連携させて、動かせないということは手先が不器用になる原因であるそうです。けん玉は目で玉を追いかけながら、体を動かす必要があるため手と目を連携させる練習には最適です。

もっとけん玉を極めたい親子へ 3つのおすすめ

ここではもっとけん玉を極めたいという子供向けに『けん玉教室』、『認定試験』、『けん玉大会』の3つをご紹介します。

けん玉教室で技を磨く

もっと技を磨きたい人にはけん玉教室がおすすめです。けん玉教室は全国にあり、1回数百円で参加することができます。けん玉教室の情報は公益社団法人 日本けん玉協会のWEBサイトに記載されているためチェックしてみてください。

認定試験で実力を試す

自分の実力を試したい人におすすめしたいのは日本けん玉協会が実施する認定試験です。認定試験は大皿、小皿、中皿はもちろんさまざまな技を習得する必要があるため、少し実力がついてから挑戦するといいでしょう。

なお、認定試験を受けるためには公益社団法人 日本けん玉協会に入会する必要があります。年会費は高校生以上5,000円、中学生以下3,000円となっており、入会すれば各種協議会や講習会に参加できるという特典もあります。

大会でみんなと競う

日本けん玉協会や一般社団法人グローバルけん玉ネットワークが各種けん玉の大会を開催しています。同じようにけん玉の腕を磨いている子供と交流が持てるので、子供にとって新しい友達をつくるいい機会になります。特にグローバルけん玉ネットワークが1年に1回開催する「けん玉ワールドカップ」は世界各国から参加者がいる大きな大会なので、良い経験になるでしょう。

まとめ

けん玉は楽しく遊べるだけではなく、記憶力や集中力がUPする、手先が器用になる、体幹が鍛えられるといった良い効果が期待できます。けん玉1つさえあれば、いつでも、どこでも手軽に始められるので、親子で一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

参考
一般社団法人グローバルけん玉ネットワーク
公益財団法人日本けん玉協会
けん玉で遊ぶだけで集中力がアップする!?その理由をご紹介!NHK
昔懐かし「けん玉」効果!体幹を鍛え学習能力を発達させる健康ポイントと上達方法|LATTE/COLUMN
けん玉のおすすめ5選&選び方【初心者用から協会認定品まで】|くらしを彩るモノ発見・比較サイト[ハイム]

この記事をかいた人

kotn

kotn