パパ・ママ必見!関東で室内遊びのできるおすすめ施設をご紹介

パパ・ママ必見!関東で室内遊びのできる施設BEST5を紹介

現代の子供たちにとって、遊び場の確保はとても難しくなってきました。これは都会であればあるほど顕著な問題で、思い切り外遊びのできる場所や環境が徐々に失われつつあるのです。住宅事情や生活環境、共働き家庭の増加など、子供たちが外遊びができないのには、さまざまな原因が考えられますが、親としては思い切り外で遊んでほしいという気持ちは持っているものです。

今回は、外遊びの少なくなった子供たちが、天候を気にせず思い切り遊べる室内の遊び場をご紹介します。子供の興味を惹く施設がたくさんありますので、ぜひ参考にして家族みんなで楽しんでみてください。

子供の遊ぶ場所に起きている変化

子供の遊ぶ場所の変化
現在の子供達の遊ぶ場所は「自宅が一番多い」という、驚きの結果が出た調査があります。厚生労働省の発表した「第6回21世紀出生児縦断調査結果の概況」によると、子供たちが日ごろ「遊ぶ場所」として最も多かったのが、95.1%で「自宅」となっているのです。

反対に「遊ばない場所」として多かったのは、「空き地や路地」が59.3%、「原っぱや林、海岸などの自然の場所」が40.8%という結果となっているようです。

遊ぶ場所がない、近所に遊べる友達がいない、習い事で時間に制約があるなど、理由はいくつか考えられますが、親としては、できれば集団の遊びの中からさまざまなことを学んだり、体を思い切り動かすことで心身の発達を促したりしたいと思うものですが、現代の子供たちが安全に遊べる場所は「自宅」に変化しつつあるのです。

関東で室内遊び!のびのび遊べる施設・おすすめは?

関東には、天候や季節に左右されず、室内で思い切り遊べる施設があります。今回はその中でも人気の高い5つのスポットをご紹介します。

キッザニア東京

キッザニア東京は、ゆりかもめ「豊洲」駅から徒歩8分の場所にある、職業体験のできる施設です。警察官や消防士、ベーカリーなどさまざまな仕事の体験ができ、実際にユニフォームや制服などを着用することができます。3歳以上の子供が対象で、2部制の完全予約制度となっています。3歳以下の幼児の入場は無料ですが、大人と幼児だけの入場はできないので、注意が必要です。

アネビー トリムパーク

アネビートリムパークは、乳幼児から小学生までが楽しめる、全天候型の体験型屋内パークです。広さ1,600平方メートルという広い室内空間を誇り、天候が悪いときでも思い切り体を動かすことのできる施設です。

0~2歳の専用エリアも設けられているので、小さい子供でも安心して遊ばせることができます。幼児教育先進国であるスウェーデンやドイツ、オランダの遊具を取り入れているのも魅力の1つです。

レゴランド・ディスカバリー・センター東京

レゴランドディスカバリーセンターは、デックス東京ビーチアイランドモール内にある施設。レゴに関したさまざまなアトラクションやイベントがあり、子供だけではなく大人も一緒に楽しめます。レゴ作品のつくり方のコツが学べるレゴ教室や、大きなブロックで遊べる「デュプロビレッジ」など、年齢に応じたレゴを楽しむことができます。

3歳から10歳の子供が対象で、ブロック好きな子供にはたまらない体験ができます。

京王あそびの森 HUGHUG

2018年の春に、多摩動物公園駅よりすぐの場所にOPENした京王あそびの森 HUGHUGもおすすめです。施設は全体に木のぬくもりが感じられる作りになっていて、最大級のネット遊具は子供にとても人気。施設内に飲食店も併設されているので、1日中たっぷり遊ぶことができます。

レストランには個室もあるので、子供と一緒に食事を楽しむこともできるのがうれしいところでしょう。

東京ドームシティ ASOBono!

東京ドームシティ ASOBono!は、水道橋にある東京ドームシティに隣接した施設です。大きな遊具からおままごとまでさまざまな遊びを楽しむことが可能。巨大なボールプールなどに加えて、「レゴ」「プラレール」などのおもちゃなども豊富にあるので、年齢を問わず1日中思い切り遊べます。

ベビー専用エリアもあるので、赤ちゃんのお出かけにも安心です。

関東で室内遊び!大人も楽しめる施設・おすすめは?

関東には子供だけではなく、大人も一緒に楽しめる室内施設があります。家族でのおでかけにも最適ですので、ぜひレジャーの際に利用してみてください。ここでは人気の施設BEST5をご紹介します。

カップヌードルミュージアム

インスタントラーメンでおなじみのカップヌードルをモチーフにしたミュージアムは、展示やクイズなどを通して、インスタントラーメンについて楽しく学ぶことのできる施設です。もっとも人気があるのは、マイカップヌードルファクトリーです。ここでは具材を自由に選び、カップのデザインも行って、オリジナルのカップラーメンを作ることができます。

東京都葛西臨海水族園

東京都葛西臨海水族園は東京駅に隣接した都市型の水族館です。東京都葛西臨海水族園の最大の特徴は、乳幼児が安心して利用できる設備が整っていることです。混雑時を除き、館内はベビーカーでの来園が可能ですし、おむつ替えや授乳のスペースなども充実しています。

Orbi横浜(オービィ横浜)

Orbi横浜は、横浜のみなとみらいにある動物と触れ合える屋内型のパークです。カピバラやアルマジロなどの珍しい動物に触れ合える「アニマルガーデン」が子供達に人気を博しています。900台の無料中佐上も完備されており、ベビーカーでの入場もOKですので、小さい子供連れでも安心して利用することができます。

国立国会図書館 国際子ども図書館

国立国会図書館国際子ども図書館は、上野公園内にある児童書専門の国立図書館です。1万冊を超える子供用の本を有し、「本のミュージアム」では展覧会なども行われています。大人でもたくさんの本に接する機会は薄れてきているので、子供と一緒に懐かしい本を探してみるのも楽しいはずです。読み聞かせのイベントも定期的に行われています。

サンシャイン水族館

池袋にあるサンシャインシティ内のサンシャイン水族館……ビル街にありながら、屋外施設も充実しています。「天空のオアシス」というコンセプトを掲げているだけあって、非日常的な空間を楽しむことができます。サンシャイン水族館最大のポイントは、間近で生き物がみられることです。屋外エリアには日本初の展示、アクアリングがあり、頭上を気持ち良さそうに泳ぐアシカを見ることができます。

参考
第6回21世紀出生児縦断調査結果の概況|厚生労働省
東京都の室内遊び場のおでかけスポット|子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」
雨でも大丈夫!こどもが絶対喜ぶお手軽室内遊びベスト11【東京・関東編】|PINTO
東京で子供と行ける室内遊び場10選!屋内アスレチックや無料施設も|comolib
東京都内の室内遊び場20選|雨の日・小学生・無料スポット厳選|ビギナーズ

この記事をかいた人

Rie Kato

ライター歴5年・・・まだまだ勉強中のママさんライター。専門学校生と小学生の男の子の育児真っ最中! 保険・転職・子育て・ビジネスマナーなど経験を基にしたジャンルを得意とする。インタビュー記事が書けるようなライターになるのが目標。