奨学金とは? 種類や借りる方法をわかりやすく紹介

奨学金とは? 種類や借りる方法をわかりやすく紹介

売り手市場となっている昨今、企業は選ぶ立場から「選ばれる立場」となっています。多くの採用担当者は、学歴で学生をふるいにかけるのではなく、むしろソフト面を重視して採用の幅を広げています。

とはいえ、創業年数の長い老舗企業や大手一流企業の中には、未だに保守的な中高年層が採用担当を行っていることも多く、学歴重視の採用も見受けられます。そのため、「子供を大学に進学させたい」と考える親も多いのではないでしょうか?

しかし、家庭の経済的理由から授業料を払えないという理由で、子供の大学進学を断念せざるをえない人も一定数いるもの。こうした状況を改善すべく、2107年に、文部科学省は「高等教育進学サポートプラン|文部科学省」を公表しました。「高等教育進学サポートプラン|文部科学省」は、学習・成長意欲を持つ多くの若者が経済的な理由から大学や専門学校への進学を断念することのないよう、手厚いサポートを行うというものです。

大学や専門学校の入学にかかる費用を負担し、一定の条件を満たした希望者全員に無利子奨学金を貸与。奨学金は返さなければいけないお金ですが、経済的な理由で継続して返済することが困難な人に対し、最長10年間、月々の返済金額を2分の1に減らす新制度の導入が挙げられます。

そのため、母子家庭で家庭の収入が少ない、留学したいけれど家計にその余裕がない、といった理由で夢を諦めざるを得なかった若者が、自己実現しやすい状況になったのです。そこで今回は、若者の夢をサポートする奨学金制度について詳しくご紹介します。

奨学金とは?

そもそも奨学金とは、学習・成長意欲のある能力を持った学生の授業料や生活費を負担してくれる学業支援制度です。奨学金制度には、国や自治体、民会団体といった公的機関のほか、大学独自の奨学金制度も存在します。

一概には言えませんが、制度によっては第1次と2次の審査が設けられることが多く、学習意欲や進学の意思といった細かな確認が行われ、一定の基準をクリア・通過した人のみが晴れて奨学金制度を受けることができるのです。

代表的な奨学金に、2004年設立の「日本学生支援機構」が挙げられます。文部科学省所管の独立行政法人で、4年制大学、短期大学、専門学校に進学する際に申し込むことが可能です。ここからは、「日本学生支援機構」を例に挙げながら奨学金の種類や申請方法について解説していきます。

奨学金制度の種類

奨学金制度の種類