【男の子のお宮参り】初めてのお宮参りを成功させる豆知識 ( 3 )

お宮参りのマナーと注意点

お宮参りのマナーと注意点
お宮参りを行う際には、いくつか気を付けなければいけないマナーと注意点があります。基本的なものを3つご紹介します。

お参りの方法

お宮参りの参拝方法は、通常の参拝と変わりません。一般的な例をご紹介しますので、参考にしてください。

【鳥居をくぐる前】
服装の乱れを整えます。

【鳥居をくぐる時】
神様を敬い、軽く会釈をして境内に入ります。参道を歩いて本殿に向かいますが、参道の中央を通らずに端を歩きます。参道の中央は神様が通るところとされています。

【身を清める】
境内の手水舎(手洗い場)で、身を清めます。左手を洗い清め、右手を清めます。左手で水を受けて口をすすぎ、最後に左手を清めます。

【参拝する】
お賽銭をあげ、鈴を鳴らし、2礼します。かしわ手を2回うち、1礼します。(2礼2拍手1礼をします)

【本殿を出る】
向きを変えて、会釈をして本殿を出ます。

【鳥居をくぐる時】
向きを変えて、本殿に軽く会釈をして境内を出ます。

(引用元:お宮参りの祈祷のやり方は?、お参り作法やマナーは?|MYCHEF LIFE

服装

当日の大人の服装はおおよそ以下のように決まっています。

  • 父親・祖父:スーツ。ワイシャツは白、靴下は黒が基本。父親は礼服が望ましい。
  • 祖母:スーツ・着物・ワンピースが一般的。両家の祖母の服装のバランスを考えて、事前の打ち合わせが必要。
  • 母親:スーツ・着物・ワンピース。(授乳期でもあるため、近年では授乳口付のフォーマルワンピースが人気を集めている。)

赤ちゃんが和装であれば、母親や祖父母も着物、赤ちゃんが洋装であれば、スーツ……というように考える家庭も増えてきています。

初穂料

初穂料とは、ご祈祷の際に神社へ奉納するお金のことです。初穂料は玉串料とも呼ばれ、神社によっては料金が決まっていることもあります。決まっていない場合は、相場の5,000円~10,000をのし袋に入れて、当日納めます。

参考お宮参りのマナーやしきたりすべての疑問を解決!|ウーマンエキサイト

この記事をかいた人

Rie Kato

【職業】 フリーライター 【経歴】 東京生まれ横浜育ち。現在は群馬県在住。 トラック運転手・介護職員・保険外交員を経て、コールセンターの教育係として7年勤務。 専門学校生と小学生、2人の男の子のママ。 【取得した資格】 ・普通自動車第一種運転免許 ・中学校教諭二種免許状(国語) ・訪問介護員1級 【得意な分野】 ・生命保険 ・転職 ・ビジネスマナー ・ひとり親家庭 ・金融 【休日の過ごし方】 ・朝から掃除と洗濯!(家の中がスッキリするとテンションが上がる性質) ・バスケットボール(息子と勝負!)