IQ(知能指数)とは?高い人と低い人の特徴について解説

IQ(知能指数)はいくつ?空いた時間に手軽にできるIQテスト

子どもの頭の良さを数値化する方法として、IQ(知能指数)と呼ばれる指標があります。一般的にIQ(知能指数)が高い子どもは知能が高くて賢いとされています。ではそもそもIQ(知能指数)とはどのようなものでどのように検査されるのでしょうか?今回はIQ(知能指数)について詳しく解説します。

IQ(知能指数)とは?

IQ(知能指数)とはIntelligence Quotientの略で、人の知能レベルを数値化したものです。知能検査と呼ばれる専門的な検査を受けることで測定できます。平均値を100として、IQ=90〜110は普通、90以下は知的発達が遅れている、110以上は知的発達が進んでいると解釈するのが一般的です。

最近では子どもでも知能検査を受けることができ(2歳ごろ〜)、子どもにあった教育や学習方針を見つけるための手段としても注目されています。

IQ(知能指数)が高い人の特徴

会話の理解度が早い

IQ(知能指数)が高い人は、会話の流れを掴んだり相手の言わんとしていることを汲み取る力に長けています。相手が発した言葉から今の会話、今の議題に必要であろう情報を自分の中で判断して取捨選択することができます。情報処理スピードが高いため、「どんな内容について話せばよりスムーズなやり取りができるだろうか」「次に伝えるべき内容はどれだろう」と考える思考力も優れているのです。

ほかの人が何時間もかけながらやり取りする内容も、IQが高い人は瞬時に判断できるため話し合いの時間も少ない、という傾向に。母親から、「遊ぶ前に宿題をやりなさい」と注意された場合、「なぜ宿題を先にやらなければならないのか」言葉の裏にある意図を考え、実行に移すことができるのです。

状況に合わせた柔軟な対応ができる

思いがけぬアクシデントやスケジュール通りにことが進まなかったとしても、その状況を解決するためにベストな方法を導き出すことができます。

「◯時から友達を遊ぶ約束をしていたのに、母親にお使いを頼まれて約束の時間に間に合いそうにない」「学校の宿題に時間がかかって遊びたくても遊べない」など、予期せぬ事態や自分の思い通りにならないことがあっても、柔軟に対応していける力を持っているのです。

感情的にならず冷静に対処できる

「友達に嫌味を言われて頭にきてカッとなってしまう」「間違いを注意されると、自分を全否定されているように思えて逆ギレしてしまう」など、誰でも感情的になることはあるものです。

しかし、IQが高い人は怒りや悲しみなどネガティブな感情を出しても、根本的な課題解決にはならない、ということを理解できます。自分や相手が今抱えている「感情」ではなく、そうなってしまった原因と次に同じミスが起こらないようにするにはどうすべきか、冷静に対処できるのです。そのため、IQの高い人は、周囲から「クール」「ポーカーフェイス」「冷静沈着」といったイメージを持たれやすい傾向にあります。

論理的思考

先生から「◯◯ちゃんは◯◯についてどう思う?」と聞かれた場合にも、「◯◯だと思う。だって◯◯だから」と答えと結論の順番で受け答えすることができます。また、なぜそれが好きなのか、AとBの2つのうちどうしてAを選んだのかをロジカルに説明できるのです。

多くの人は「何となく」で判断・選択しがちですが、自分では気づいていないだけで、そこには理由が必ず存在します。社会に出ると、「アンサーファースト」といって質問に対して結論で話すことを求められます。さらに、相手を納得させるための意味付けも必要となるため、子供のうちからアンサーファーストを身につけておくと、物事の本質を考えた論理的思考ができるようになるはずです。

興味のあるものとないものがはっきりしている

「絵を描くのが得意」「算数や数学など方式に法って答えを導くのが好き」など、人それぞれ得意不得意、好き嫌いはあるのが普通です。IQの高い人は、他者分析はもちろん自己を分析するスキルが高いことから、興味関心の分野がハッキリしているという傾向にあります。

自分のポテンシャルやバリューを最大限に発揮できるものが、何なのか自分を客観的に見る力が備わっていると言えるでしょう。