英語の記憶力をアップするための学習方法&記憶の仕組みとは? ( 3 )

効率よく英語が学習できる書籍3選

効率よく英語が学習できる書籍3選 英語を覚えるには、書籍を利用するのも1つの方法です。いろんな角度から英語を覚えるためのコツを紹介しています。英語の勉強をしたい人はぜひチェックしてみてください。

センター試験 発音最速マスター

センター試験を控えている人に向けての本ですが、発音のことが分かるので幅広く活用できます。英語は日本語の発音にはないもの多いので苦手意識を持ってしまいがちです。発音を学ぶために、面白おかしく語呂合わせして紹介しているから、楽しく学べるのがいいところです。

子供の頃から正しい発音やアクセントを知っておけば、将来のセンター試験にも役立つかもしれません。

読むだけ なるほど! 英文法

大ヒットした海外ドラマフレンズの英語解説をしていた人が書いた本です。英語苦手意識をもってしまいがちな人も、目からウロコのように文法がスラスラと入ってくる、そんな1冊です。読むだけなのにネイティブの発音や話し方が分かるから、正しい綺麗な英語が身につきます。

英語は難しいという苦手意識を持ってしまいがちですが、そういう人も抵抗なく楽しく読み進められます。この本を読んだあとに海外ドラマを英語で見れば、少しずつ英語がわかってくるようになると口コミでも評価は高いです。

寝る前5分暗記ブック

寝る前に暗記したことは、記憶の残りやすいと言われています。これは寝ている間に記憶を整理して、より強く記憶するからです。そこに着目して、寝る前の5分を利用して暗記するという新しい発想がポイントです。

とても分かりやすくまとめられているので、苦手意識を持たずに済みます。デザインもおしゃれですし、字が大きめなので見やすいのがいいところです。字体も優しいので寝る前でも嫌な気持ちになりません。英語だけでなく、数学、理科、社会、国語の5教科を寝る前に暗記できます。5分という短い時間だから、飽きずに続けられます。中学生には特におすすめです。

まとめ:記憶力を楽しみながらアップさせよう

記憶力を楽しみながらアップさせよう英語を覚えるときも記憶力が重要です。ただ詰め込むのではなく、楽しく覚えるのが大切です。勉強の仕方のコツや、本を参考にすれば効率もアップします。どれも手軽に実践出来ますし、本は親子でも活用できるので興味があったらチェックしてみてください。

この記事をかいた人

cocoiro編集部

cocoiro編集部

cocoiroは常に更新し成長する「教育百科」です。 教育に関心を持つお父さん・お母さんに向けて、 事実や経験に基づき最新の教育情報を提供するメディアを目指しています。 子供一人ひとりと向き合い理解するために、 信頼性が高く分かりやすい情報を発信します。