音楽について学べる専門学校の特徴とは?学校選びのポイントも紹介

「将来は音楽関係の道へ進みたい」という方の中には、音楽について学ぶことができる専門学校への進学を検討している方もいることでしょう。就職に直結するような技術を身につけたい場合、あえて大学ではなく専門学校へ進む方もいます。今回は音楽について学べる専門学校について紹介します。

音楽系専門学校の一覧について

音楽系の専門学校は、北海道から沖縄まで、全国に存在します。住んでいる地域の専門学校はもちろん、東京などの都心部への進学を考えている方もいることでしょう。日本にある音楽系専門学校の中でも、比較的人気がある学校は、主に以下の学校といわれています。

  • 専門学校ESPエンタテインメント東京(東京・大阪)
  • ビジュアルアーツ専門学校(東京・大阪・愛知)
  • 大阪スクールオブミュージック専門学校(大阪)
  • キャットミュージックカレッジ専門学校(大阪)
  • 放送芸術学院専門学校(大阪)
  • 総合学園ヒューマンアカデミー(大阪)
  • TOKYO STEPS ARTS(東京)
  • 尚美ミュージックカレッジ専門学校(東京)

ESPエンタテインメントやビジュアルアーツ専門学校などは、東京・大阪・愛知など、都心部に設置されているため、比較的通いやすいという特徴があります。しかし、音楽について学ぶことができるといっても、学校によって設置されている科やコースが異なるため、進学したいコースがあるかどうか調べる必要があるでしょう。

参考

音楽を学べる専門学校一覧(100校)【スタディサプリ 進路】

音楽を学べる専門学校について

音楽系の専門学校には、さまざまなコースや分野があります。目指せる職業もコースによって異なり、学費の相場もコースによって異なるでしょう。ここでは、主に音楽系の専門学校で設置されている学科や目指せる職業、学費について紹介します。

どんな学科がある?

専門学校によって設置されているコースは異なりますが、例えば音楽系の専門学校には、以下のようなコースがあります。

  • ミュージシャン学科
  • 音楽技術学科
  • 音楽芸能スタッフ学科
  • 音響芸術学科
  • アレンジ・作曲学科
  • ミュージックビジネス学科
  • 声優学科
  • デジタルミュージック学科

芸能コースと併設して音楽系のコースを設置していることもあることから、プロのミュージシャンを目指す人はもちろん、作曲したりアレンジしたりと、さまざまな分野にコースが分かれています。

どういう職業を目指せる?

音楽系の専門学校へ進学することで、さまざまな職業へチャレンジすることができます。主な職業としては、以下となります。

  • 歌手やミュージシャン
  • 作曲家
  • 作詞家
  • 編曲家
  • 音響スタッフ
  • 楽器の技術者
  • レコーディングエンジニア
  • サウンドクリエイター
  • 音楽プロデューサー

専門学校卒業後は、芸能プロダクションやレコード会社、ライブハウスなどへ就職することが可能となります。楽器の製作技術について学ぶ場合は、楽器関連企業や楽器店、楽器工房などで楽器のメンテナンスに関わる職人として働くことができるでしょう。

学費はどれくらい?

音楽系の専門学校は、学費はどれくらいなのでしょうか。1年間の学費は、多くの場合で少なくとも100万円以上が多い傾向にあるといいます。コース内容によっても相場は異なりますが、例えば、ESPエンタテインメント東京の1年間の学費は130万円から、専門学校ビジュアルアーツが年間約140万円となっています。学費以外にも教材費などがかかるため、音楽系の専門学校への進学を考えている方は、あらかじめ教育にかかる費用についても調べるようにしましょう。学校によっては奨学金制度を導入しているため、入学前に確認しましょう。

参考

学費について 出願について 学校案内|東京ビジュアルアーツ|音楽・映像・ダンス・写真-夢を実現する専門学校

学費|入学案内|音楽・芸能と楽器の専門学校 ESPエンタテインメント東京