IT業界のインターンシップ、主な仕事内容は?探し方や注意点も紹介

IT化が進む中、IT業界への就職を希望する方も増えているといいます。ITというと専門スキルが求められるイメージがありますが、就職活動の一環として、IT業界でもインターンの募集が多くあります。今回はIT業界のインターンシップについて、主な仕事内容や注意点を中心に紹介します。

就活を有利に進めたい人へ 公式
キャリアチケット
・「さよなら、やみくも就活。」でおなじみ!
効率的に就活を進めたい人におすすめ!
・学生なら無料で利用できるカフェも運営!
キャリアパーク就職エージェント
・あの「キャリアパーク」が運営!
・膨大な就活ノウハウを惜しみなく教えてくれる!
MeetsCompany
・有名企業出展の合同説明会がたくさん!
ESから内定までのサポート体制も充実!
就活ノート
・就活生が作るリアルな就活レポートが見放題!
・書類通過したESの実例紹介が1,000社以上!

IT業界のインターンシップについて

IT業界とは、主にソフトウェア開発やゲームソフト開発、情報処理サービスやインターネットサービスを事業内容とする業界のことをいいます。ひと口にIT業界といっても求められるスキルは異なることから、IT業界への就職を考えている方は専門課程などで特定の分野を学ぶことが多いようです。

近年はIT業界へ就職を希望する方も多く、企業側も人材確保や就職活動の一環としてインターンシップ制度を取り入れています。インターンシップの求人情報を紹介するエージェントでは、IT業界を専門に取り扱っていることもあるほど、IT業界のインターンシップは需要が大きいといいます。

インターンシップとは

インターンシップとは、学生を対象に一定期間企業で就業体験を行う制度をいいます。興味のある業界や企業について知ることができ、さらに企業によっては実際に働いている社員と一緒に仕事をすることもできます。インターンシップには、1日だけの無料体験型もあれば、3ヶ月以上の長期間で給料が発生するタイプもあります。長期インターンシップでは実践的なスキルを身につけることができるため、IT業界の場合は企業の即戦力として働くことができるか具体的にイメージできます。

IT業界ではインターンシップが多い?

IT業界といってもさまざまな職種があり、なかには専門性の高いものもあるため、すべての職種でインターンシップを受け入れているわけではないようです。そのため、参加できる職種は限られているものの受け入れ先は多いといいます。企業ごとにインターンシップの内容は異なりますが、経験者だけでなく初心者でも参加できるものもあるため、IT業界に興味がある方は応募してみると良いでしょう。