インターンシップ参加での正しいマナーとは?違反事項も掲載

インターンシップは、学生が企業や法人へ出向き、実際にスタッフの一人として働きながら社会の仕組みなどを知るプログラムのことです。社会人になる前の準備段階として、主に大学生が参加しています。そして、インターンシップに参加するには、社会人未経験でも相手に配慮したマナーなどを知っておくのが必須です。

就活を有利に進めたい人へ 公式
キャリアチケット
・「さよなら、やみくも就活。」でおなじみ!
効率的に就活を進めたい人におすすめ!
・学生なら無料で利用できるカフェも運営!
キャリアパーク就職エージェント
・あの「キャリアパーク」が運営!
・膨大な就活ノウハウを惜しみなく教えてくれる!
MeetsCompany
・有名企業出展の合同説明会がたくさん!
ESから内定までのサポート体制も充実!
就活ノート
・就活生が作るリアルな就活レポートが見放題!
・書類通過したESの実例紹介が1,000社以上!

インターンシップの目的とは?

インターンシップに参加することで「内定獲得」しやすいという声も挙がっていますが、根本的な目的としては「社会の構造を知る」「自分のことをより客観的に見つめる」ということです。しかもインターンシップでは、自分が学校と違う場である企業組織に身を置くことで、これまで抱いていた仕事に対するイメージや現実の仕事の違いを認識できることもあります。

インターンシップ参加前のマナー

インターンシップに参加するにあたり、事前に知っておきたいマナーを説明します。

開始予定時刻の10~15分までに到着すること

インターンシップに参加する場合、学校の始業時間と同様、余裕を持って10~15分までに到着することを心がけましょう。このくらいの時間であれば、身支度や仕事の準備も余裕を持って進められます。ただし、開始時間ギリギリでも、早すぎても企業の担当者に負担がかかります。その点を頭に入れておきましょう。また、朝の時間帯は、場所によっては通勤ラッシュの中、インターンシップ先へ通うことになります。特に都市部では、電車やバスの遅れも日常茶飯事です。朝起きたら最初に交通情報をチェックしておきましょう。

清潔感ある身だしなみで臨むこと

インターンシップ先のドレスコードが、スーツ必須でもカジュアルであったとしても、企業側の印象を良くするためにも清潔感ある身だしなみで臨みましょう。特に髪の乱れやスーツなどの服の汚れ、靴についた汚れには細心の注意を払い、仕事を始める前に身だしなみをチェックしておきましょう。

在籍大学の代表としての自覚を持つこと

インターンシップ先の企業では、学生たちの意欲・行動・言動を見て、「その学生が通っている大学の印象」を抱くようになります。例えば、ある大学出身の男子インターンシップ生が、遅刻の常習犯だったり、素行が悪かったとなると、その大学の後輩に当たるインターンシップ生にもネガティブな印象を持たせる場合もあります。あくまでも在籍している大学の「代表」として「企業で働かせていただく」という自覚を持って臨みましょう。