職務経歴書に書くことがない!職種やシーン別の対処法を紹介

就職活動の際に必要になるのが「職務経歴書」です。職務経歴書には、今まで経験してきた仕事内容や勤務先の情報を記載しますが、「職務経歴書に書くことがない」と頭を抱えてしまう方もいるかもしれません。今回は職務経歴書に書くことがない場合の対処法を職種別にご紹介します。

おすすめ転職サイトはこちら 公式
DYM就職
・学歴や経歴に不安があっても大丈夫!
・経験豊富なキャリアアドバイザーが内定まで徹底サポート!
・無料で応募書類の添削から面接対策まで対応!
リクルートエージェント
・転職支援実績NO1!
リクナビNEXTから求人を探すことも可能!
doda
・転職者満足度NO1!
・優良大手企業もズラリ!!
ミイダス
・精度の高い市場価値診断!
・専用アプリでスマートに就活を!

【職種別】職務経歴書に書くことがない場合の対処法

就職活動や転職活動の際、履歴書のほかに職務経歴書を提出する機会があります。職務経歴書には履歴書には書ききれない職歴の詳細を記載しますが、「アルバイト経験しかないけれど、職務経歴書に書いていいの?」「特に書くことがない場合はどうやってまとめればいいの?」など、頭を悩ます方も多いことでしょう。

しかし、職務経歴書にあまり書くことがなくても、まとめ方や記載方法を工夫するだけで自己PRにつなげることができます。ここでは志望職種別に、書くことがない場合の対処法についてご紹介します。

営業職

営業職を希望している場合は、たとえ1社しか経験がなくても、仕事をする上で心がけたことやどのような会社で働いていたかなど、細かく書くことで働くイメージを伝えることができます。例えば、担当した内容について以下のように説明するだけでも評価につながるでしょう。

【担当業務】主に中小企業を対象にオフィス用品の営業活動を行う

■取扱商品:文房具、コピー用紙、FAX用紙など

■営業スタイル:新規開拓100%(全て飛び込み営業)

■担当地域:浦和市全域と埼玉県近隣の一部

■担当顧客:担当社数常時約20社

■営業実績:

20××年度:新規契約件数1日約2件(支店内順位10名中3位)

20××年度:新規契約件数1日約3件(支店内順位10名中2位)

(引用元:商品営業の職務経歴書の書き方 | はたらいく

もし役職についていた場合は、何人所属しているチームのリーダーだったのかを説明するのも良いでしょう。仕事内容や会社の説明が少ない場合は、自己PR欄などで仕事に対してどのような姿勢で臨んでいたのか、どんなことを達成したかなど、職歴だけでは分からないアピールポイントを付け加えるのも一つの方法です。今まで勤めてきた会社の数だけでなく、営業経験やスキルについても説明できるよう心がけましょう。

事務職

事務職の場合は、職務経歴書に書く内容が思いつかない方も多いかもしれません。勤務していた会社の概要のほかに、事務職に生かせる資格などを取得している場合は、それらを職務経歴書に記載することで経験値の少なさをカバーすることが可能です。また、自己PR欄で長所をアピールするのも良いでしょう。

人事部や総務部などで給与計算や採用に関わった経験があるなら、学んだスキルとして冒頭の職務要約欄でアピールするのもおすすめです。もし応募先の企業に該当部署がなければ、生かせる経験を記載するようにしましょう。

接客業

接客業を志望している場合は、これまで経験してきた接客業務やコミュニケーション方法について振り返り、まとめるのが良いでしょう。接客業以外にもシフト管理やスタッフの教育・育成、新企画の立案などに携わった経験があれば、それらのエピソードを紹介することで職歴の少なさや空欄をカバーすることができます。

「人と関わることが好き」など、接客業に求められる人材であることをアピールするために、自己PR欄を活用するのも一つの方法です。

専門職

IT業界や技術職など、専門職で職務経歴書を作成する場合は、資格はもちろん前職で学んだ生かせる経験があれば詳細に書くことを意識しましょう。また、未経験で就職を希望する場合は、今まで学習してきた内容や仕事に対する熱意などを自己PR欄に書くことでアピールすることができます。

IT系の場合は普段使っている身近なアイテムを、美容系の場合は興味を持ったきっかけなどについてふれると、志望動機がより明確になるでしょう。

医療系

医療系の職種で職務経歴書を書く場合は、これまで担当した病院名や取扱製品について記載することで、どのような知識があるかを伝えることができます。現場で評価されたことなど、医療現場で貢献したエピソードがあれば、人間性のアピールにもつながります。以下は、職務内容や担当業務などの記載例です。経験してきた仕事内容についてなるべく具体的に書くようにしましょう。

【職務内容】

×年間にわたり、主に降圧剤・血液凝固剤のMRとして△△エリアの

個人医院から総合病院まで幅広く担当。新薬担当(抗菌剤)も××年間行った。

■所属 △△営業所

[メンバー数] 営業所○名/課長以下×名

■担当業務 MR

各種医療機関の医師に対する自社医薬品の品質・有効性・安全性についての情報提供

[取扱製品] 降圧剤、血液凝固剤、抗アレルギー剤、菌剤

[担当地域] △△市

(引用元:医療機器営業の職務経歴書の書き方 | はたらいく