インターンシップにおすすめの鞄や選び方のポイントを紹介

インターンシップに参加する際に、気をつけなくてはいけないのが服装です。スーツやオフィスカジュアルと呼ばれる服装のみならず、意外と頭を悩ませるのがどんな鞄を持っていけばいいのかという点です。今回は、インターンシップにおすすめの鞄や鞄選びのポイントなどについてご紹介します。

就活を有利に進めたい人へ 公式
キャリアチケット
・「さよなら、やみくも就活。」でおなじみ!
効率的に就活を進めたい人におすすめ!
・学生なら無料で利用できるカフェも運営!
キャリアパーク就職エージェント
・あの「キャリアパーク」が運営!
・膨大な就活ノウハウを惜しみなく教えてくれる!
MeetsCompany
・有名企業出展の合同説明会がたくさん!
ESから内定までのサポート体制も充実!
就活ノート
・就活生が作るリアルな就活レポートが見放題!
・書類通過したESの実例紹介が1,000社以上!

インターンシップにおすすめの鞄について

インターンシップとは、企業などで学生が就労体験をすることをいいます。社会人になる前にインターンシップ制度を利用して企業での仕事を学ぶことにより、就職活動に役立てることができます。インターンシップに参加する際は、大学へ行くときのラフな服装とは違い、フォーマルな服装で参加するのが一般的です。服装はもちろんですが、どんな鞄選びをするかによって企業からの印象も違ってくるといいます。今回は、インターンシップにおすすめの鞄について、選び方のポイントをご紹介します。

鞄選びのポイント

例えば、大学に普段持っていく鞄といえば、リュックや好きなブランドのバッグなどがあるでしょう。しかし、インターンシップに参加する際にそれらの鞄を持っていくと、第一印象の評価が下がってしまうことも考えられます。インターンシップは採用に影響することもあるので、TPOを考えた身だしなみを心がける必要があります。

どんな鞄を選ぶべきかは、業界やシチュエーションによっても異なりますが、少なくとも悪印象を与えてしまわないよう、ビジネスマナーを意識して鞄選びをする必要があるでしょう。インターンシップに参加する際は、特に以下の点を意識しながら鞄選びをするようにしましょう。

フォーマルなデザイン・色であること

社会人として働く人の中には、スーツ姿でリュックを背負い、通勤している人もいます。しかし、インターンシップに参加する際はリュック自体がカジュアルな印象となってしまうため、たとえリュックの色が控え目でシンプルなデザインであっても、そのような場には不向きといえるでしょう。

黒や紺など、暗い色のビジネスバッグを選ぶようにし、柄がついていたり、デザインが個性的な鞄は控えるようにしましょう。スーツで参加するか私服で参加するかによっても、ふさわしいデザインは変わってきます。基本的にはフォーマルな色・デザインの鞄を選ぶことを意識しましょう。

書類が入るサイズであること

インターンシップの鞄選びのポイントの一つに、「鞄の容量」があります。インターンシップ先では資料を配布されたりすることが多いため、A4サイズの書類やパソコンが入るものを選ぶと安心でしょう。鞄の中は仕切りがついているものを選ぶと、整理整頓がしやすくなるためおすすめです。スーツでも私服でも、書類を入れやすいサイズの鞄を選ぶようにすれば、就職後もさまざまな用途で使うことができます。

小さいサイズや耐久性のない鞄を選んでしまうと、書類を安全に持ち運ぶことができず、企業側に「準備不足なのでは?」とマイナスの印象を与えてしまう可能性もあります。書類の入るサイズで、機能面に優れた鞄を選ぶようにしましょう。

機能性に優れた素材であること

長年使っている鞄は汚れやシワなどがついている可能性があるため、インターンシップ先に持っていくのはあまりおすすめできません。また、多くの場合、インターンシップで使用する鞄は就職活動でも使用することになるでしょう。そのため、会社説明会や面接などで持ち歩くことを想定し、長時間持ち歩いても疲れない軽めの素材を選ぶことが重要になります。雨や雪などへの耐水性がある防水加工の素材もいいでしょう。

アパレル業界の場合はデザインにも気を遣う

インターンシップの鞄は、ビジネスマナーを考え、就労体験をするのにふさわしいフォーマルなデザインや落ち着いたカラーを選ぶようにと前述しましたが、アパレルや美容業界への就職を考えている場合は、デザインにこだわりを持つことで逆に好印象になる可能性があります。

それは、私服でのセンスが見られている場合、鞄のデザインもチェックされているからです。センスが求められる業界では、おしゃれ感覚に優れたデザインの鞄選びを意識しましょう。しかし、この場合でも機能面に優れていることがポイントとなるため、小さすぎず、A4サイズの書類が収納できるサイズの鞄を選ぶようにするといいでしょう。