海外で仕事がしたい!未経験でもOKの求人ってあるの?どんな仕事?

仕事を探している方の中には、日本ではなく海外で働いてみたいと希望される方も少なくありません。しかし、未経験で海外の求人に応募できるのか、語学力は必要なのかなど、分からないがゆえの不安も大きいです。

この記事では未経験で海外の求人を探すときのポイントや、実際にどんな仕事があるのかについてご紹介します。海外での就職を希望されている方は、ぜひ参考にしてください。

海外勤務希望者は増加傾向

求人サイトを運営するエンジャパン株式会社が実施したアンケートには、興味深い結果が報告されています。

海外勤務を経験した方を対象とした「海外での勤務を希望していたか」という質問には、全体の80%におよぶ人が『はい』と回答しています。また20代では100%の人が海外勤務を希望していたと回答しているのが特徴的といえるでしょう。

参考

第114回アンケート集計結果「「海外での勤務」について(2015年版)」|エン ミドルの転職

また日経キャリアNETの実施した会員アンケートでも、『海外勤務を拒否する』と回答した人は全体の43%にとどまっており、約半数の人は『海外勤務を希望する』と回答しています。

参考

第16回 海外での仕事に対する意識 – 会員アンケート | 日経キャリアNET

この結果を見ると、地域や国の希望はあるものの、何らかの形で海外勤務を希望している人は増加傾向にあるといえます。

海外の求人『未経験OK』は2種類ある

海外の求人における『未経験OK』という条件には2種類の意味があります。どのような状態を未経験と位置付けるのでしょうか?

キャリアがあれば経験は問わない

海外勤務の経験がなくても、日本国内で管理職のキャリアがあれば、募集職種の経験は問わないという意味です。実際に募集している職種での経験はなくても、ほかの職種で管理職を経験していれば応募できるということになります。

業務経験自体を問わない

業務経験自体を問わないという条件は、本当の意味での「未経験OK」です。極端な例では、働いたことがない人でもOKということなので、仕事をしたい人であれば誰でも応募できるということになります。

海外で未経験OKの求人・選択肢は2つある

海外で働くことを希望する場合の選択肢は2つあります。

現地法人での採用

海外の現地法人で採用してもらう方法です。日系の子会社などは、現地のローカル企業よりも働きやすい傾向です。正社員よりも契約社員として採用されるケースが多いのが特徴です。

海外駐在員として採用

日本で海外拠点のある企業に就職し、支社・子会社・関係会社に派遣される方法です。出張手当がついて、日本での給料よりも額面がアップすることが多いです。特徴として、業務経験やスキルを必要とされます。