手取り17万円で一人暮らしする費用は?貯金ができる5つの節約術も

手取り17万円で一人暮らしをする場合、家賃の目安は5万5千円にし、生活費は、項目ごとにメリハリをつけるのがポイントです。また、5つの節約術を実行することで、月々2万~3万円の貯金をすることも可能でしょう。そして、収入を増やすという視点からおすすめの転職エージェントのご紹介もしています。

手取り17万円の月収・年収の内訳は?

手取り17万円の方の月収は、約21万~22万円です。まずは、月収から差し引かれる厚生年金・健康保険・雇用保険の3つの社会保険と、所得税・住民税の2つの税金を確認していきましょう。下記の表は、月収が21万円でボーナスがないケースの金額です。

社会保険料、税金の区分 支払い金額(およその金額)
厚生年金 20,130円
健康保険 10,890円
雇用保険 630円
所得税 3,600円
住民税 7,500円
合計 42,750円

※あくまで参考の金額となりますので、参考程度にご覧になってください。

参考

平成29年9⽉分(10⽉納付分)からの厚⽣年⾦保険料額表|日本年金機構

平成31年4月分(5月納付分)からの健康保険・厚生年金保険の保険料額表 |東京都|日本健康保険協会

平成31年度の雇用保険料率について|厚生労働省

No.2260 所得税の税率|国税庁

手取り17万円一人暮らしの理想的な家賃と生活費

手取り17万円で一人暮らしをするには、家賃5万5千円前後が理想的です。生活費は、節約を意識することでクリアできる金額でしょう。

家賃は6万円以下

生活をする上での家賃額は、手取り額の1/3が理想的と言われています。手取りが17万円の場合は、家賃は約5万6千円が適切な金額と導き出せます。また、この場合の家賃は、管理費などの居住に必要な費用も含めて考えるのがおすすめです。

ただ、立地やセキュリティなど、外すことができない条件もあるでしょう。その場合は、6万~7万円程度までは許容範囲ですが、生活費や食費を節約しても、貯金するのは難しくなるでしょう。

節約しないと貯金は難しい…

総務省の統計データを参考に、手取り17万円の場合の理想的な生活費を算出すると下記の通りになります。食費、日用品費などを節約することで、月々2万~3万円の貯金をすることができます。

項目 金額
家賃 56,000円
水道・光熱費 10,000円
通信費・交通費 10,000円
食費 30,000円
日用品費 20,000円
その他(交際費、娯楽費など) 20,000円
貯金 24,000円
合計 170,000円

上記の表は、理想的な金額配分を表したものです。自炊ではなく、コンビニや外食が多い場合、交友関係が広く交際費がかかる場合、趣味にお金がかかる場合など、生活にかかるお金は人それぞれです。自分なりにカスタマイズするときに、一つの目安になさってください。

参考

家計調査報告家計収支編|2018年(平成30年)平均結果の概要|総務省統計局,P15