【大学生向け】インターンシップ保険とは?必要性・種類・手順も紹介

大学生になると学業以外に、就業トレーニングとしてインターンシッププログラムに参加する人もいます。インターンシッププログラムでは、実際に企業や団体へ出向き、スタッフの一員として就業体験を行います。

なかには期間中に不測の事故や災害に巻き込まれることもあります。そんな事態に備えて、インターンシップ対応の保険に入ることが推奨されています。

就活を有利に進めたい人へ 公式
キャリアチケット
・「さよなら、やみくも就活。」でおなじみ!
効率的に就活を進めたい人におすすめ!
・学生なら無料で利用できるカフェも運営!
キャリアパーク就職エージェント
・あの「キャリアパーク」が運営!
・膨大な就活ノウハウを惜しみなく教えてくれる!
MeetsCompany
・有名企業出展の合同説明会がたくさん!
ESから内定までのサポート体制も充実!
就活ノート
・就活生が作るリアルな就活レポートが見放題!
・書類通過したESの実例紹介が1,000社以上!

インターンシップ保険とは

インターンシップ保険とは、インターン期間中に発生した事故・災害・損害を補償してもらえる保険のことです。一般的な生命保険会社で展開されている自転車保険や、病気やけがに対する保険と同じニュアンスととらえて良いでしょう。

インターシシップ保険の必要性

インターンシップの仕事内容は、デスクワークのほか、医療機関のサポート、物を運ぶといった頻繁に体を動かす仕事などさまざまです。

インターシッププログラムを受ける学生の中には、自分が携わる仕事について、保険を契約するほどのリスクはないと感じている人もいるかもしれません。

とはいえ、インターンシップ先へ出向く途中でけがをしたり、就業中の作業で何らかの事故に巻き込まれたりする可能性はゼロではありません。そんなとき、インターンシップ保険に加入していて補償の対象となれば、医療費などの負担を減らせます。

このような理由から、万が一の事態に備えるためのインターンシップ保険が必要とされています。

インターンシップ保険は、大学経由での申し込みと個人申し込みの2種類があります。次の章では、それぞれの詳細について紹介していきましょう。

大学経由で申し込むインターンシップ保険の種類

大学経由で申し込むインターンシップ保険の種類は、次の2つです。

学生教育研究災害傷害保険

学生教育研究災害傷害保険(以下、学研災)は、インターンシップ・通常授業および課外活動中に遭った傷害・災害・事故に対し、必要な給付を行います。ほかに通学や大学のクラブサークル活動といった課外活動の移動中の事故なども、学研災の対象です。

インターンシップの場合は、就業先の階段から転落し骨折したといった事故も対象となります。

学生教育研究賠償責任保険

学生教育研究賠償責任保険(以下、付帯賠責)は、大学生がインターンシップ・教育実習・ボランティア・学校行事およびその往復途中において、他人にけがをさせたり、他人の所有物を壊したりした場合の賠償事故を補償します。

こちらの保険は、インターンシップや正課など、大学生の活動内容によって保険料に違いがあるのが特徴です。

参考までに、以下に付帯賠責をまとめています。

なかでもBコースは、インターンシップに関する保険ですのでよく理解しておきましょう。

活動コース コース名/保険名 活動内容 保険料
(1年間)
Aコース 学生教育研究賠償
責任保険
(学研賠)
通常授業中・学校行事中およびその往復中などに発生した賠償責任事故を補償 340円
Bコース インターンシップ・
教職資格活動等賠償
責任保険
(インターン賠)
インターンシップ中・介護体験活動中・教育実習中など、特定の活動中およびその往復中に発生した賠償責任事故を補償 210円
Cコース 医学生教育研究賠償
責任保険
(医学賠)
医療関連学部の実習中・学校行事中・臨床実習中およびその往復中などに発生した賠償責任事故を補償 500円

参考

学研災付帯賠償責任保険(略称「付帯賠責」)|公益財団法人日本国際教育支援協会

「学研災付帯賠償責任保険」のごあんない|公益財団法人日本国際教育支援協会