インターンシップで茶髪はNG?黒髪をおすすめする理由と実際の髪色

インターンシップに茶髪で参加するのは、おすすめできません。特に男性は黒髪が原則で、女性でもダークブラウンまでが無難な髪色と言われています。今回の記事では、先輩学生の声や人事担当者の意見、企業がインターンシップを実施する目的を確かめ、インターンシップの髪色・髪型について解説しています。

就活を有利に進めたい人へ 公式
キャリアチケット
・「さよなら、やみくも就活。」でおなじみ!
効率的に就活を進めたい人におすすめ!
・学生なら無料で利用できるカフェも運営!
キャリアパーク就職エージェント
・あの「キャリアパーク」が運営!
・膨大な就活ノウハウを惜しみなく教えてくれる!
MeetsCompany
・有名企業出展の合同説明会がたくさん!
ESから内定までのサポート体制も充実!
就活ノート
・就活生が作るリアルな就活レポートが見放題!
・書類通過したESの実例紹介が1,000社以上!

インターンシップは茶髪より黒髪がおすすめ

キャリタス就活2020によると、インターンシップに参加する学生は増加傾向にあり、2020年卒の学生の86.2%が参加しています。

(参照元:インターンシップに関する調査|キャリタス就活2020,P1

また、リクルートキャリアによると、学生が参加するインターンシップ企業数は、平均で4社を超えており、多くの学生が、多くの企業のインターンシップに参加していることが分かります。

(参照元:『就職白書2019』|リクルートキャリア,P30

これらのことから、インターンシップは学生にとって欠かせない活動だと分かるでしょう。だからこそ、髪の色にまでこだわっていきたいものです。ここでは、「先輩の声」「人事担当者の印象」「企業の目的」の3つの視点からインターンシップに参加するときの髪色について考えていきましょう。

インターンシップに参加した先輩の声

2018年に就職ジャーナルが、500人の内定者にアンケートを取った結果を見ると、75%の学生が黒髪で就活をしていることが分かります。インターンシップは就職活動とは異なりますが、採用活動の一環として捉えている企業もあります。そのことを考えると、インターンシップに参加するときの髪色は、黒髪がおすすめと言えるでしょう。

(参照元:【内定者500人に聞いた】就活中の髪色、黒髪と茶髪どっちで臨んだ?いつどこで染めた?|就職ジャーナル

茶髪が人事担当者に与える印象

2019年にJOBRASSが111人の人事担当者に対して行った調査によると、半数以上の人事担当者が、インターンシップに参加する学生の茶髪はNGとしています。

(参照元:【人事に聞く】インターンで茶髪はNG?その理由は?【印象が悪い?】|JOBRASS新卒

また、美容室チェーンAgu.グループが2019年3月、人事担当者の200人にアンケートを取った調査によると、63%の人事担当者が新入社員の髪型を気にしています。

(参照元:【新入社員の髪型に関する意識と実態調査】人事担当者の半数以上が新入社員の髪型について気にしている?仕事ができそうな印象を与えるにはパーマをかけないことがカギ!|PRTIMES

つまり、人事担当者の2人に1人は、髪色や髪型を気にしているということが分かります。大学などで髪の色があまり目立たない場合でも、スーツに身を包んで会社に行ったら、周りに比べて髪色で目立つということも十分考えられます。

企業がインターンシップを行う目的

企業がインターンシップを行う目的は、大きく分けて2つあります。1つは、「企業・業界に対する理解を促すこと」、もう1つは、「採用活動につなげること」です。2019年2月にリクルートが発表した調査結果によると、40%以上の企業が「採用を意識し学生のスキルを見極める」、「入社意欲の高い学生を絞り込む」ことをインターンシップを実施する目的に挙げています。

(参照元:就職白書2019|就職みらい研究所,P15

採用活動につながっていることを考えると、就職活動と同じ気持ちでインターンシップに参加した方がプラスであると考えることができます。