インターンシップ選考をクリアするエントリーシートの書き方とは?

インターンシップ選考に参加する方にとって必要となるのが、選考書類であるエントリーシートです。就職活動ではエントリーシートを作成する機会が多くありますが、エントリーシートは企業が知りたいことを考慮した上で書く必要があります。今回はインターンシップ選考をクリアするエントリーシートの書き方について紹介します。

就活を有利に進めたい人へ 公式
キャリアチケット
・「さよなら、やみくも就活。」でおなじみ!
効率的に就活を進めたい人におすすめ!
・学生なら無料で利用できるカフェも運営!
キャリアパーク就職エージェント
・あの「キャリアパーク」が運営!
・膨大な就活ノウハウを惜しみなく教えてくれる!
MeetsCompany
・有名企業出展の合同説明会がたくさん!
ESから内定までのサポート体制も充実!
就活ノート
・就活生が作るリアルな就活レポートが見放題!
・書類通過したESの実例紹介が1,000社以上!

インターンシップのためのエントリーシートについて

就職活動や転職活動などで作成するのが、エントリーシートです。エントリーシートとは、志望動機や自己PRなど、企業が選考の際に応募者について知りたい項目や質問が記載された書類のことをいいます。エントリーシートには、学生時代に力をいれていたことなどが質問内容として設定されていることもあるでしょう。エントリーシートのフォーマットや文字数、質問事項などは企業によって異なりますが、インターンシップ選考をクリアするためにも、エントリーシートを書く際には内容についてしっかりと考える必要があります。

インターンシップとは

インターンシップとは、学生が実際に企業で仕事を体験する制度のことで、「就労体験」とも呼ばれています。学生にとっては会社の雰囲気や業務内容を知る貴重な体験であり、会社側にとっては採用活動の一つとして役立てられています。仕事の向き不向きを事前に知ることができるのは、インターンシップの最大のメリットといえるでしょう。企業によってはインターンシップでの働きを考慮し、選考の一部を免除したり、採用につなげることもあるようです。

インターンシップで得た経験やスキルは、就職活動の自己PRとして役立てることができ、将来に対する目的意識をはっきりさせる材料にもなります。インターンシップの選考では履歴書に加えてエントリーシートの提出を義務づける企業も増えてきているようです。

エントリーシートで企業が知りたいこと

企業はエントリーシートからどんなことを知りたいと思っているのでしょうか。エントリーシートの主な目的は、応募者がどのような人かを理解することです。例えば、「どうして自社に興味を持ったのか」「普段はどんなことに取り組んでいるのか」「インターンシップを通して何を学びたいと考えているのか」などの質問が想定されます。エントリーシートの志望動機や自己PRでは、これらの質問を想定した上で、具体的なエピソードを交えて紹介できると良いでしょう。