アメリカ留学におすすめの大学は?大学の種類や選び方なども解説!

アメリカ留学に向けて、まず悩むのが大学選びではないでしょうか。アメリカには2年制と4年制を合わせると4,000以上の大学があります。その中から行きたい大学を選ぶのは大変ですが、せっかく留学するのであれば自分に合った大学を選びたいものです。当記事では、アメリカの大学の種類や、アメリカ留学の際の大学の選び方のポイントなどについて紹介します。

留学に行ってみたい人へ 公式
日本最大級の留学総合サイト【School With】
・圧倒的多数の都市、学校から選べる!
・自分にあった留学先を審断してくれる!
スマ留
・賢くサクッと留学!
・割引キャンペーン多数用意!
MeRISE留学(ミライズ)
・フィリピン、セブ島で高品質な英語学習!
・大人も満足すること間違いなし!
カナダ現地留学エージェントの【カナダジャーナル】
・激選されたプログラムのみを紹介!
・現地でのサポートも無料で充実!
オーストラリア留学エージェントYAC Agency
・オーストラリア政府公認校!
・専任プランナーによる手厚いサポート!

アメリカの大学の種類

アメリカの大学は、いくつかの種類に分けられます。

リベラルアーツ・カレッジ

アメリカの伝統的スタイルの大学です。教養教育に重点を置き、学士課程のみの大学がほとんどです。また、リベラルアーツ・カレッジの多くが私立で全寮制となっています。リベラルアーツ・カレッジとして設立され、現在では大きな総合大学となったものもあります。その代表的な例が名門私立大学として有名なハーバード大学です。アメリカには現在およそ600のリベラルアーツカレッジがあります。

コミュニティ・カレッジ

コミュニティ・カレッジとは、カレッジ周辺の住民が気軽に通えるように運営されている2年制の州立カレッジです。日本の短大とは少し異なり、仕事に必要なスキルを身につけるための職業訓練を目的として通う人が多いのが特徴です。コミュニティ・カレッジを卒業すれば準学士号を得ることができ、中には4年制に編入する人もいます。必要書類さえ提出すれば、100%合格することができますが、他の種類の大学と比べ教育レベルは低いと言われています。

総合大学

総合大学とは、専攻分野が多く、研究を目的としながら専門分野の教育をしている大規模な大学です。ほとんどの総合大学では、さまざまな分野において研究プログラムを開講しており、修士号や博士号取得プログラムを設けています。総合大学には私立と州立があります。私立の総合大学は、一般的に教養教育に重点を置いた教育を行っているのが特徴。州立の総合大学では、実践的な分野の開拓をしながら、就職に直結しやすい専門教育を行っています。私立・州立にかかわらず、大学により入学の難易度は異なります。

専門単科大学

専門的な分野のみ教育や研究を行っている大学が、専門単科大学です。総合大学の一つの学部を一つの大学にしたようなイメージです。工科大学、ビジネス専門大学、芸術大学などが含まれます。

アメリカの大学のシステム

アメリカの大学と日本の大学ではシステムが違います。

アメリカの大学の学期制

アメリカの大学は、9月から翌年の5月までを1年度としています。ほとんどの大学で、年度を秋と春に分けるセメスター制(2学期制)と、4つに区切るクオーター制を導入しています。ちなみにアメリカでは、学期ごとに入学申請を受け付けているので、入学のチャンスが年に複数回あることになります。

専攻決定は入学後

日本では出願時に学部を決めなければなりませんが、アメリカでは入学後に専攻を決めることができます。アメリカの総合大学では、教養科目の単位を取得し終わった2年生後半から3年生前半あたりに専攻を決めるのが一般的です。

アメリカの大学の単位制

アメリカの大学では、自分が専攻する学位のために必要な単位を取得すれば卒業できます。ですので、卒業に必要な単位を取得できれば、4年間大学に通わなくても卒業することも可能です。また最近では、日本の大学で取得した単位を利用して編入留学をする人も増えてきているようです。