履歴書の封筒は何色を使う?履歴書の封筒にはNG事項がいっぱい!

就職活動の際に、履歴書などの応募書類を郵送する方もいることでしょう。応募書類の内容については意識する方が多いかもしれませんが、封筒の色に注目する方は少ないかもしれません。履歴書を送付する際のマナーはしっかりと守ることが大切です。今回は履歴書を入れる封筒の色や、封筒に書類を入れる際の注意点について紹介します。

おすすめ転職サイトはこちら 公式
DYM就職
・学歴や経歴に不安があっても大丈夫!
・経験豊富なキャリアアドバイザーが内定まで徹底サポート!
・無料で応募書類の添削から面接対策まで対応!
リクルートエージェント
・転職支援実績NO1!
リクナビNEXTから求人を探すことも可能!
doda
・転職者満足度NO1!
・優良大手企業もズラリ!!
ミイダス
・精度の高い市場価値診断!
・専用アプリでスマートに就活を!

履歴書の封筒・何色が良いの?

履歴書を入れる封筒の色は、何色がベストなのでしょうか。主な封筒の色としては、白・青・茶色などがあります。基本的には、封筒の色によって採用の合否が決まるわけでなないため、採用担当者によっては「奇抜な色でなければ問題ない」、「白、茶、水色なら可」など、企業によっても意見が異なるのが現状のようです。「白の無地でなければ不採用になるかも」と心配する方もいるかもしれませんが、ここでは封筒の色のそれぞれの特徴について紹介します。

履歴書を入れる封筒の色としておすすめなのが、白色無地の封筒です。白い封筒は、お祝いの手紙などでも使われることがあるため、見た目の印象が良いことが特徴です。履歴書を入れる際は封筒の表面に「履歴書在中」と赤字で記載しますが、色のコントラストで文字や見やすいというメリットもあります。ただし、白い封筒は透けやすい場合もあるため、厚さがある封筒を選ぶようにしましょう。また、封筒を選ぶ際のポイントとして、郵便番号欄の無い白無地を選ぶことで、「履歴書在中」の文字が目立つ効果も期待できます。白色だからといって、会社のロゴなどが入った封筒などは使わないようにしましょう。

青色の封筒を選ぶ方は少ないかもしれません。他の応募者よりも目立つ可能性はありますが、封筒の色で企業にアピールできる可能性は低いでしょう。他にどうしても封筒がない場合は、薄い青色の場合は問題ないですが、鮮やかな青色など、目立つ色は避けるようにしましょう。

茶封筒

茶封筒は、一般的に多く使われているため、手に入りやすいというメリットがあります。履歴書を送付する際にも使用できますが、企業に送られてくる封筒も茶封筒であることが多いため、他の郵便物と混同されてしまう可能性もあります。他の書類に紛れて採用担当者に届くことが遅れる可能性はゼロではありませんが、茶封筒でも基本的には問題ありません。しかし、もし期日までに余裕がある場合は、厚手の白い無地の封筒を選ぶのがいいでしょう。

履歴書を封筒に入れるときの注意点

履歴書を封筒に入れる際には、いくつかの注意点があります。ここでは、封筒のサイズや表面の書き方、書類を入れる際のポイントについて紹介します。

封筒のサイズは「角形A4号」か「角形2号」

履歴書を送る封筒のサイズは、履歴書に折り目がつかないサイズを選ぶことがポイントです。一般的には「角型4号」もしくは「角型2号」を選べば、そのまま履歴書を入れることができます。市販で販売されている履歴書は見開きB4もしくはA3の用紙を二つ折りにした、B5かA4サイズとなりますが、履歴書以外にも応募書類はあります。他の書類のサイズと合わせるためにもA4サイズが入る「角形A4号」か「角形2号」を選ぶのがいいでしょう。

「履歴書在中」と表面に記載しよう

履歴書を郵送する際は、郵送時の取り扱いに注意してもらえるよう、表面の左下には必ず「履歴書在中」と記載します。「履歴書在中」と記載してあれば、配達する人も取り扱いに注意して届けてくれるでしょう。また、「履歴書在中」の文字は赤字で書き、四角で囲うのが一般的なマナーとなります。宛名書きは黒のボールペンで書くようにし、水性のペンは水に濡れるとインクがにじむため避けましょう。油性マジックも裏写りする恐れがあるため、避けた方がいいでしょう。

郵送する書類が履歴書だけではない場合は、「履歴書在中」ではなく「応募書類在中」と書く方がいいでしょう。仮に「履歴書在中」と書いてしまっても評価に影響しませんが、採用担当者が封筒を見てすぐに応募書類と認識できるよう、「履歴書在中」もしくは「応募書類在中」の文字は必ず書くようにしましょう。

書類は提出する順番に並べる

履歴書とその他の応募書類を一緒に封筒に入れる際は、書類を提出する順番に並べるようにしましょう。入れる順番は、送り状・履歴書・職務経歴書・その他の応募書類の順で入れ、提出する書類が履歴書だけの場合も、送り状は必ず用意しましょう。ハローワークから紹介状などがある場合は一番後ろに、企業のエントリーシートを同封する場合は送り状の次に入れましょう。

採用担当者がすぐに応募書類を確認できるよう、応募書類は全て表面になるようそろえ、応募書類の上下左右の向きもそろえましょう。

クリアファイルに入れてから封筒へ

企業に提出する書類がそろったら、そのまま封筒に入れるのではなく、書類をいったんクリアファイルに入れてから封筒へ入れましょう。クリアファイルに入れることで、中の書類が曲がったり、濡れたりするのを防ぐことができます。また、クリップなどを使ってまとめておけば、書類を取り出し、管理がしやすいのもメリットです。採用担当者が見やすいように気遣うことが大切です。

一般的に、クリアファイルの正しい向きは、開かない部分が左側もしくは下側、開く部分が右側・上側となる方が表面といわれています。応募書類の向きをそろえることはもちろんですが、クリアファイルの向きもそろえた上で封筒へ入れましょう。クリアファイルに指かけがある場合は、穴がある方が表面となります。採用担当者の中には細かい部分が気になる方もいるかもしれませんので、必ず向きをそろえましょう。