子供の受験対策にオススメ!化学の問題集をレベル別で9つ紹介!

受験期間により効率的に勉強するためには、参考書や問題集は必須のアイテムです。しかし、たくさんの種類があるため、どんなものを買っていいのか悩むことも多いでしょう。子供のレベルや志望校のレベルに合わせたものを購入しなければ無駄な費用になってしまったり、勉強の質を高めることができなかったりします。

今回は化学の問題集をレベル別にご紹介します。

基礎レベルの化学問題集3選

これから受験勉強を始める人や化学科目に苦手意識を持っている人、文系の学生などにおすすめの化学の問題集をまとめました。

セミナー化学

学校の教科書としても取り上げられているセミナー化学ですが、入門レベルの問題集としてはとても使いやすい本です。しっかりとした基礎知識が身につけた上でこの本を使用し、反復練習して知識の定着を図るといいでしょう。

あくまで参考書ではなく問題集なので、この問題集だけでは勉強が成り立たないことがあります。解説がていねいに書かれている参考書と併用して勉強するようにしましょう。とにかく基礎レベルの問題の演習量をこなしたい受験生におすすめの問題集です。

商品リンクはこちら

化学(化学基礎・化学)入門問題精講

「入門編・基礎編・標準編」の3冊構成となっている問題集です。より難易度の高い化学の問題を勉強したい学生は徐々にレベルを上げていきましょう。

入門編は化学科目が苦手な人向けの問題集となっており、センター試験で化学基礎を受ける文系学生にもおすすめの問題集です。問題集は問題がメインで解説を読むのがおろそかになりがちですが、この問題集は細かな解説まで載せており、親切な設計になっています。

センターはこれだけ! 岡本富夫の化学基礎

センター試験で化学基礎を受ける文系の学生におすすめしたい問題集です。内容も比較的簡単な問題をそろえているので、化学の勉強がまだ進んでいない学生でも解くことができます。

問題集に載っている問題は120問とそこまで多くはらいません。短期間で集中して終わらせることもできます。化学が苦手でまだそこまで点数が取れないという人は購入して演習してみるといいでしょう。