通信制高校の学費は安い?公立と私立の違いや学費を安くする方法!

通信制高校の学費は、公立なら年間3万~5万円程度、私立なら年間30万円~とバラツキがあります。今回の記事では、公立と私立の学費の相場と、学費を抑えるための就学支援金制度に加え、5つの高校を例に挙げて公立と私立の3年間の学費をご紹介します。

公立と私立で違う!通信制高校の学費とその他の費用

通信制高校にも、全日制と同じく「公立」と「私立」があります。全日制と同じように、公立は国から費用が負担されるため、学費とその他の費用が安いのが一般的です。それに対して、私立は学校によってバラツキがあります。

公立の通信制高校は学費が安い

公立の通信制高校の受講料は、年間1万円前後です。例えば青森県の通信制高校は、年間の受講料が約8,000円です。また、大阪府の通信制高校は授業料を最大9,900円と定めています。入学金は一律500円となっているので、これ以外に諸費用や教科書代などが発生しますが、合計年間3~5万円ほどで学ぶことができます。

ちなみに定時制高校は、1単位あたりの授業料が約1,800円、入学金が2,100円となっています。それを考えると、定時制高校と比べても通信制高校で学ぶためにかかる費用は非常に安いと言えるでしょう。

参考

通信制高校の公立と私立での違いは?それぞれの特徴、勉強体制、校風、自由度を徹底紹介!|通信制高校広場

通信制の課程 入学案内|青森県立北斗高等学校

通信制の授業料等|大阪府立桃谷高等学校

私立の通信制高校は学費にバラツキあり

一方で私立の通信制高校の学費は、提供している授業内容やサポート体制などによってバラツキがあります。

例えば、NHK学園の初年度の学費は合計で27万2千円です。入学金が3万5千円なので、初年度に必要な費用は30万7千円となります。また、ルネサンス高等学校の初年度の学費は25万円(25単位履修した場合)です。入学金が5万円で、それ以外の諸費用が14万5千円なので、初年度に必要な費用は44万5千円となります。

公立高校と比べると、1単位当たりの授業料が大きく異なります。また、私立の通信制高校は施設整備費やスクーリングの費用などによって年間の授業料にバラツキが出ます。

参考

学費について|NHK学園高等学校

ルネサンス高等学校の学費について|ルネサンス高等学校

通信制高校の学費を安くする2つの方法

通信制高校の学費を安くするには、2つの方法があります。1つは、自学自習をメインにしてスクーリングをしない方法です。もう1つは、就学支援金制度を活用する方法です。これらの方法が適用できれば、学費を大幅に抑えることができます。

自学自習をメインにする

ひと口に通信制高校と言っても、全日制を開講している学校も多くあり、学校に通って学習するスクーリングを選ぶこともできます。ただし、スクーリングの回数を多くすると学費は高くなります。それに対して、自学自習のスタイルで単位取得もレポート提出で対応していけば、スクーリングの回数を抑えることができ、学費も安くなります。

NHK学園高等学校の3つのコースを比較してみると下記のようになります。

コース スクーリング回数 初年度費用
ネット学習 Do itコース 年2~4回 348,000円
ベーシックコース 月1~2回 272,000円
登校コース 週3回 532,000円

学費について|NHK学園高等学校より筆者作成)

週3日登校する登校コースと月に1~2回登校するベーシックコースでは、年間でかかる費用が25万円以上異なります。NHK学園高等学校の例からも分かるように、自宅で学習を計画的に進めることができるなら、スクーリングメインではなく自学自習メインにすれば学費を抑えることができます。

なお、ネット学習 Do it コースは、レポート提出もすべてネットで行うため、郵送でレポートを提出するベーシックコースよりも教育運営費や受講料の費用が高くなっています。

就学支援金制度を利用する

年収が約910万円未満の世帯の生徒で、日本国内に住所を有する場合、高等学校等就学支援金制度を活用することができます。NHK学園高等学校のネット学習Do itコースのシミュレーションによると、実質負担額は下記表の通りです。

学納金 年間所得 おおよその就学支援金 実質ご負担額
348,000円 ~約250万円 276,000円 72,000円
約250~約350万円 221,352円 126,648円
約350~約590万円 166,008円 181,992円
約590~約910万円 110,676円 237,324円

学費について|NHK学園高等学校より筆者作成)

このように、年間所得によって学費が半額以下になるケースもあります。

参考

高等学校等就学支援金制度|文部科学省