家計にやさしい「家庭教師のマスター」とは?評判・料金・特徴など

「子供に家庭教師をつけたいけれど、料金が高くて無理」という親御さんもいらっしゃるのではないでしょうか。「家庭教師のマスター」は、料金が安価で「家計にやさしい」家庭教師として人気を集めています。当記事では、「家庭教師のマスター」の特徴や料金、評判などについてご紹介します。

「家庭教師のマスター」について

それでは、家庭教師のマスターの特徴について詳しく見ていきましょう。

対象は小学生・中学生・高校生

家庭教師のマスターの対象学年は、小・中学生、高校生となっています。

<対象学年とその特徴>

対象学年 特徴
小学生
  • 子供と相性のよい先生を選抜
  • 「ほめる」過程で子供の学習意欲を伸ばす
  • 質問しやすい環境づくり
中学生
  • 勉強はもちろん、部活や友人関係、将来の相談にものってくれる先生=近所のお兄さん・お姉さん
  • 「テスト勉強のやり方」をていねいに指導
  • 「戻り学習」で苦手な単元もカバー
高校生
  • 現役大学生の先生は「受験の先輩」、気軽に質問できる
  • 「戻り学習」で、苦手な単元も早めに対処

家庭教師の紹介が可能なエリアは?

家庭教師のマスターでは、以下の地域で家庭教師の派遣が可能です。

<家庭教師紹介エリア>

  • 東京
  • 埼玉
  • 千葉
  • 神奈川
  • 茨城
  • 栃木
  • 群馬
  • 大阪
  • 京都
  • 兵庫
  • 奈良
  • 和歌山
  • 滋賀

なお、各地域における詳細なエリアは、家庭教師のマスター公式ホームページを参照してください。

選べる2つの指導スタイル

家庭教師のマスターでは、その子供に合った方法で指導することを目的に、大きく分けて2つの指導スタイルを提供しています。

<指導スタイルA>

教育ゼミテキストを使って、家庭での予習・復讐のやり方を教え、学習する習慣を身につけています。学校の授業や教科書を中心に学習を進め、定期テスト対策・受験対策など幅広い指導を行っています。家庭学習の習慣がない、学校の授業についていけない、塾に行っても思ったように成果が出ないなどの子供におすすめのスタイルです。

<指導スタイルB>

手持ちのテキストや問題集を使って指導が進められます。現在通っている塾などのテキストの分からない箇所や、学校で使っている問題集などを中心に先生がサポートしてくれます。私立学校で学校独自の内容で授業が進められていたり、私立受験を考えている子供にも適したスタイルです。

以上の2つのスタイルから、それぞれの子供の状況や目標に合わせてクラスを選ぶことができます。

参考

選べる2つの指導スタイル♪|マスターシップスの料金|家庭教師のマスター