安さに自信あり?家庭教師トラストを徹底解説!

子供のために家庭教師を雇いたい場合に利用できる家庭教師トラストという企業はご存じでしょうか。家庭教師トラストは家庭教師のトライをはじめとした企業とは提供サービスが少し異なります。今回は、家庭教師トラストについてサービス内容から評判、メリットやデメリットまで解説します。

家庭教師トラストを徹底解説

家庭教師トラストのサービス内容

家庭教師トラストは家庭教師をしたい人と家庭教師を雇いたい人をつなぐプラットホームを提供しています。家庭教師になりたい人は家庭教師トラストに登録し、家庭教師を呼びたい人はその中から気に入った家庭教師を選んで申し込み、その人と契約を結ぶのです。

このように家庭教師との仲介のみを行っているというところが、家庭教師のトライをはじめとした従来からある家庭教師サービスを提供している企業との大きな違いです。

指導開始までの流れ

今までの家庭教師サービスを提供する企業では、サービスを受けるための交渉や契約はその企業と行えばいいだけでした。しかし、家庭教師トラストでは、家庭教師と家庭教師を雇いたい人が個人間で契約を締結してサービスを提供します。それでは、具体的にどのような流れで指導が開始されるか見ていきましょう。

①家庭教師を探す

家庭教師の探し方は2つあります。

1つは、検索で家庭教師トラストに登録されている教師を探す方法です。学歴や今までの経験、得意科目など個人のプロフィールが表示されるため、条件に合った家庭教師を選びます。

家庭教師検索ページ

もう1つは条件を提示して家庭教師求人募集掲示板で家庭教師を募集する方法です。情報掲載は無料ですが、応募した家庭教師の情報と引き換えに、7,800円(1回限り)が必要となります。

家庭教師求人募集掲示板

②申し込みを行う

検索で家庭教師を探す場合も、条件を提示して家庭教師の応募を待つ場合も、まずは申し込みフォームを利用します。

家庭教師探しの仮申込・本申込フォーム

③家庭教師の紹介

家庭教師を指名した場合は、その家庭教師が面談を希望した場合のみ、家庭教師トラストから紹介を受けることができます。一方で、家庭教師求人募集掲示板で家庭教師を募集した場合は、条件に合った家庭教師の中から紹介を受けることができます。

④家庭教師を選ぶ

家庭教師トラストから提供された指導可能な教師の情報から、面談したい家庭教師を選びましょう。

⑤紹介料の支払いをする

家庭教師トラストに紹介料として7,800円を支払います。

⑥家庭教師と面談する

家庭教師と面談をし、具体的に詳細を詰めていきます。家庭教師と面談後、家庭教師をお願いすると決めた場合は契約を締結します。

参考

指導開始までの流れ | 家庭教師のTo-Last

家庭教師求人募集掲示板| 家庭教師のTo-Last

先生を見つけるためのポイント| 家庭教師のTo-Last

家庭教師トラストで使用するテキスト

家庭教師トラストでは塾や予備校などのように標準的なテキストは用意されていません。そのため、ご家庭にある学校で使用している教科書や問題集、または市販されている教材などを用意して授業を受けることになります。

学校の教科書に沿って、個人のペースで教えてもらうことができるため、学校の授業が難しくて分からないといった子供には、最適といえるでしょう。

家庭教師の料金

支払いが必要となる料金は家庭教師の紹介料として支払う7,800円と家庭教師に支払う授業料、交通費だけです。家庭教師トラストによると、料金は個人契約のため、一般的な家庭教師サービスを提供している企業よりも安価であるということです。

参考

料金について | 家庭教師のTo-Last

対応地域

家庭教師トラストは全国対応です。ただし、あくまで家庭教師と家庭教師を雇いたい家庭をつなぐサービスであるため、そのエリアに対応している家庭教師が登録されていない場合はサービスを受けることができません。

都市部はともかく、地域によっては家庭教師として登録されている人がいないということもあるでしょう。