主婦が安心してスタートできる!おすすめの在宅ワーク5選とは

近年、主婦層の就業率が高くなっていますが、中にはオフィスへ出社せず、何らかの理由で在宅ワークを選択するというケースもあります。在宅ワークは、あらゆる職種で展開されており、自分のペースで仕事を進められるなどの特徴があります。

こちらの記事では、主婦におすすめの在宅ワークについて紹介していきましょう。

在宅ワークの現状とは?

従来の在宅ワークといえば、ポケットティッシュにチラシを入れるなど、地道にコツコツ作業をする内職や、ちょっとしたお小遣い稼ぎというイメージもありました。

しなしながら、近年の働き方改革の影響もあり、出社せずに働く選択肢として在宅ワーク(「リモートワーク」「テレワーク」とも言われる場合あり)も含まれるようになりました。

また、在宅ワーク案件を取り扱っているエージェントなどで仕事を得て、自分の得意分野を活かすという主婦も出てきています。

ほかにも兵庫県豊岡市では、東京のIT企業と連携し、子育て中の女性支援をしています。実際に市内在住の子育て中の母親が、IT企業のリモートワークメンバーとして事務管理などの仕事に従事。このように自治体が母親たちの在宅ワークを後押ししている事例もあります。

参考

市内にITカリスマ誘致事業を利用したIT事業所が開設されました|豊岡市公式ウェブサイト

在宅ワークを選ぶ主な理由

主婦が在宅ワークを選ぶ理由としては「自分のペースで自由気ままに仕事をしたい」というケースもありますが、その中でもよく挙げられるのが、育児中と介護中であることです。ほかに、「遠隔地、田舎に住んでいても在宅ワークとして働きたい」ということも理由として挙げられます。

いずれも家庭や自身の都合で、出社して仕事をするのが困難であるのが共通点と言えるでしょう。

主婦におすすめの在宅ワーク5選

在宅ワークには、どのような職種があるか知りたいという人もいることでしょう。おすすめの在宅ワークは以下の5つです。

ライティング

ライティングは、特に小さい子供がいて、文章作成が苦にならないという主婦におすすめの在宅ワークです。ジャンルには育児やライフスタイルなどがあります。

ただし、ライターとして食べていくには、ライティングスキルを磨くだけでなく、ホットな話題の記事が書けるよう、日々ニュースをこまめにチェックし、世の中のトレンドも知るといった行動も必要です。

イラスト・ロゴ制作

最近、クラウドソーシングサイトでイラストやロゴの制作を募っているクライアントも存在します。ただし、この仕事は、過去の仕事の実績やコネクションがないと仕事や収入を得られるのが難しいとも言われています。SNSで自分がどのようなイラスト、ロゴが描けるのか発信し続ける努力も必要です。

データ入力

データ入力は、クライアントから指示された内容に基づき、Excelなどに入力する作業です。数値を入力する作業がメインであり、慣れれば効率良く仕事を進められます。

ただし、案件の中には、ExcelのSUMやIFなどの関数の知識が必要だったり、ピボットテーブルの操作といったスキルも要求される場合もありますので、事前にチェックしておきましょう。

添削スタッフおよび答案の採点

添削スタッフも人気の在宅ワークです。仕事内容は、作文の誤字脱字や内容をチェックしたり、生徒から回収した答案を採点し、アドバイスを書いたりすることです。

従来は、紙に添削内容を書いていましたが、デジタル化が進んだことでオンライン上で添削するというパターンも出てきました。こちらの仕事は、最終学歴が「大卒」とするなど、応募条件を絞るケースもよくあります。

ハンドメイドショップ運営

アクセサリー作りや裁縫が得意という人であれば、ハンドメイドショップで自分の作品を販売するのもおすすめです。

『Creema(クリーマ)』『minne(ミンネ)』といったハンドメイドマーケットプレイスで自分の作品をサイトにアップし続ければ、定期的に購入するファンがついてくるかもしれません。

参考

ハンドメイド・手作り・クラフト作品の通販、販売サイト|Creema

ハンドメイド・手作り・クラフト作品のマーケット|minne