高校受験を乗り切る!部活と勉強の両立法

高校受験を乗り切る!部活と勉強の両立法

中学生になると部活を始める子供も多いのではないでしょうか。練習量が多く、部活が生活の中心となっている子供のなかには、部活と勉強の両立が難しいと感じている子供もいることでしょう。部活に費やす時間調整が難しくなり、両立を諦め、部活に専念してしまう子供もいるのではないでしょうか。
とはいえ、高校受験のタイミングになって、部活を頑張っていたせいで志望校にチャレンジできない、と後悔しないようにしたいですよね。また、逆に、受験勉強に専念したがために、学習へのモチベーションが低下してしまっては本末転倒です。
今回は部活と受験勉強を両立する方法を紹介します。

①復習中心の家庭学習

部活をしていると、限られた時間で勉強をすることが求められます。なるべく短時間に集中して効率よく勉強するためには、復習中心の家庭学習が良いでしょう。その日の授業で習ったことを再度勉強し、分からないところはピックアップしておき翌日に先生に聞くなど、勉強する習慣をつけることが大切です。
練習が激しすぎて、家では一切勉強が手につかない状態になるようなハードな部活は、考えものです。そういった場合は、将来のことを含めて子供としっかり話し合う必要がありそうです。

②学習塾通いで勉強時間を確保

家に帰ると、疲れてしまいどうしても寝てしまうなど勉強できない、といった子供は学習塾に通うことも1つの選択肢でしょう。
中学生の集団指導であれば、授業のスタートは19時過ぎなど、部活が終わってからでも間に合うことが多いようです。
また集団指導の通塾日・時間で調整が難しい場合は個別指導を選択しても良いでしょう。

(高校受験のための学びの形 塾選びのポイント の記事)

③定期テストはしっかり取り組む

定期テストの1週間前になると部活が休みになる学校も多いかと思います。時間が確保できるようになるので、集中してテスト勉強に取り組めます。また、限られた時間に集中して効率よく勉強することが求められます。これは高校受験に本格的に取り組む際には大切な力になります。
定期テストのタイミングを利用して、しっかりと集中して勉強する力や、そのスタイルを身に着けると良いでしょう。

部活を頑張る子供は学力も高い

部活は中学3年の1学期で引退となることが多いようです。どうしても部活を優先させたいのであれば、割り切って中学3年生の夏休みから集中して高校受験に取り組んでも良いでしょう。
「一事が万事」といった諺があるように、1つのことを頑張れる子供は何でも頑張れます。つまり、部活をしっかり頑張っている子供は、勉強も頑張れるのです。

この記事をかいた人

cocoiro編集部

cocoiro編集部

cocoiroは常に更新し成長する「教育百科」です。 教育に関心を持つお父さん・お母さんに向けて、 事実や経験に基づき最新の教育情報を提供するメディアを目指しています。 子供一人ひとりと向き合い理解するために、 信頼性が高く分かりやすい情報を発信します。