現代社会の効率良い勉強法を紹介!得点を上げるにはどうしたらいい?

お子さんの大学受験を控えているご家庭では、現代社会の効率良い勉強法を知りたいと考える親御さんも多いのではないでしょうか?

実際に、受験に向けて時間が限られている中で、現代社会はできるだけ時間をうまく利用し、効率的に勉強したい科目です。今回は、現代社会の効率良い勉強法をご紹介します。

現代社会の科目の特徴

まずは、現代社会の科目の特徴について詳しく見ていきましょう。

政治経済と倫理社会の総合科目

現代社会は、政治経済と倫理社会の総合科目といえるものです。現代における社会問題を取り扱うため、政治経済の基礎が分かっていないと理解が難しい科目でもあります。また、社会的問題は、倫理的な考えを必要とすることも多く、倫理社会の側面も大きい科目です。

取り扱う内容は広範囲

現代社会で取り扱う内容は、広範囲にわたります。地球環境問題や資源エネルギー問題、情報化社会、化学技術の発展や生命、政治分野、経済分野、国際政治など広範囲から問題が出題されるため、どの分野も理解できるようにまんべんなく学習をしておく必要があります。

現代社会の効率良い勉強法

ここからは、現代社会の効率良い勉強法について具体的に解説します。現代社会の勉強は、特別に難しいことはなく、日々の積み重ねによって成果が現れます。

ご家庭では、ぜひこちらの内容を参考にして、お子さんの現代社会の学習をサポートしてあげてください。

最新の参考書で全体の内容を理解

現代社会は、最新の参考書で全体の内容を理解していくと良いでしょう。最初に大まなか内容を知ることで、全体の流れが掴みやすくなり、その後に問題を解く際にも、細かい内容を理解しやすく、効率良く学習を進めていくことができます。

現代社会の入試では、ニュースなどの時事問題が取り扱われることも多いので、最新の情報が網羅されている参考書を利用すると良いでしょう。まずは参考書をざっと読み進め、グラフや表などにも目を通していきましょう。

用語集で取りこぼしをなくす

現代社会を効率良く勉強するには、用語集を使って、用語の取りこぼしをなくしていくことが大切です。現代社会では覚えておきたい重要な用語が多くあり、これらを理解することが、現代社会で高得点を狙うためには必要不可欠でしょう。

用語は暗記するのではなく、理解するように学習していきます。現代社会は、ただ暗記しただけでは解けない問題も多く、用語をしっかりと理解し、知識として身につけていく必要があります。

過去問を繰り返し解く

現代社会の内容を理解したら、次は過去問を繰り返し解いていきましょう。受験する大学の過去問を実際に解いていくことで傾向と対策が分かり、自然と問題に慣れていくことができます。

過去問を解いていく中で分からない問題が出てきたら、まずは問題の解説を読みましょう。解説だけでは理解が難しいと感じる場合は、教科書や参考書を使い、その部分を学習し直すことをおすすめします。教科書や参考書で学習し直して理解不足をなくしていくことにより、正答率を上げることにつながるでしょう。

ニュースや新聞を見ることを日課に

現代社会を勉強する上で、ニュースや新聞を見ることを日課にすることは大切なポイントです。現代社会は、入試で時事問題が一定数出題されます。時事問題は、世の中で起こっている問題を知らなければ解くことが難しいため、ニュースや新聞を読み、日ごろから社会問題にアンテナを張っておくことが重要です。ニュースや新聞を見ることで、普段聞き慣れていない用語にも次第に慣れ、勉強もしやすくなるでしょう。