ヘリコプターペアレントとは?なりやすい親の特徴や対処法を紹介 ( 2 )

ヘリコプターペアレントになりやすい親の特徴


ヘリコプターペアレントは、どんな方でもなる可能性があります。また、なりやすい親の特徴として、「理想主義」が挙げられるといいます。

「完ぺき主義の人は要注意です。真面目で努力家、責任感もひと人一倍(原文ママ)強く、自分自身にも“いいママでいなくてはならない”と、理想のママ像を追い求めて頑張りすぎてしまいます。それがやがて、“子どもの出来栄え、子どもは作品=ママとしての評価”となってしまうので、子どもの失敗が自分のことのように許せない。だから、失敗する前に手出し口出ししてしまうのです」

(引用元:「ヘリコプターペアレント」になりやすい親の特徴 |- エキサイトニュース

子供は自分の所有物という風に感じてしまうと、すべてを管理しようとする心理が生まれてしまいます。また、心配性だったり、気が利きすぎてなんでも自分でやってしまうタイプも、ヘリコプターペアレントになりやすいといいます。

ヘリコプターペアレントの元で育つ子供はどうなる?

人は本来、失敗からたくさんのことを学び、成長していきます。しかし、過保護な親やすべてに干渉する親の元で育てられた子供は、自分の力で生きていく能力を養うことができず、自主性の欠けた大人に成長する可能性があります。

また、将来自分が親になったとき、自身もヘリコプターペアレントとして負の連鎖をつなげてしまう可能性があります。判断力や決定力、自主的に行動する力は、将来社会で働くために必要なものです。先回りしてすべて問題を解決してしまうのではなく、サポートしながらも子供を信じて見守ることこそが、子供が生きていくための自身や勇気につながるのではないでしょうか。

ヘリコプターペアレントにならないように注意しよう

子供を心配するあまり、問題をすべて解決しようとする親御さんもいるかもしれません。しかし、子供は失敗を通して成長していくため、過保護になりすぎずに見守ることが大切です。

ヘリコプターペアレントは、親御さん自身の自覚がないことが多いため、周囲の大人から働きかける必要もあるでしょう。今回の記事を参考に、子供との接し方についてもう一度見直してみてはいかがでしょうか。

参考

段ちゃんの「知っておきたい!中国のコト」:第9回 元祖・過保護は一人っ子政策で生まれた!?=段文凝 -|毎日新聞

気づかぬうちに毒親に?「ヘリコプターペアレント」危険度チェック | トイダス

ヘリコプターペアレントの意味と対処は?過保護の行きすぎに要注意! | 40’s Exchange Hack

「ヘリコプターペアレント」になりやすい親の特徴 (2017年8月14日) |エキサイトニュース

Helicopter Parent(ヘリコプターペアレント)ってどんな親?~~グローバル女子育成英語塾/5講目~~ | 留学くらべーる

この記事をかいた人

cocoiro編集部

cocoiro編集部

cocoiroは常に更新し成長する「教育百科」です。 教育に関心を持つお父さん・お母さんに向けて、 事実や経験に基づき最新の教育情報を提供するメディアを目指しています。 子供一人ひとりと向き合い理解するために、 信頼性が高く分かりやすい情報を発信します。