おすすめの家庭教師ランキング!塾と家庭教師の違いも解説 ( 2 )

家庭教師を選ぶ際の注意点は?

家庭教師を選ぶ際は、どのような点に注意したらいいのでしょうか。今回紹介した家庭教師は料金設定・対象地域・対象年齢などがそれぞれ異なります。特に料金設定に関しては地域や子供の年齢、その他教材費や入学金などの諸経費などが発生する可能性もあるため、あらかじめ問い合わせた上で比較検証するのがいいでしょう。

また、家庭教師との相性やサポート体制など、家庭教師を呼ぶことが子供にメリットをもたらすかどうかも一つのポイントです。家庭教師の交代は可能な場合が多いですが、子供が家庭教師を迎えることでプレッシャーや苦痛を感じることがないか、子供の性格を考えた上で家庭教師の利用を検討するのがいいでしょう。

家庭教師と塾、迷ったらどうする?

家庭教師と塾で迷うという方もいるかもしれません。家庭教師に向いている子供は「学習の基礎が理解できていない」「集団の中では集中して勉強できない」「自発的に勉強しない」ことなどが特徴として挙げられます。決まった曜日・日時に家庭教師を迎えることで、苦手科目を克服して基礎をしっかりと理解できるでしょう。「マンツーマンでじっくりと教わる方が学習効率がアップするかも」という場合は家庭教師がぴったりといえるでしょう。

家庭教師は子供に合うプランを

家庭教師はマンツーマンで子供の個性に合わせて学習指導をしていくのがメリットです。料金が決まっているタイプもあれば、要望を聞いて見積もりを出すタイプもあります。ほとんどの家庭教師の会社で体験授業を開いていますから、今回の記事を参考に、まずは家庭教師と子供の相性を見極めてみるのがおすすめです。

参考

塾では成績が伸びない…そんな時! 中学受験の良い個別・家庭教師の見極め方  〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

家に入られるの嫌… 家庭教師離れ進み、個別指導が急伸|朝日新聞デジタル

おすすめの家庭教師ランキング|月謝・料金・評判で比較|StudySearch

【おすすめ比較】300以上の家庭教師を紹介した僕が11社を徹底比較 |たにのダイエットジムと家庭教師のブログ

全国の家庭教師人気ベスト10! 家庭教師総合ランキング|家庭教師比較ネット

塾と家庭教師との違い|低料金の家庭教師【スタンダード家庭教師サービス】

この記事をかいた人

cocoiro編集部

cocoiro編集部

cocoiroは常に更新し成長する「教育百科」です。 教育に関心を持つお父さん・お母さんに向けて、 事実や経験に基づき最新の教育情報を提供するメディアを目指しています。 子供一人ひとりと向き合い理解するために、 信頼性が高く分かりやすい情報を発信します。