【児童手当】目黒区で児童手当を受給しよう!申請に必要なものとは?

【児童手当】目黒区で児童手当を受給しよう!申請に必要なものとは?

人口減少を避けられない日本。しかし、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県では人口が増加しています。大学進学や就職を機に上京してそのまま首都圏に留まるケースが多く、そのまま関東地方で家庭を築く例は珍しくありません。そこに核家族化、女性の社会進出の影響が相まって現在保育園や幼稚園の待機児童問題も起きています。ますます育児が大変な今日ですが、行政による社会保障制度として児童手当があります。本記事では目黒区について案内します。

児童手当とは?

児童手当は子供を育てる家庭の負担を減らし、安定した生活と次世代を担う人財を育てるという公的扶助の一環として1972年より開始されました。2012年には0歳から15歳までの子供を持つ家庭に対し、所得によって月に5,000円から最大15,000円まで支給される現体制になりました。手続きの進行は各市区町村指定の場所で行います。

誰がもらえるのか

児童手当を受け取ることができる請求者は、以下の条件を満たす方です。

  • 中学修了前(15歳になってから最初の3月31日まで)で日本国内に住民登録している子供を養育し、生計を立てている父もしくは母で所得の高い方

注意点

  • 単身赴任等で、請求者と児童が別居している場合は、請求者が住民登録している区市町村へ請求
  • 公務員の場合は区役所ではなく、所属先への申請

児童手当とは?

児童手当は子供を育てる家庭の負担を減らし、安定した生活と次世代を担う人財を育てるという公的扶助の一環として1972年より開始されました。2012年には0歳から15歳までの子供を持つ家庭に対し、所得によって月に5,000円から最大15,000円まで支給される現体制になりました。手続きの進行は各市区町村指定の場所で行います。