【児童手当】板橋区で児童手当を申請・受給する方法

【児童手当】板橋区で児童手当を申請・受給する方法

世界に例を見ないスピードで進む少子高齢化。その背景には育児に必要なお金を用意できないのではないかという不安があります。そんな不安を抱える方に知ってほしいのが児童手当です。生活を守りながら、子供の育児・教育にもお金を使えるようにと行政が作った制度です。本記事では板橋区について案内します。23区に引越しを検討されているファミリーの方におすすめの記事です。

児童手当とは?

児童手当は子供を育てる家庭の負担を減らし、安定した生活と次世代を担う人財を育てるという公的扶助の一環として1972年より開始されました。2012年には0歳から15歳までの子供を持つ家庭に対し、所得によって月に5,000円から最大15,000円まで支給される現体制になりました。手続きの進行は各市区町村指定の場所で行います。

受給対象は誰か

国内在住で、15歳になってまだ3月31日を迎えていない子供を養育している方。父母のうち収入が高い方が受給対象となります。対象者が公務員の場合、区役所ではなく職場で申請します。

いくらもらえるのか

児童手当(前年の所得が所得制限額未満)の場合

子供の年齢 手当月額
3歳未満 15,000円
3歳以上から小学校修了前まで 第1・2子:10,000円
第3子:15,000円
中学生 10,000円
所得制限額以上(特例給付) 5,000円

所得制限

扶養親族等の人数 所得制限限度額 収入目安
0人 6,220,000円 8,333,000円
1人 6,600,000円 8,756,000円
2人 6,980,000円 9,178,000円
3人 7,360,000円 9,600,000円
4人 7,740,000円 10,021,000円
5人 8,120,000円 10,421,000円

支給月・支給の手当について

支給は年3回に分けて行われます。それぞれ4ヶ月分を受給することができます。板橋区では該当月の15日(土日祝日の場合はその前日)が支給日に設定されています。

支払月 支給の手当
2月期 10月分〜1月分
6月期 2月分〜5月分
10月期 6月分〜9月分

申請方法

手当を受けるには、認定請求が必要です。
出生・前住所の転出予定日の翌日から15日以内に申請してください。(申請書の提出が遅れると遅れた分の手当を受給できない場合がありますのでご注意ください)

必要なもの

  • 児童手当・子供医療費助成制度認定請求書
  • 請求者名義の口座情報
  • 印鑑
  • 請求者の健康保険証のコピー又は厚生年金等加入証明書
  • 母子健康手帳
  • 申請者のマイナンバーカード

条件によってはそのほかにも必要になるものがあります。こちらは板橋区役所ページをご覧ください。

申請場所

申請は板橋区役所子供の手当医療係または赤塚支所住民サービス係の窓口の
ほか、郵送でも可能です。より詳細な情報は板橋区役所の児童手当ページよりご確認ください。

出典:板橋区役所

参考・参照
児童手当 児童育成手当 児童扶養手当のあらまし|東京都福祉保健局少子社会対策部育成支援課児童手当担当

この記事をかいた人

cocoiro編集部

cocoiro編集部