都内私大文系大学生3人の1週間をのぞき見!本当は暇?忙しい?

大学生ライター

たけみ

北海道出身、地元中高一貫校で6年間寮生活ののち中央大学商学部へ進学。 大学時代はバンド活動、歌舞伎町でスカウト、全国ヒッチハイク、地方自治体からの委託業務などに取り組む。

大学生はとにかく時間に余裕があるイメージだけど、実際はどうなんだろう?って思いませんか?

今回は、大学生のリアルな生活を紹介します!

趣味に熱中している大学生、飲み会中心な大学生、企業でのインターンシップ・学生団体を運営している大学生まで雰囲気の違う大学生の1日を覗いていきましょう!!

バンドに熱中した大学1年生の1週間(実体験)

どんな人?

都内私立文系大学に通う男子大学生で軽音部に所属しており、同じ部活内の先輩と交際している。
大学から15分程度の所に1人暮らし。

基本的なスケジュールはバンド練習と彼女を起点としている。

大学の講義は水曜日以外入っているが、出席を取らない講義をメインにしているため、ほとんど大学には行っていない。

バンドでは作詞作曲も担当しており、元カノを歌詞にした音楽を作る癖がある。

平日

月曜日 09:00-15:00大学講義(経営学入門)、16:00-19:00バンド練習
火曜日 午前中フリー、13:00-16:00バンド練習、21:00-04:00バイト
水曜日 14:00-23:00彼女と遊ぶ
木曜日 11:00-15:00バンド練習、21:00-04:00バイト
金曜日 11:00-17:00大学講義(経営学入門)、21:00-04:00バイト

休日

土曜日 14:00-18:00バンド打ち合わせ(作詞作曲・ライブ調整)、19:00-04:00飲み会
日曜日 19:00-00:00飲み会

本人からのコメント

平日はバンド練習とバイトで埋め尽くしていました。

週に最低でも1日は彼女の日を作らなければ怒られてしまうので、全休(大学の講義がない)の日は基本的に彼女と出かけるのが日課になっていました!

アルバイトは水商売をしていたので給料はよかったのですが、とにかく自分の好きな音楽に熱中していたので、バイト代はバンド活動に全額費やし、とにかく生活が苦しかったです!

ある日の1日スケジュール

大学に行かない日の基本的なスケジュールです。