子供に英語絵本を読み聞かせたい!その方法と注意点について

子供に英語絵本を読み聞かせたい!その方法と注意点について

英語教育への関心が高まるなかで、英語絵本に興味を持つお父さんお母さんは多いのではないでしょうか。しかし、同時に英語を苦手とする人も多く、何からどう手をつけていいか分からないこともあります。そこで今回は、英語絵本の読み聞かせ方法のポイントについてお教えします。

英語絵本の読み聞かせはなぜ良いのか?

通常の読み聞かせと同じ効果が得られる

たとえ英語の本であっても、通常の読み聞かせと同じ効果が期待できます。読み聞かせを通じて、絵や文を見て色々な世界に触れることになります。子供の感性が豊かになったり、知的好奇心が刺激されたり、想像力が育ったりなど、読み聞かせは子供の成長に大きく寄与しますが、それは内容が英語でも同じことです。

日常生活に英語を取り入れられる

普通、幼児への英語教育として思い浮かべられるのは、子供向けの英語教材であったり、英語教室かもしれません。しかし、多くの日本の家庭では、乳児・幼児期の子供に対して読み聞かせをします。日常的にやっているもののなかに、ごく自然に英語を取り入れることができ、英語教育の初めの1歩として効果的でしょう。

英語を定着させ、自然とボキャブラリーが増える

乳児、幼児期の英語の絵本には、英語の定着を促す効果があります。小さいころ海外に住んでいて英語を話せていたのに、帰国したら話せなくなったり、かつて幼児向け教室に通っていてもしばらくすると英語をほとんど覚えていないといったケースもあるようです。一方、会話だけでなく、読書ができるレベルに達した言語は忘れにくく、英語の本を読める子供は、帰国後も英語力を維持することができるとも言われてます。そのためにも、英語絵本の読み聞かせは効果的です。
また、絵本を読む習慣は、大きくなったときの読書習慣へつながります。語彙を増やすのに最も効率的なのは、読書を好きになり、読書の習慣をつけることです。英語の本を読むことに小さいうちから慣れてしまえば、その後の英語学習においても大いに役立つはずです。

親も一緒に学べる

なかには、あまり英語が得意でないために、英語絵本の読み聞かせに躊躇してしまう方もいるでしょう。しかし、英語といっても絵本ですので、英語の分からない大人にとっても理解できる内容です。子供のための読み聞かせですが、親が一緒に英語を楽しく勉強するのにも、英語絵本は良い選択と言えます。

英語絵本読み聞かせの方法

音声付き絵本から始める

英語絵本は、必ずしも自分で読む必要はありません。英語絵本の読み聞かせの方法がなかなか分からない方は、初めは音声つきの絵本を選ぶと良いでしょう。慣れてきたら、音声を真似るように読んであげることで、だんだんとコツが掴めるかもしれません。

こちらの記事では音声つきの英語絵本も紹介しています。↓
【子供の読み聞かせにおすすめ!世界の有名英語絵本10選】

読み聞かせ会に行く

英語絵本の読み聞かせの会は、至るところで頻繁に開催されています。会に参加することで、どのように読んだら良いのかを知るきかっけになるでしょう。ただ読み聞かせだけでなく、歌や手遊びがある場合も多く、親子で一緒に楽しめます。公共の図書館では無料で開かれているので、気軽に参加できるでしょう。