長く続けられるサックス!習い事としての注意点は? ( 2 )

サックスを始める際の注意点

サックスを習い事として始める場合、どんなことに注意をするべきなのでしょうか?

ある程度の筋力が必要

サックスを持って、指でキーを押すというのは、それなりの筋力が必要になります。あまりにも小さい子供の場合は、筋力が足りずに、負担になることもあります。

費用がかかる

サックスを習うには、まず楽器を購入しなくてはいけません。種類にもよりますが、50,000~100,000円が相場です。またレッスンの費用も、月謝の相場は10,000円前後と言われているので、習い始めはかなり費用がかかることを想定しなくてはいけません。

練習ができない

自宅で練習をしたくても、サックスの音はかなり大きいです。防音が施されていない場合は、自由に練習をするということは難しくなります。

 

まとめ:サックスを始める際の注意点

サックスは年齢や性別を問わず、長く楽しめる楽器の1つです。中学校や高校のブラスバンドで活躍するということも多いですが、始めるにあたっては、子供の成長度合いをきちんと確認しなくてはいけません。楽しんで始めることができる年齢を見計らって、チャレンジすることが重要なポイントといえます。

この記事をかいた人

Rie Kato

【職業】 フリーライター 【経歴】 東京生まれ横浜育ち。現在は群馬県在住。 トラック運転手・介護職員・保険外交員を経て、コールセンターの教育係として7年勤務。 専門学校生と小学生、2人の男の子のママ。 【取得した資格】 ・普通自動車第一種運転免許 ・中学校教諭二種免許状(国語) ・訪問介護員1級 【得意な分野】 ・生命保険 ・転職 ・ビジネスマナー ・ひとり親家庭 ・金融 【休日の過ごし方】 ・朝から掃除と洗濯!(家の中がスッキリするとテンションが上がる性質) ・バスケットボール(息子と勝負!)