【2019年】大阪梅田のクリスマスマーケットの見どころ総まとめ!

クリスマスが近づき、街が賑わいを見せ始める中、大阪で毎年恒例となっているドイツ・クリスマスマーケットが今年も街を彩りにやってきました。

今回はこのクリスマスマーケットについて、見所をご紹介します。まだ行ったことがない人、今年行こうと検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。

梅田冬の恒例!ドイツ・クリスマスマーケット大阪2019

ドイツ・クリスマスマーケットってなに?

クリスマスマーケットは約620年前、1393年にドイツで始まった歴史のあるイベントだそうです。このクリスマスマーケットの起源には諸説ありますが、クリスマスに家族や友達とプレゼント交換を行うドイツにおいて、プレゼントを調達する場所として始まったといわれています。

実際のクリスマスマーケットでは、色とりどりのイルミネーションで飾られたヒュッテと呼ばれる木製の小屋が立ち並び、食べ物や雑貨などさまざまな商品が販売されます。

 

https://www.instagram.com/p/BrUyEywlrkP

 

(参照元:hyacinthus003 | Instagram)

参考

ドイツ・クリスマスマーケット大阪 2019 | 梅田スカイビル

クリスマスマーケット特集 | HIS

ドイツ三大マーケット | HIS

ドイツのクリスマスマーケットは家族へのプレゼントを買う場所? | ドイツドットウェブ

ドイツ・クリスマスマーケット大阪2019の開催時期

大阪では、ドイツを模したクリスマスマーケットが毎年12月に梅田で開催されます。2019年の開催日程は以下の通りとなっています。

開催期間:11月15日(金)~12月25日(水)

※施設により開催期間は異なります。

ドイツ・クリスマスマーケット大阪の会場

ドイツ・クリスマスマーケットの会場は新梅田シティ・ワンダースクエア(梅田スカイビル 1F 広場)です。最寄り駅はJR大阪、阪急大阪梅田、Osaka Metro梅田の3つがあります。

また、ここの見所はクリスマスマーケットだけではありません。梅田スカイビルの空中展望台や近くにある昭和レトロな商店街「滝見小路」、絹谷幸二 天空美術館、ウェスティンホテル大阪でもさまざまなイベントが行われたり、限定メニューが振る舞われています。

例えば、滝見小路では「Xmasジャズライブ」が行われ、音楽好きは必見です。そのほかにも空中庭園展望台40Fにある屋内展望フロアの一部では、Production H(PDCH)監修のもと新進気鋭の空間デザイン/デコレーター・Haruka Kanataとのコラボレーションによるフォトジェニックな空間が演出されます。

このように、クリスマスマーケットの近くでもさまざまなイベントが行われているため、クリスマスマーケットに寄ったついでにほかのイベントに参加してみるのも良いのではないでしょうか。

参考
電車でのアクセス| 梅田スカイビル
梅田スカイビルXmas 2019 | 梅田スカイビル

ドイツ・クリスマスマーケット大阪の見どころ

ドイツ人監修の本格的なクリスマスマーケット

ドイツ・クリスマスマーケット大阪の見所は、なんといってもドイツ人監修の本格的なクリスマスマーケットであることでしょう。

https://www.instagram.com/p/B51c3o5gWu4/

(参照元:dai76047 | Instagram)

例えば、会場に立ち並ぶさまざまな商品を販売するヒュッテと呼ばれる小屋は、実際にドイツで使用されたものをそのまま大阪の会場に輸送しています。それだけではありません。ガーランドと呼ばれる装飾品、イルミネーションと細部にわたるまで、本物のドイツのクリスマスマーケットを意識して作り込まれているのです。手間隙かけてこだわり抜いたマーケットは、見ているだけでもわくわくとした気持ちになることでしょう。

会場を彩る華やかなクリスマスツリー

クリスマスといえばクリスマスツリーでしょう。そして、このドイツ・クリスマスマーケットを彩る、シンボルともいえるクリスマスツリーは高さ約27mにもおよぶ巨大なものです。

昼間にクリスマスマーケットを訪れるのも良いですが、クリスマスツリーのイルミネーションのことを考えるのであれば夜がおすすめ。きらびやかな装飾が施された巨大なクリスマスツリーは見ごたえ抜群です。

(参照元:r_i_e_1125 | Instagram)

120年のときを越えたアンティークメリーゴーランド

120年の歴史があるアンティークメリーゴーランドは毎年恒例で、クリスマスマーケット大阪の見どころの1つとなっています。

この1世紀を越えるアンティークメリーゴーランドは、驚くことに手作りの木製品なのです。そして、このような木製のアンティークメリーゴーランドは非常に珍しく、ヨーロッパに現存しているものは4台のみで、そのほとんどは博物館に展示されているそうです。この珍しい品を間近で見ることができる機会というのはそうそうあるものではないでしょう。

この世界的にも珍しいアンティークメリーゴーランド、クリスマスマーケットに立ち寄るならばぜひ、この機会に一度は見ておいてください。

https://www.instagram.com/p/B50FLP8HtOF/

(参照元:shizuka_87_ | Instagram)

見ているだけで楽しい屋台

クリスマスマーケットの醍醐味といえば、さまざまな商品が並ぶヒュッテと呼ばれる屋台でしょう。電飾を施されたヒュッテに並ぶ商品は見ているだけでわくわくした気持ちになります。

美味しいドイツグルメ

ドイツといえば、焼きソーセージを思い浮かべる人もいるでしょう。クリスマスマーケットのヒュッテで販売されている焼きソーセージやドイツの家庭料理の1つであるピザはドイツワインと相性がぴったり。もちろん、ビールよりワインが良いという人にはドイツワインやグリューワインも販売されています。

また、ヒュッテでは甘いお菓子も販売されています。ドイツの伝統菓子であるシュトーレンやレープクーヘンは家族へのお土産にぴったりの商品といえるのではないでしょうか。

https://www.instagram.com/p/Bruy_8LB2Ta

(参照元:m2451k | Instagram)

https://www.instagram.com/p/BruxVQ3AISk

(参照元:yukia110 | Instagram)

素敵な雑貨

クリスマスといえば、必要となるのはクリスマスツリーを彩るオーナメント。ヒュッテではたくさんのオーナメントが販売されています。自宅のツリーを飾るオーナメントの1つとして買って帰るのも良いでしょう。

そのほかにも、エルツ地方伝統の⽊工芸品やドイツから輸入したキャンドルホルダー、職人の手によって丹精込めて仕上げられた陶器など魅力的な商品がところせましと並んでいるので、目移りしてしまうでしょう。

(参照元:mogumogu0322 | Instagram)

https://www.instagram.com/p/BOZTQBiDPmj

(参照元:sea_channnn | Instagram)