柔道はなぜ人気なの?習い事としてのメリットと注意点 ( 3 )

柔道を始める際の注意点

柔道を習い事として始める場合、どんなことに注意をするべきなのでしょうか? 注意点を3つおさえておきましょう。

ケガが多い

投げ技で投げ飛ばされたり、寝技でおさえ込まれたりと、柔道は思っているよりもハードなスポーツでケガがつきものです。またしっかりと受け身を覚えておかないと、思わぬ大ケガをすることもあります。

費用がかかる

月謝の相場は2,000円~5,000円程度とあまり高額ではありませんが、段位取得には10,000円前後の費用がかかります。また近くに道場がない場合は、交通費が別途かかることも考えておかなくてはいけません。

体格に左右される

柔道は体格に左右されるスポーツと言っても過言ではありません。身体の小さいうちは、なかなか自分より大きな選手に勝つことは難しく、身体の大きな選手が有利になるということを覚えておく必要があります。

 

まとめ:柔道を始める際の注意点

礼儀作法や体力が身につく柔道は、子供の習い事として人気があります。ただし、道場が近くにないことや、レベルが異なることなども考えられます。絶対に小さい頃から始めなくてはいけないということはないので、子供の成長や興味度合を判断して、焦らずに始めることが肝心だといえます。

この記事をかいた人

Rie Kato

【職業】 フリーライター 【経歴】 東京生まれ横浜育ち。現在は群馬県在住。 トラック運転手・介護職員・保険外交員を経て、コールセンターの教育係として7年勤務。 専門学校生と小学生、2人の男の子のママ。 【取得した資格】 ・普通自動車第一種運転免許 ・中学校教諭二種免許状(国語) ・訪問介護員1級 【得意な分野】 ・生命保険 ・転職 ・ビジネスマナー ・ひとり親家庭 ・金融 【休日の過ごし方】 ・朝から掃除と洗濯!(家の中がスッキリするとテンションが上がる性質) ・バスケットボール(息子と勝負!)