【日本和食卓文化協会】「日本と世界を食べよう♪キッズクッキングクラブ・ミニ」特別開催!!

日本の文化や四季を感じる暮らしを未来と世界へ広める、日本唯一の資格「日本和食卓文化マイスター」の認定を行う、一般社団法人日本和食卓文化協会(代表理事:槻谷順子)は、和食卓を通じ和食卓文化を次世代に継承する活動を行っています。当協会では子供向けの和食卓育講座をはじめとする次世代への啓蒙と人材育成に力を注いでいるなか、夏休み限定特別企画「日本と世界を食べよう♪キッズクッキングクラブ・ミニ」を開催することになりましたのでお知らせします。NHK総合「チコちゃんに叱られる!」「首都圏ネットワーク」に当協会代表が出演するなど和食卓文化の注目はますます高まっています。当協会は「フード・アクション・ニッポン推進パートナー」「Let’s!和ごはんプロジェクトメンバー」として和食と和食卓育文化の寄与に努めています。

通常は和食卓育をしている当協会ですが、長期休みには子どもたちがもっと気軽に料理を楽しめるよう、世界の料理ミニ講座を開催します。「日本と世界を食べよう♪キッズクッキングクラブ・ミニ」は料理デビューの小学生に人気NO.1、“令和初の夏休み”8月は日本とアジアの冷たいスイーツがテーマです。

実施概要

  • 場 所:日本和食卓文化協会 本部(東京都世田谷区梅丘2-33-30)
  • 時 間:各日14:00~15:30
  • 対象者:小・中学生
  • 受講料:2,160円(税込) ※試食、持ち帰りスイーツ付き(但し、台湾ミルクかき氷を省く)
  • お申込み:申込専用フォーム(https://www.nihonwasyokutakubunka.com/subscription)からお申込みください。

日本のスイーツ

8月1日 (木)、11日(日)

「水ようかん&レモン寒天」

ツルンとしたのどごしが美味しい日本代表の冷たい寒天和スイーツ二種。

8月5日 (月)、13日(火)

「白玉あんみつ」

白玉団子・寒天・あんこ・黒蜜・みかん缶の冷たい和スイーツ。

台湾のスイーツ

8月6日 (火)、14日(水)

「ブラックタピオカドリンク」

再ブーム中のタピオカ。定番ミルクティーと抹茶の二種を作ります。

8月10日 (土)、15日(木)

「台湾ミルクかき氷」

雪のように真っ白ふわふわのかき氷にマンゴーとパインソースをかけて。

講師

槻谷 順子
フードスタイリスト・食卓文化研究家。一般社団法人日本和食卓文化協会代表理事。
キッチンスタジオ&スペース・フードスタイリング教室『料理のある風景』主宰。

槻谷順子
料理研究家のアシスタントの後、独立。雑誌・料理本・広告等を中心に,盛り付けや料理製作も含めたトータルなスタイリングを行う。三越、JR東日本、セブンイレブン等、日本伝統料理の撮影に多く携わり、和食卓をスタイリングしながら、学び、実践してきたことをベースに、2008年より「子供と大人の和食卓育教室」と「フードスタイリング教室」を開始する。このカリキュラムを基軸に2017年より協会講座を始め、全国各地へのセミナー開催ほかメディア等でも多数活躍している。和食卓文化を伝えるお母さん的存在として未来へ向けた活動を展開している。

この記事をかいた人

フィグ

神奈川県出身。小学生でPCの楽しさに目覚め都内の工業科高校に進学。その後、慶應義塾大学へ。アラビア語やデザイン・プログラミングを勉強中。