スパルタ教育の子供への影響。度が過ぎると教育虐待になる可能性が……

「スパルタ教育」という言葉を一度は聞いたことがあるでしょう。最近の学校教育では個々の個性を伸ばすことが重要視されていますが、子供の成長に期待しすぎてスパルタ教育をしてしまっていることはないでしょうか? この記事では、以下の3点について詳しく解説していきます。

  • スパルタ教育の意味
  • スパルタ教育が子供に与えるメリット・デメリット
  • スパルタ教育は教育虐待になるかも……

結論から言うと、スパルタ教育は子供の成長の可能性を閉ざしてしまう可能性があります。スパルタ教育の影響を理解して、お子さんの考え方を尊重できる教育を目指していきましょう。

スパルタ教育の語源

スパルタ教育と聞いて、どんなものか想像できるでしょうか?

  • 宿題が終わるまでご飯はなし
  • 毎日最低○○時間の勉強
  • テストで間違えた分だけペナルティが課せられる
  • 平日、友達と遊ぶことは禁止

などといったように、厳しく教育するというイメージがあるのではないでしょうか。

スパルタ教育は、古代ギリシアの「スパルタ」という地域で、兵士を育てるために幼児期から厳しい軍事訓練や教育を行っていたことが語源とされています。小さいころから子供は軍隊に入れられ、集団での生活を余儀なくされました。食事は満足に食べさせてもらえず、非常に過酷な軍事教育だったそうです。

スパルタ教育のデメリット

すべてのお子さんに当てはまるわけではありませんが、スパルタ教育のデメリットには以下のようなものがあります。

  • 自分から行動を起こさない人間になる
  • 強い者の言いなりになる
  • モチベーションが上がらない
  • 自分の子供にもスパルタ教育をする可能性がある

1つずつ、詳しく見ていきましょう。

自分から行動を起こさない人間になる

スパルタ教育では、教育者の指示には絶対に従わなければいけません。どう考え、どう行動するかはすべて教育者が指示してくれます。なので、自分で考えて行動するという意識が育たず、指示がなければ何もできない人間になってしまう可能性があります。また、たとえ教育者の指示が間違っていたとしても、自分から間違っているとは言えず、「とりあえず指示に従っておこう」と思ってしまいます。

強い者の言いなりになる

スパルタ教育は暴力や恐怖で相手を支配します。本当はしたくないことでも、反発したら怒られるんじゃないか……叩かれるんじゃないか……と思ってしまい、教育者の言いなりになってしまうのです。また、普段は楽しそうにしていても、スパルタ教育をしている教育者の前だと顔がこわばってしまい、恐怖に怯えた表情を見せることもあります。

モチベーションが上がらない

スパルタ教育は、教育者が考え方や行動をコントロールします。スパルタ教育の教育者からすれば、教え子の感情よりもルールや行動を規制する方が大事なのです。そのため、スパルタ教育を受けている子供は、自分がやりたいという意思が薄れてくることがあります。強制的に「やりなさい!」と言われてやり続けても、自分がしたいことではないためモチベーションは上がりません。

自分の子供にもスパルタ教育をする可能性がある

スパルタ教育を受けた子供は将来、自分の子供にもスパルタ教育をしてしまう可能性があります。スパルタ教育をしている親の中には、子供のころにスパルタ教育を受けてきたから自分の子にも同じことをしてしまうという方もいるでしょう。スパルタ教育はつらい思いをさせてしまうと頭で分かっていても、子供を思う気持ちが強すぎて無意識のうちにスパルタ教育をしてしまうケースもあります。