浮き輪の適切なサイズとは?子供用、大人用のおすすめ浮き輪も紹介

夏に向けて、家族で海やプールに出かける計画を立てている方もいるでしょう。海やプールの必需品なのが、浮き輪です。浮き輪の購入をか浮き輪の選び方から、子供向け、大人向けのおすすめの浮き輪をご紹介します。水難事故を防ぐために、安全面も考慮して浮き輪を購入しましょう。

浮き輪のサイズの選び方

タイプ別の選び方

O型浮き輪のサイズは直径表記

O型浮き輪のサイズ表示は、浮き輪の外側まで含めた直径表記となっています。胸囲と数cmしか違わないサイズの浮き輪を選んでしまうと、穴のサイズがかなり小さくなってしまい、窮屈になって浮き輪が使えません。サイズ表記をよく確認した上で、浮き輪を選びましょう。一番は、実際の商品を手に取り、サイズが合うかを確認した上で購入することです。

アームリングタイプは試着が一番

アームリングタイプは、子供の両腕周りに付ける形状の浮き輪です。アームリングは、一度腕に装着してしまえば、浮き輪にしがみつかなくても水面で浮くことができます。O型浮き輪のようにサイズの過不足による危険が生じることなく、安全性を確保しやすいです。ただし、何かの拍子にひっくり返って、おぼれてしまう恐れもありますので、油断は禁物です。たとえ、浅めのプールであったとしても、子供から目を離さないように注意してください。

子供の胸囲に合わせて選ぼう

一般的な目安で、年齢に応じた子供の胸囲は、4歳で54cm、5歳で56cm、6歳で58㎝、7歳で60㎝、8~12歳で70~74cmとなっています。1歳ごとに約2cmの違いですが、あくまで目安です。子供の成長は早く、去年使っていた浮き輪が今年になると使えない、といったことはあり得ます。胸囲とサイズがフィットしすぎると、水面でひっくり返った際に浮き輪が抜けずに身動きが取れない恐れもあります。身体の成長に応じた適切なサイズの浮き輪を購入しましょう。

参考

浮き輪の子供用のサイズって?目安や選び方、おすすめなのは?|ニュース&イベントナビゲーター

浮き輪の選び方

安全性

まずは安全面を考慮した浮き輪を選ぶことが最優先です。子供だけでなく、大人でも、重要なのはサイズ感です。

大人用の浮き輪は、100cmが一般的なサイズ。体格によって個人差が出るため、自分に合ったサイズを選びましょう。小柄な女性なら、80cmサイズがおすすめです。内周105~110cm、胸囲75cmほどになります。あまり大きいサイズだと、内側をすり抜けて落ちてしまう恐れもあるため、大きいサイズでも90cmくらいを選びましょう。

一般的な体格の方には、100cmサイズがおすすめです。内周130~135cm、胸囲80cmほどです。一番スタンダードなサイズで浮き輪のラインナップも豊富です。

体格の良い男性なら、120cmサイズがおすすめです。内周は150〜155cm、胸囲は85cmほど。女性なら、浮き輪の上に寝そべっても使いやすいでしょう。ただし、120cmサイズの浮き輪は、プールなど場所によって使用できない可能性もあるので注意しましょう。

参考

浮き輪の大人用のサイズって?目安や選び方、おすすめなのは?|ニュース&イベントナビゲーター

デザイン

自分の好みに合うデザインを選びましょう。O型の浮き輪なら、無地のものから、カラフルにデザインされた浮き輪まで幅広い商品が並んでいます。最近では様々の動物の形をした浮き輪が販売されており、普通の浮き輪では味わえない乗り心地を体験できるものが数多くあります。