プログラミング学習はゲーム感覚で!子供におすすめの教室も紹介

子供のプログラミング学習はゲーム感覚で!子供の興味開発が大切

2020年から小学校でプログラミング教育が必修化されることになりました。

社会のあらゆる製品のIT化が進み、今後はPCの操作ができることと同じくらい当たり前にプログラミングスキルが求められる時代が来るかもしれません。

そんななかで自分の子供が新しいことについていけるのか不安に思っている方も多いのではないでしょうか?

今回は子供に自分からプログラミングに興味を持って勉強してもらう方法についてご紹介します。

プログラミングに興味を持ってもらうには?

どの分野でもそうですが、興味を持って取り組める内容でないとなかなか身につきませんし、長続きしません。

まずは子供がプログラミングに興味を持つようにこちらから働きかけましょう。

まずはきっかけづくり

プログラミングを好きになるには、まずは触れてみないことには始まりません。

今は色々なプログラミングサービスが出ているので、小学校入学前からでもプログラミングを始めることができます。

入学前からゲーム感覚で触れてもらうことで、授業進行への遅れを防ぐことができます。

達成感と知的好奇心が重要

子供の興味を持続させるには、達成感と知的好奇心を保つことが重要です。

「自分が書いたプログラムでモノが動いた」 「身近な製品と同じ動きをさせられた」 など、子供の達成感や知的好奇心を刺激する体験をさせてあげると良いでしょう。

1 2 3