プログラミング学習はゲーム感覚で! 子供におすすめの教室も紹介

子供のプログラミング学習はゲーム感覚で!子供の興味開発が大切

2020年から小学校でプログラミング教育が必修化されることになりました。

社会のあらゆる製品のIT化が進み、今後はPCの操作ができることと同じくらい当たり前にプログラミングスキルが求められる時代が来るかもしれません。

そんななかで自分の子供が新しいことについていけるのか不安に思っている方も多いのではないでしょうか?

今回は子供に自分からプログラミングに興味を持って勉強してもらう方法についてご紹介します。

プログラミングに興味を持ってもらうには?

どの分野でもそうですが、興味を持って取り組める内容でないとなかなか身につきませんし、長続きしません。

まずは子供がプログラミングに興味を持つようにこちらから働きかけましょう。

まずはきっかけづくり

プログラミングを好きになるには、まずは触れてみないことには始まりません。

今は色々なプログラミングサービスが出ているので、小学校入学前からでもプログラミングを始めることができます。

入学前からゲーム感覚で触れてもらうことで、授業進行への遅れを防ぐことができます。

達成感と知的好奇心が重要

子供の興味を持続させるには、達成感と知的好奇心を保つことが重要です。

「自分が書いたプログラムでモノが動いた」 「身近な製品と同じ動きをさせられた」 など、子供の達成感や知的好奇心を刺激する体験をさせてあげると良いでしょう。

プログラミング教室に通う

子供がプログラミングに興味を持つ一番簡単なきっかけづくりとして、プログラミング教室に通うことをおすすめします。

プログラミング教室には申込めば誰でも参加することができ、指導もプロの方に行ってもらえます。

実際にプログラミングで作成するものは教室によって異なりますので、子供が興味のあるものを開発する教室を選ぶようにしましょう。

Tech Kids School(サイバーエージェント)

サイバーエージェント社が運営する小学生を対象としたプログラミング教室です。

こちらの教室では1年以上のカリキュラムが用意されており、ただプログラミングを楽しんで学ぶだけでなく、プレゼンテーションやスマートフォンアプリ開発、3Dゲーム開発なども行うことができます。

就職してからも十分に通用するスキルを小学生のころから習得できると、子供にとって大きな強みになるでしょう。

小学生のためのプログラミングスクール「Tech Kids School」はこちらから

ロボット教室(ヒューマンアカデミー)

ヒューマンアカデミー社が運営するロボット教室です。ロボット電話『RoBoHoN(ロボホン)』の開発者、高橋智隆先生が監修しており、子供が理解しやすいカリキュラムになっています。

パソコンの画面の中だけで動くプログラムではなく、現実の世界にあるロボットを自分の思い通りに動かせるプログラムを作ります。実際のモノが動くことで、「楽しい!」と感じる子供も多いはずです。

ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」

自分で遊びながら勉強する

すでにプログラミングに対して興味を持っている子供には、自分でどんどんプログラミングできる環境を作ってあげましょう。

環境さえ与えてあげれば、子供は興味のおもむくままにどんどん新しいことを吸収していきます。

まずは手軽にプログラミングができる環境を与えてあげましょう。

D-school(エデュケーショナル・デザイン)

エデュケーショナル・デザイン社が運営する小中学生を対象にしたオンラインプログラミング教室です。

授業は動画配信によって行われるので、決まった場所で決まった時間に受講する必要がなく、好きな場所で好きな時間に勉強できます。

ゲーム制作コース、ロボットプログラミングコースなど、子供の好みに合わせてコースを選択できます。

オンラインで学ぶ!小中学生向けプログラミング D-SCHOOLオンラインはこちらから

LEGOマインドストーム

実際に情報系の学校やプログラミングスクールでも幅広く導入されている『LEGOマインドストーム』というロボットプログラミングキットです。

かなり本格的なキットなので作り込める要素が大きく、一度興味を持ったら熱中して取り組む子供にピッタリのプログラミングキットです。

手元に置いてずっと使えるので毎日遊びたいという子供におすすめです。

まとめ

今回は子供がプログラミングに興味を持つにはどうすれば良いのかということで、プログラミング教室とプログラミングキットをご紹介しました。

いきなり難しいプログラムを作成させようとすると続かないので、まずはゲーム作りやロボット作りなど、子供が楽しみながら学べるような環境を用意してあげましょう。

小さいころからプログラミングに興味を持てれば、将来プログラミングスキルを使って専門的な仕事ができるようになるかもしれません。

この記事をかいた人

cocoiro編集部

cocoiro編集部