悪役なのに人気?新幹線変形ロボシンカリオンに登場する敵キャラ

新幹線変形ロボシンカリオンは、新幹線とロボットという大人気の2つの要素を取り入れたアニメで、子供たちに絶大な人気を誇っています。実際にロボットを操縦する運転士が子供ということや人気アニメとのコラボなどもあって、その人気の高さには驚かされるものがあります。また個性的な敵キャラにも注目が集まっていて、敵役でありながら高い人気を誇っています。

この記事では新幹線変形ロボシンカリオンの敵キャラについてまとめました。敵ながら魅力的なキャラが登場します。子供との話題作りの一つとして参考にしてください。

シンカリオンの敵ってどんなものなの?

新幹線変形ロボシンカリオンの敵とはいったいどのような設定になっているのでしょうか? ここでは3つのキーワードで敵キャラについてご紹介します。

キトラルザス

キトラルザスとはシンカリオンの敵の種族の名前です。はるか昔から地球の内部で進化を遂げてきた種族で、自らの滅亡の危機を脱するべく地上に姿を現したといわれています。

エージェント

主人公である速杉ハヤトたちの前に初めて敵が姿を現したとき、「地の底からはい上がりし種族のエージェント」と名乗ります。漆黒(しっこく)の新幹線を操る敵だといわれているのですが、その正体はベールに包まれています。

巨大怪物体

10年前から地上に現れた正体不明の怪物の総称。どの怪物も非常に大きく、シンカリオンでないと太刀打ちできない怖い存在です。シンカリオンが所属する新幹線超進化研究所によって、それぞれの個体にコードネームがつけられています。

人気の敵キャラを見てみよう


多くの謎に包まれた敵キャラたちですが、そのキャラは非常に個性的で、隠れた人気を誇ります。ここでは3つのキーワードごとに敵のキャラクターについてご紹介します。

エージェント

確認されているエージェントは4人。スザクは番組の後半までその正体が明かされませんでしたが、エージェントとして暗躍しています。

ゲンブ

人間に強い興味を持ち、さまざまな敵を送り込むエージェントの一人。シンカリオンの力を見極めたいと策略を企てています。

スザク

キトラルザス唯一の女性エージェント。人の心の弱みやもろさに付け込むのを得意とし、心を操ることができます。最初は正体が明かされていませんでした。

セイリュウ

 

(参照元:shinkalion_official|Instagram)

セイリュウはブラックシンカリオンの運転士。見た目は優しげではあるものの、エージェントの1人として勝負を仕掛けてきます。仲間意識が非常に強い性格をしています。後に速杉ハヤトたちの仲間になります。

ビャッコ

エージェントの中でもっとも冷静沈着な存在。シンカリオンをじっくりと観察し、侵略方法を探っています。4人の中ではリーダー的存在です。