必見!子供に持たせるGPS端末 料金やスペックなどを総まとめ 

子供の行動範囲が広くなってくると導入しようかと迷うGPS端末。種類やスペックの違いなどがありすぎて、正直何を選んだら良いのか分からない、という親御さんは多いのではないでしょうか?

また、学校や塾によっては携帯電話が禁止ということもあるでしょう。そのような場合は、どのようなGPS端末を選ぶべきなのでしょうか?

この記事では、子供に持たせるGPS端末を種類ごとに詳しくご紹介しています。ぜひご一読いただき、GPS端末を選ぶヒントにしてください。

そもそも子供用GPSにはどんな種類がある?

子供を守るためのGPS機能付き端末ですが、次のような種類が主流です。

  • 大手携帯電話会社のキッズ携帯、腕時計型GPS
  • 警備保障会社の子供用GPS専用端末
  • そのほかのGPS専用端末(AIロボットなど)

一般的には、大手携帯電話会社のキッズ携帯や警備保障会社のGPS端末の認知度が高めですが、最近では小型の専用端末が増えてきています。

次からは、上記のGPS端末を個別に詳しくご紹介していきます。

大手携帯電話会社3社の子供用GPSを紹介

キッズ携帯

大手携帯電話会社の「NTTドコモ」「au」「ソフトバンク」が提供しているキッズ用の携帯です。携帯電話として最低限の機能が使用できることに加え、見守り用の機能も搭載しています。

主に親の携帯電話のオプション契約として使用できるサービスなので、親が大手携帯電話会社を利用している場合はスムーズに導入できるでしょう。

機能

  • GPSによる位置検索
  • 通知メール機能(あらかじめ設定した地点に子供が到着すると知らせる)
  • SMS(ショートメッセージサービス)や通話機能

メリット

  • 家族間の通話が無料
  • 子供でも扱いやすい小型の端末
  • 親が使用する携帯電話のオプションサービスなので低料金で利用できる
  • 各種キャンペーンにより、端末の代金や月額料金が無料になるケースも多い
  • 別途契約すると警備会社の現場急行サービスも利用できる(au・ソフトバンク)

デメリット

  • 親の契約が前提(NTTドコモ・ソフトバンク)
  • au は子供だけで契約も可能だが、位置情報検索や家族間無料通話は利用不可
  • 学校や塾など、キッズ携帯持ち込み不可の場合がある
  • 月額500円程度と低料金だが「2年契約縛り」「解約金」「24ヶ月にわたる端末料金割賦」などにより、トータルで高額になる可能性がある
  • 位置検索サービスや現場急行サービスを利用するには、別途有料サービス加入が必要

〈auの場合〉

セコムの「現場急行サービス」を利用可能

現場急行サービスは有料(5,000円/回)

〈ソフトバンクの場合〉

セントラル警備保障の「CSPケータイdeアシスト」が利用可能

月額料金300円。現場急行サービスは有料(5,500円/回)

大手携帯電話会社キッズ携帯の料金等まとめ表

キャリア/製品名 NTTドコモ
キッズケータイ
F-03J
au
ジュニアケータイ
mamorino 4
ソフトバンク
キッズフォン
端末代金 10,368円(一括購入時。消費税込み) 16,200円(一括購入時。消費税込み) 18,200円(一括購入時。消費税込み)
契約手数料 3,000円 3,000円 3,000円
月額料金 500円(2年契約) 500円(2年契約 mamorino4専用プラン) 490円(2年契約 みまもりケータイ用通話定額ライト)
位置確認 月額基本料金200円。検索1回あたり5円(イマドコサーチ) 月額基本料金300円(安心ナビ auスマートパス会員は無料) 無料(みまもりマップ)
移動通知 指定エリア、指定時刻で通知 指定エリア、指定時刻で通知 指定エリアで通知
通話 20円/30秒(家族間は無料) 20円/30秒(家族間は無料) 20円/30秒(家族間は無料)
SMS 3円(受信は無料) 3円(受信は無料) 3円(受信は無料)
親の契約 必要 なくても可(ただし位置確認など親向け機能が利用できない) 必要
その他の主な機能 防犯ブザー/見守りアラート 緊急通報メール/現場急行サービス(セコム) 現場急行サービス(CSPケータイdeアシスト。別途契約が必要)

※端末代金以外の金額は消費税別です

(【保存版】キッズケータイや子供向けGPSを徹底比較! 通学や塾通いの「見守り」に最適なのは?|できるネット より筆者作成)

このように、キッズ携帯は親御さんが大手携帯電話会社と契約していれば低料金で使いやすくなっています。しかし、学校や塾に持っていけない場合や通話やメールは使わせたくない場合などは、GPS機能のみの専用端末の方が向いているかもしれません。

腕時計型GPS(auのみ)

大手携帯電話会社の腕時計型GPSです。通話やメール機能も備わっています。腕時計型なので、携帯電話を持ち運びするのが難しい子供や忘れ物をしやすい子供にぴったりです。

機能

  • 居場所検索機能付き
  • SMS(ショートメッセージサービス)や通話も可能

メリット

  • 家族間の通話が無料
  • 腕時計型なので携帯し忘れることが少ない
  • 落としたりぶつけたりして壊れることが少ない
  • どこかに忘れてきてしまうリスクが少ない

デメリット

  • 現在腕時計型GPSサービスを継続中なのは、au の「マモリーノウォッチ」のみ ※NTTドコモの場合、旧端末を持ち込んで使用することは可能
  • 端末代金が意外と高額(「マモリーノウォッチ」は本体価格が35,900円)
  • 腕時計が嫌いな子供には向かない
  • 2年契約で自動更新される

au マモリーノウォッチの詳細

月額基本使用料 「2年契約」(注1) 適用時 998円
各種割引サービス適用前 1,996円
国内通話料 au携帯電話宛 1時~21時は無料

21時~翌1時は30秒/20円

家族間の国内通話は無料 (注2)

他社携帯電話・固定電話など宛 終日30秒/20円
データ通信料
国内SMS利用料 au携帯電話宛 送受信:無料
他社携帯電話・PHS宛 送信:3円/回・受信:無料

注1)2年単位で自動更新となります。途中解約などの場合、契約解除料 (9,500円) がかかります (更新期間を除く)。スマイルハート割引も対象となります。

注2)「2年契約もしくはスマイルハート割引+家族割」適用時、同一の家族割にご加入の家族への通話が無料となります。
2年契約+家族割

au mamorino Watchプラン|auより筆者作成)

腕時計型GPS端末は、現在auのみがサービスを行っています。メリットと照らし合わせてベストと感じるのであれば、導入を検討してみると良いでしょう。