【5歳児向け】ハロウィンを盛り上げるおすすめ製作アイデア9選!

思い思いの仮装をしたり、お菓子をもらったり。10月31日のハロウィンは子供たちにとって楽しみがたくさんあります。そんなハロウィンをさらに盛り上げてくれるのが、ハロウィンにちなんださまざまな飾りや小物です。これらを自分で作れたら子供たちにとっても特別なハロウィンの思い出となるでしょう。5歳頃になれば、製作できるものの種類もグンと増えてきます。保護者の方のサポートがあれば、少し難易度が高めのものにも挑戦できるでしょう。

今回は、5歳児向けのハロウィンの製作アイデアを紹介します。ぜひ、子供と一緒に作ってみてください。

5歳児におすすめのハロウィン製作のアイデア9選

それでは、5歳時におすすめのハロウィン製作のアイデアを動画とともに紹介していきます。よりすぐりのアイデアを9つ集めてみました。どれも簡単に手に入る身近なものを材料としているので、気軽に作ることができます。

紙コップで作るジャック・オー・ランタン

ハロウィンの定番、カボチャのおばけのジャック・オー・ランタンを紙コップで作ってみましょう。作り方は簡単。紙コップにサインペンなどでジャック・オー・ランタンを描くだけです。100円ショップなどで購入できるLEDライトの上にかぶせると、ゆらゆらと光るジャック・オー・ランタンの出来上がり。色が変わるライトを入れればさらに表情豊かになります。おばけやコウモリ、魔女など、ハロウィンにちなんだ絵柄を描いてもいいでしょう。指にはめればパペットとして使うこともできます。

参考
ハロウィン工作 紙コップの簡単手作り かぼちゃおばけのジャックオランタン|YouTube

ステンドグラス風ハロウィンモビール

部屋のインテリアとしても人気のモビールでハロウィンの雰囲気を演出しましょう。まずは、用意した画用紙をジャック・オー・ランタンの形にハサミで切ります。少し形が複雑なので、子供が切るのに苦戦するようでしたら、保護者の方が一緒にやってあげてください。切り抜いた画用紙にカラーセロハンを貼り、それをストローに結びつけたタコ糸に付ければステンドグラス風のハロウィンモビールの完成です。ジャック・オー・ランタン以外にも、コウモリやクモの巣なども作ってみましょう。

参考
セロハンでステンドグラス風に♪ハロウィンモビール|YouTube

ハロウィンの切り絵

続いて、折り紙を使ったジャック・オー・ランタンやおばけ、コウモリなどの切り絵のアイデアを紹介します。上で紹介したモビールと同様、形が少し複雑なので、輪郭だけ子供に切ってもらい、口や目などの細かい部分は保護者の方が切ってあげてもいいかもしれません。大まかな形だけ切り抜き、顔の部分を子供にサインペンなどで描かせてあげてもいいでしょう。

参考
【切り紙】ハロウィン 簡単 切り紙の作り方【子ある日和】|YouTube

トイレットペーパーの芯を使ったハロウィン工作

トイレットペーパーの芯と折り紙を使ってコウモリとジャック・オー・ランタンの工作に挑戦しましょう。トイレットペーパーの芯と折り紙の長さをしっかりと合わせるのがポイントです。折り紙を切ったり、両面テープを貼り付けたり、目や口、羽などのパーツを切り抜いたりと、工程は多いですが、それぞれの作業はそれほど難しくないので、手順を教えてあげれば5歳児なら一人でできるかもしれません。完成したら、壁に貼り付けてディスプレイにすることもできます。

参考
トイレットペーパーの芯でハロウィン工作♪DIY Halloween displays using toilet roll.♪|YouTube

折り紙で作る帽子付きおばけ

帽子をかぶったかわいらしいおばけを折り紙で作ってみましょう。かなり細かな作業となるので、5歳児にとっては少し難しく感じられるかもしれません。動画で手順を見ながら保護者の方が一緒に折ってあげてもいいでしょう。どの色の折り紙を選ぶかによって帽子の色を変えられるのがポイントです。形が完成したら、子供に顔を描かせてあげてください。

参考
【ハロウィン折り紙】1枚で帽子付きおばけ [Halloween Origami]Ghost with witch hat (using only 1 paper)|YouTube