毛深い子供への正しい対処法を解説!脱毛や剃毛はタブーってホント?

年頃の子供を持つ親御さんが頭を悩ませがちなのが、毛深い子供への正しい対処法です。大人の肌であればカミソリを使った剃毛をすることで、ムダ毛の処理を行えますが、肌の弱い子供の場合は刺激にも配慮しなければなりません。この記事では、毛深い子供への正しい対処法と、脱毛や剃毛がタブーとされている理由を分かりやすく解説します。

10歳前後の子供が毛深くなる原因とは?

毛深いことに悩む子供を持つ親御さんが、第一に理解しておきたいのが10歳前後で毛深くなることは自然であるということです。子供が悩んでいる姿を見ると、その場で対処してあげたくなるものですが、10歳前後は肌の状態が変わりやすいという特徴があることも理解しておきましょう。

思春期を迎える成長の過程で当たり前のこと

10歳前後は医学的に、第二次性徴期に入る子が多くなる年齢とされています。この時期にはホルモンバランスが変化しやすく、体毛に変化が現れやすいため、子供が悩みを抱えるシチュエーションも増えてきます。特に女の子の場合は、目に見えやすいおでこや口周りの産毛が増えるため、本来気にしなくても良い体の変化ではあるものの、子供は敏感に反応してしまうものです。

生活習慣によるホルモンバランスの崩れか?

10歳前後の第二次性徴期に入る時期でなくても、ホルモンバランスが崩れることによって毛深くなることがあることも理解しておきましょう。ただし、ホルモンバランスの崩れによって毛深くなっている場合には、生活習慣を見直すことである程度改善できます。

紫外線などの外的要因を浴びすぎる

子供が毛深くなる1つ目の要因が、紫外線などの外的要因を浴びすぎているというものです。体は肌を守るために、そのクッション材となる体毛を生やそうとする働きを強くします。このようなメカニズムにより、紫外線などの外的要因を浴びすぎていることがきっかけとなり、毛が濃くなる可能性があるのです。

睡眠不足で交感神経のバランスが崩れる

睡眠不足などの生活習慣の乱れによって、ホルモンバランスが崩れてしまうことも子供が毛深くなる要因といえます。人間の体には男性ホルモンと女性ホルモンがあり、体毛の多くは男性ホルモンの働きによって生えるとされています。そして、男性ホルモンは交感神経が優位になることで増加するとされ、睡眠不足などの生活習慣の乱れがホルモンバランスにも強く影響しています。

安らぎが少なく小さなストレスを感じ続ける

精神的に安らぐことが少なく、小さなストレスを感じ続けるような生活が続くシチュエーションでも子供が毛深くなってしまうことがあります。体は、紫外線などの外的要因と同様に精神的なストレスに対しても、交感神経の働きを強めることで対処しようとするため、男性ホルモンの働きが優勢になってしまうのです。