福岡インターナショナルスクールとは?学校の特徴や受験情報を紹介

福岡にある「福岡インターナショナルスクール」は、幼児クラスから高校卒業までの一貫教育を実施している私立校です。世界各国から生徒が集まっているため、国際的な視野や教育を子供に受けさせたいと考えている方におすすめの学校です。今回は、そんな福岡インターナショナルスクールの特徴や学校生活、受験情報についてご紹介します。

福岡インターナショナルスクールとは?

福岡インターナショナルスクールは、九州初のIB(国際バカロレア)校として知られています。3~12歳までのPYP(プライマリーイヤープログラム)と、DP(ディプロマプログラム)を開設しており、幼児科から高校卒業まで一貫教育を行っています。また、IB以外にも、WASC認定校でもあるため、卒業後は大学への入試資格が認められています。

学校の特色

1972年に設立された福岡インターナショナルスクールは、九州の中枢都市でもある福岡に位置しています。地域に密着した教育を行っており、キャンパスの近くには海や川など、自然が豊かな環境が広がっています。

英語教育はもちろんですが、さまざまな文化に対応できるリーダーシップ教育を実践しており、過去にはスクールトリップとして中国北京へ行くなど、異文化体験のプログラムも充実しています。また、福岡インターナショナルスクールの生徒でなくても参加することができる「サマースクールプログラム」を行っており、英語を話す環境で楽しく学ぶことができる場を提供しています。

学校の所在地と生徒数

福岡インターナショナルスクールは福岡県福岡市早良区に位置し、生徒数は3~18歳までが約260名となっています。30ヶ国以上の国の生徒が集まり、11ヶ国以上から40人以上の専門スタッフが在籍しています。

参考

Admissions ; Fukuoka International School

参考

福岡インターナショナルスクール IB(国際バカロレア)入試について|海外子女向けオンライン家庭教師のEDUBAL

学費について

福岡インターナショナルスクールにかかる費用としては、授業料・申請処理手数料・入学試験費用・登録料・施設費・事故保険料・旅行費・イヤーブック料金(Yearbook)などがかかります。まずは授業料ですが、子供の年齢によって異なり、内訳は以下となります。

授業料:

幼稚園前(3&4歳)

年間1,309,000円

幼稚園-5年生

年間1,331,000円

6〜8年生

年間1,438,000円

9〜10学年

年間1,545,000円

11〜12学年

年間1,607,000円

(引用元:Tuition and Fees &mdash|Fukuoka International School

授業料の支払いは、1括払い・2回払い・9回払いから選ぶことができ、支払いを2回以上延滞してしまうと、通学の停止処分になる可能性があります。そのほか、申請処理手数料(2万円)、入学試験費用(3万円)、登録料(35万円)、施設費(年間10万円)、事故保険料(年間4,500円)、旅行費(内容によって金額が異なる)などの諸費用が発生します。

参考

Tuition and Fees &mdash|Fukuoka International School

カリキュラムや学校生活について

福岡インターナショナルスクールは、幼稚園から高校まで学校生活を送ることができます。それぞれのカリキュラムの特徴や学校生活についてご紹介しましょう。

幼稚園

まずは、未就学児の幼稚園の場合ですが、8~10週間かけて言葉や文字、数学、マナーなどについて学びます。芸術の授業では自己表現することを学び、動物やライフサイクル、季節のイベントなど、身近なトピックスを中心に子供の成長をサポートします。

小学校

小学校ではPYP、すなわち「初等教育プログラム」を実施しており、子供の探求心や問題解決能力を育てる教育を行います。世界における環境問題や動植物のライフサイクル、食品についてなど、身近なトピックスをさらに深堀りし、テーマごとに思考力を養います。フェアトレードや地球温暖化などの国際問題まで、話し合いや実践を交えることで、子供たちが自己表現や課題発見能力を養う効果があるといいます。

中学校

中学校(6〜8年生)は、ミドルイヤープログラム(MYP)を採用しています。異文化理解や他者に対する尊敬の気持ちなど、自己と他者との関係にフォーカスした教育を行います。中等教育を受ける生徒は、運動プログラムや学生クラブ、国内外の行事への参加を通して、コミュニケーション能力をさらに高めていきます。

MYPでは、「英語」「英語以外の別の言語」「数学」「科学」「 音楽・アート・デザイン」などの科目を学習します。進学についての悩みをサポートするため、カウンセラーやサポートスタッフが生徒を支え、一人一人の個性を高めていきます。

高校

2007年より、福岡インターナショナルスクールは国際バカロレア機構から11年生と12年生のIB卒業証書、つまり高校卒業資格を提供することが認可されています。高校卒業の認定を受けるためには、生徒は学術活動と非学術活動の両方のコースを修了する必要があり、最低24単位、各コースごとに85%の出席が必要となります。

主な科目としては、「英語」「数学」「科学」「人文科学」「英語以外の言語」「デザイン・アート・音楽」「体育」「知識理論」などになります。国際バカロレア機構は、スイスに本部を置く国際教育プログラムを提供する機関です。認定校は必要な課程を履修することで、初めて大学への認定資格を認めることができます。

参考

High School Profile|Fukuoka International School

学園祭(スプリングフェスティバル)

福岡インターナショナルスクールの有名なイベントが、毎年春に開催される「スプリングフェスティバル」です。入場無料で、誰でも参加することができるため、学校に興味がある方や、国際交流の場を求めている方におすすめのイベントです。

留学生によるステージイベントや国際色豊かな料理を味わえるブースなどがあり、学校の生徒の保護者が中心となってブースを盛り上げます。世界各国の料理が1皿400円から味わうことができる飲食系のブースや、輪投げなどのゲームコーナー、フェイスペイントなどの体験コーナーなどがあります。

過去には、航空券やツアー旅行、アスリートのサイングッズなどの豪華賞品が当たるくじ引き抽選会も開催するなど、注目のイベントとなっています。場所は学校内で行われるため、福岡インターナショナルスクールの雰囲気を味わいたい方は、ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか。